Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 蜷川演出で三島の「サド」&「ヒットラー」! | トップページ | 『近代文学試論』第48号刊行 »

2010/12/27

愛媛!

Dohgo

とっても久々の更新です。
芝居や映画を見たあと、ツイッターでつぶやくとそれで満足しちゃってて。ブログとの棲み分けが必要ですね。

さて、年内の授業が終り、この土日に、家族で道後温泉に行ってきました。
一時期、由布院に凝っていたのですが、一昨年夏、昨年冬と3年連続の道後温泉です。すっかり恒例行事という感じ。
道後には、前任校時代、新入生オリエンテーションセミナー(通称オリセミ)で毎年春に行ってました。事前に「坊っちゃん」や俳句の講義をして、松山で俳句大会をしたりしてましたが、ゆったりしていい街です。

しかし、今回は、宿についたところで、ちょっとトラブル。
なんとダンナが間違って一日遅く予約していたのです。
宿の方が対応してくださって何とか泊まることができましたが、あやうくUターンしなきゃならないところでした。OKが出るまで、休前日だし、ハラハラしましたよ。まったく・・・sad
子規博近くにあり、気に入って3年続けてお世話になった宿で、よかった~。

Towel

初日は、宿に行く前に、今治の漆器会館や、タオル美術館へ。
タオル美術館は、意外に広い。
俣野温子さんの作品が、圧巻。お馴染みの、タオルハンカチが数多く展示されているほか、タオルでこんなに表現できるんだ!という大作や連作もあって、楽しめました。
写真は、チーズと呼ばれる巻糸。壁一面にカラフルな糸が並んでます。

Enameling

2日目は、砥部で、絵付け
これまで6寸と5寸の皿だったので、今回は、7.5寸の深皿。煮つけや、カレー、パスタにも使えるように。
右から、娘、ダンナ、私の力作。
できあがると、黒の部分が砥部焼独特の青色に、赤が茶色に変化します。(緑は緑色のまま。それから、鉛筆の下書き線が見えてますが、これは、焼いたら消えます。)
1月中旬に到着予定。楽しみです。

Jutaro

ランチは、センター敷地内にあるカフェJutaro(ジュタロウ)へ。
3年前に偶然入って以来、3回目ですが、人気店のようで、いつもいっぱい。
天井が高くて落ち着くし、砥部焼を使っていて、盛りつけもこなれてます。
料理は、野菜をたくさん使っていて、副菜にいたるまで美味しい。
メインは3種類から、デザートも数種類から、選べます。

Jutaro3

Jutaro2

Tobe

外は、雪。
やはり松山から山の方へ入っていくので、冷え込みました。

しまなみ海道を通って、大島の村上水軍博物館へ。
前回、大三島で国宝もたくさん見たし、今回はどの島で降りる?と相談しつつ、今治でもらった地図に載ってたので何気なく寄ってみましたが、意外にも面白く、とっても勉強になりました。
能島村上水軍。
海から見ると、陸とは違う歴史が見えてくるものですね。
(小学生時代、走島の同学年の女子生徒と文通してたのを思い出した。やはり村上水軍の末裔で、島のほとんどが村上姓だと話していたなあ)。

無料で、着付けも。(小袖もあったけど、女性も鎧兜が人気というので、娘もダンナと一緒に武将に変身)。
連休中などは、一日100人ぐらいに着付けるので、待ち時間も多く、写真もサッサと撮って、、という感じらしいですが、今日はのんびりと。着付けてくださる方々も、たっぷり色々な話をしてくださりながら。

図書コーナーで水軍の本やマンガを読み始めたところで、帰らなければならない時間に。
船に乗って潮流体験もできるらしいので、もっと暖かい時期にぜひまた来たいものです。
次回は、私も小袖を(^^;;)。

のんびりゆったり、骨休めの2日間でした~。

« 蜷川演出で三島の「サド」&「ヒットラー」! | トップページ | 『近代文学試論』第48号刊行 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/50410325

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛!:

« 蜷川演出で三島の「サド」&「ヒットラー」! | トップページ | 『近代文学試論』第48号刊行 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。