Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012/08/08

講談・神田香織師匠

Kandakaori_2

神田香織師匠の講演&講談を拝聴してきました(於・東区民文化センタースタジオ)。
うーん、講談の力はすごい。

故郷・福島のこと、講談師になったきっかけや、代表作「はだしのゲン」との出会い、DV被害のことなどを、笑いと怒りと泣きとが軽妙にリズムよく語られる。
あいまに消防士夫妻の悲劇を語る「チェルノブイリの祈り」と、横浜の米軍ジェット機墜落事件の被害者母子の死を語る「哀しみの母子像」のさわりを。
理不尽なものは許さないという気持ち、放射能への怒り、「講談は庶民の怒りの表現」・「虐げられた側から語る」という気概が伝わってきました。

講談も浄瑠璃・歌舞伎も、いまの古典も当時は新作。いちはやく話題の事件を台本化して舞台にあげていたのだ。

最後に和歌山カレー事件を扱った講談「シルエット・ロマンスを聞きながら」。
先日、映画「死刑弁護人」を見ていなかったら理解できなかったかもしれないと思いつつ、胸を打たれました。

講談は演者が一人で、ハリセンでリズムをとりつつ言葉のみで伝えていく。落語もそうだけど、なんともすがすがしい芸。
恥ずかしながら講談を生で見るのは2回目。
最初はもう10年以上前、前任校の公開講座で国語科が担当になり、「虚構」を統一テーマに実施。専任教員が数回担当したあと、ゲストとして同僚の大学時代の同級生だった上方講談の旭堂南海師匠に来ていただいて、講談のイロハとともに太閤物を演じていただいた。

今日はそれ以来。
神田香織師匠のお話だと、いまや講談師は男性より女性の方が多いのだとか。。
師匠によれば、原則としてオチやサゲをつける落語と比べて、講談は女性に向いているのでは、とのこと。
サインしていただいたご本にも、講談には話芸のエキスが盛りだくさんで、「あなたがもし教師か政治家だとしたら、話すのが仕事なんですから、ぜひとも活用していただきたいです。例えば、張り扇を使うのはどうですか。パーンと机を一叩きすると、居眠りしていても目がさめるはず」だって。
ハリセンで授業。・・・いいかも。。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。