Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

2009/09/02

フィルターの穴

Bison 今日は、午後から本部で会合。
2カ月半の短期集中で行われていた会の最終回で、無事に終わってホッとした。人生を考えさせられました。

さて、最近、お仕事関係や知人からのメールが迷惑メール・フィルターにひっかかってしまうことがたてつづけにおきて、困っている。
フィルターを点検してセイフ・リストに入れるのだけど、それでも次に見ると同じ方からのがひっかかっていたりする。

他の方々と同様、私も、学校アドレス宛のメールを自動転送して、自宅でも読めるようにしている。
以前、学校のサーバーでひっかかったことがあったのだが、今回は自宅のニフティの方が過敏になってしまっているようだ。

届いているべきメールが見つからないと、ウェブ・メールを開き、迷惑メール・フォルダーにたまったメールを点検する。
が!、大量の(主として官能系)スパムメールに埋没して、救出すべきメールがなかなか見つからない。
学校アドレスに届いているものは日時を確認して拾い上げるが、その前後に、おおっ!という返事を出さなくては失礼なメールが潜んでいて、冷汗をかく。
フリーメールや表題が文字化けしているものはフィルターにひっかかりやすいようだが、必ずしもそればかりでもなく、もうお手上げ状態。

大学と自宅両方のウエップ・メールとメーラーの4つを何度か点検したものの、自信はない。
一通一通スパムメールを削除していたころに比べると、フィルターはとっても便利だが、落とし穴もある。。いたちごっこだ。

私にメールを送ってくださって、当然返ってくるべき返事が届かなければ、お手数ですがオフラインでご連絡くださいませ。

2006/09/22

新パソコン

自宅のパソコンを買い換えました。
しばらく調子が悪かったのだけど、(もう終わっちゃいましたが)今週始めに講演があるし、月末に〆切があるし、買い換えたりしてるヒマがないから・・ていうので、だましだまし使っていました。が、ついに限界。
起動に5分以上かかる上に、メーラーが使えない。色々と手は打ったもののダメ。しかたなくWebMailで送受信だけはやってたのだけど、古いメールがないしアドレス帳も作っていなかったから、たとえば自宅から学生にメールを送る必要ができても、メアドがわからず送れない・・。ほかにも、USBメモリを認識しないなど不具合が多くなったため、致命傷にならないうちに買い換え。買いに行く時間もないので、ネット注文。

設定やお引っ越しに、まる一日つぶれました。(こんなこと、やってる時じゃないのに~)。
昔は新しいパソコンが来たらそれだけで嬉しかったけど、買い換えも何台か経験すると、面倒くささが先に立つ。移行しなきゃならないデータの種類も量も増えてるし、忘れ物がないようにと神経使うし・・。
とはいえ、やはり新パソコンがサクサク動くようになると、気持ちいいものです!

Rboard 私の場合には、最小限の設定を済ませ、最初につないでいた付属キーボードを外して、親指シフトキーボードをつなげ、キチンと使えることが確認できた時点で、ああ、これでようやくオマエもアタシのパソコンになったねー、これからよろしく頼むよ~!という気分かな。
(本当は、Windows Vistaが出るまで前のをもたせるつもりだったのだけど、でもRboardが新OSに対応してくれるかわからないし、結果的にはこの時期に買ってよかったと思おう。みちるちゃんじゃないけど、ポジティブ・シンキング~。とはいえ、できるだけ長くこのキーボードを使い続けていきたいので、REUDOさん、ぜひぜひ対応をよろしくお願いします!)

そういうわけで、無事、講演準備も新パソコンでできました。
恥ずかしながら、今回、初めてPowerPointを使って人前でしゃべりましたが、何とかうまくいきました。相変わらず、話し終えた後は一日ウツ状態になるのだけど、すでに浮上。
(今回のお仕事は、県内の大学図書館職員の方々の研修会でのお話。「近代文学研究と図書館・文学館」などといふタイトルにて。けっこう調べていると面白かった。)

ハードディスク抹消ソフトメーカーの電話サポートの対応があまりに悪くて、怒った(というかびっくりした。あんなのがお客の対応をしていいのか!と心底あきれる。欲しい辞書ソフトもあったけど、もう絶対買わないぞ。J○ngle。)りした件もあるのだけど、(最初は、そのことを書くためにこのエントリを起こしたのだけど)、ま、もう終わったことはいいや。不毛なことは忘れて、新パソコンで気分を換えて書かなきゃね。

2006/03/18

モジラ系への平行移動

自宅パソコンのメーラーとブラウザを、MozillaThunderbirdFirefoxに完全移行。素敵に軽い!  サクサク動いております。
月曜日に学校のパソコンの方にも入れる予定。
これで、10年近く前、ワープロ専用機併用でパソコンを導入したときに、前の勤務校の情報の先生がインストールしてくれて以来、今どきまだネスケ?と言われ続けても、紆余曲折あり ながら使ってきたNetscapeに完全にオサラバでありまする。

耐用年限が過ぎていることはだいぶ前から感じ続けていて、いろんなメーラーを試してみて、結局、使い勝手とデータや設定などの蓄積がそのまま生かせること(同じモジラ系だから当然だけど)が決め手で、サンダーバードに。
極めて快調であります!

ブラウザの方は、メインではずっとOperaを使っているのだけど、オペラでは、ココログの記事作成のリッチテキストが使えないため、ブログ作成やウエップメールにはネスケを使っていた。今度は、その部分をファイアフォックスが担うことに。
オペラをメインブラウザにしているのは、とても軽いことと、マウスジェスチャーがあまりに便利なため。マウス操作だけで、前のページに戻ったり、次のページに進んだり、新しいタブを開いたり閉じたり、ページの拡大・縮小までできるのだ。また、タブの順番の入れ換えができるのと、RSSリーダーも優秀なので、もう少しオペラをメインで使いそう。

オペラもネットスケープやファイアフォックスなどのモジラ系も、新しいページを開くときに、一つのウィンドウ内で見ることができる。IEのように、新しいウインドウが次々と開くのではなく、一つのウィンドウのなかの、タブを切り替えることで新しいページを見ることができるのだ。
このタブ式の便利さに慣れたら、IEは、オペラでもネスケやモジラでもうまく表示されない時ぐらいしか使わないなあ。(IE7ではタブ式になるとかいう話を聞いたこともありますが)。

IEやOE、OUTLOOKしか知らないし使ったことがない、という方がけっこう多いのだけど、メジャー製品はウィルスにも狙われやすいし、感染予防も兼ねて、一度お試しあれ。便利でっせ。

耐用年限といえば、OASYS(ワープロソフトの)も、2002以来、新しいバージョンが出ていない。ついに・・、私もさすがに、昨年ぐらいから論文や文章の提出にはWordを使うようになった。
OASYSは、これまでの文書の蓄積があるので、たとえパソコンを買い換えてもソフトは入れ続けるだろうし、使い慣れているのと、罫線の引き勝手の良さや縦書き文書作成の優秀さ(半角数字)など、使い続けたい気持ちはあるのだけど、いかんせん全くバージョンアップなされないのでは・・。もちろん不必要な機能が付加されて重くなるばかりのバージョンアップはお断りだけど、基本が全角半角の世界なためにルビが2文字単位でしか入らないのと、自動作注機能がないのが、論文書きには致命的だ。何度かメーカーに要望メールを送ったこともあるけど、もう諦めました。

耐用年限が過ぎたものは、新しいものにとって変わられる。淋しいけれど、これは仕方のないこと。とは思いつつ、でも、淋しいよね。

あ、親指シフトはまだまだしぶとく使い続けますよ。これだけは絶対に譲れない。新たに使い始められる方々もおられるようですしね。
ローマ字入力に疑問や限界を覚えている方、大量に文章を打つ方は、ぜひ試してみてくださいませ。快適です!

2006/03/11

ココログ障害

昨日の夕方まで、ほぼ30時間、ココログの書き込みなど管理画面が使えない状態が続いていた。

もともとメンテナンスのために、3月9日(木)は10時から15時まで閲覧以外はできないという連絡があったのだが、それが21時までに延長。しかし、21時すぎても依然として書き込み等ができない状態が続いた。
結局、回復したのは、翌10日(金)の16時ごろ。
30時間、まるまる一昼夜以上、記事の更新はもちろん、コメント等の書き込みもできない状態が続いたのだ。

途中から、ココログトップに障害情報のお知らせが出て、障害情報のブログが立ち上げられたものの、それまでは一体全体どうなっているのかもサッパリわからず。
大したこと書いてきたわけじゃないけど、でも、これまでの記事が無くなっちゃうのではないか、と非常に不安だったし、もっとちゃんとバックアップしておけばよかったなどと、少々後悔もした。

しかも、障害があったのはベーシック・プラス・プロのニフティ会員用ブログ(ようするに有料版)で、無料のココログ・フリーの方は大丈夫だということで、ますますイヤになった。
無料版が始まったときに私も試しに作っていたのだが、久々に開いてみると、そっちはちゃんと更新できるのですよね。バカにしてるよ。
(もっとも、あんなに、記事の下にうっとうしい広告が何行も出るフリー版に移る気はないですが)
それにしても、もともと無料版ができるときに、有料版より機能的に上だというので(ありえないっつーの)、さんざん会員から不満が出てたのに。

ココログは、それまで比較的サクサク動いていたし、あまり不満はなかったのだけど、こんなことがあると不満と不安がつのっていくのでありますよ。
もちろん関係の方々は懸命にやっておられるのでしょうけど、JRなどの交通関係の事故に遭遇しちゃったときなどと同じく、今現在どういう状況なのかという情報と見通しとを的確に流すだけで、利用者の印象はかなり違ってくる。
ホントに、よろしくお願いしますよ。

そして、これは仕事をしている人間として、わが身にもかえってくること。
きちんとした技術と、誠実で的確な情報開示。これが信頼してもらえる基本ですよね。

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。