Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 夏休みの宿題 | トップページ | 6周年! »

2010/08/15

親指シフトキーボード Rboard pro for PC を Windows7 で使う

Rboard

しばらく前から、自宅と学校の両方のPCの状態が不安定になってきた。
自宅は4年目、学校にいたっては7年目。ハードディスクの寿命を考えると、とくに学校の方は延命させるよりは更新した方がよかろうと、 教室の皆さんに許可をもらって(研究費はプールするので、自分の一存では使えない(^^;;))、買い換えることにした。
ついでに、自宅の方も更新することに。
許可を待っている間に、自宅のPCの方が先に届いた。

8月初旬に、数日がかりでセットアップ。
データの移動やアプリケーションのインストールなどは、面倒だけどいつもの通り。
時間が少々かかったのは、親指シフトキーボード Rboard pro for PCをWindows7で使えるようにするまで。

でも、できました!
いまは以前とほとんど変わらず、親指シフトで快適に入力している。
これも、エミュレーターソフトの作者の方々や、使い方をネット上に公開したり、掲示板等での問い合わせに答えたりしてくださった、親指シフトコミュニティのおかげ。
本当に感謝してます!

   .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

方法は、いたってシンプル。

  1. 旧PC(WindowsXP機)で、Rboard pro for PCの「キー配列変更プログラム」を使い、「親指ひゅんQ向け」にフラッシュROMを書き換える。
  2. 新PC(Windows7)にRboardをつなぎ、Japanistの「快速親指シフト」をオンにする。

これだけ!

私は、日本語IMEはJapanistを使っており、これがエミュレーターを兼ねるため。
MS-IMEやATOKの場合には、次の手順で使えばOK(のはず)。

  1. 上の1に同じ。
  2. 新PC(Windows7)に、「やまぶき」や「親指ひゅんQ」などのエミュレータソフトを入れる。
  3. Rboardをつなぎ、エミュレータを介して、IMEを使う。

.   。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

・・と、書いてみれば実に簡単なのだけど、パソコンに詳しくない私には冷や汗ものだった。

私が愛用しているRboardは、WindowsXPでサポートが終了。
それがわかったときには、「XPの寿命がRboardの寿命」で、Rboardを使いつづけるために、できるだけWindowsXP機を延命させるしかないと思っていた。(そのあたりのことは、3年半ほど前のこちらの記事)。

ところが、yabooさんがVistaでも使用可能とコメントしてくださり、知らぬいさんもWindows VistaでRboardを使う手順を公開され、これは大丈夫かも・・と思うようになった。

で、今回、Vistaを通り越して、7でRboardを使うことにした。・・のだけど、なにせ私は長年使っていながら、RboardのフラッシュROMの仕組みがよくわかっていなかった。その上、これまで親指の専用キーボードをずっと使える環境にあって、JISキーボードをエミュレータで親指化して使う経験がなく、エミュレータソフトについても全く無知だった。
だから、知識や技術不足からくる不安にかられつつ、だったけど、知らぬいさんの記事をはじめとしたネット上の情報に導かれ、わからなくなるとニコラのユーザフォーラムで指南を受けて、無事に使えるようになりました!

そして、今回の副産物は、エミュレータソフトが使えるようになったこと。
最終的には、私の環境ではJapanistだけでいけたのだけど、その間、「やまぶき」と「親指ひゅんQ」も試してみて、JISキーボードでもRboardでもカスタマイズして使えるようになった。
とても便利。
早速「やまぶき」をUSBメモリに入れた。これからは出先ではJISキーボードを親指化して使おうと思う。
(↓のページが大いに参考になりました。深謝。)
親指シフトの「NICOLA」まとめWiki (仮)

  。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

その後、思いついて、未使用だった予備のRboardも、XP機につないで、「親指ひゅんQ」用にフラッシュROMをアップしておきました。
こうしておけば、これから先、自分が使うにせよ、どなたかにお譲りすることになるにせよ、XP以降のOSであっても、つなぐだけで、即使用可なので。

冒頭の写真は、使用中のと未使用の2台のRboard。
箱入り娘を箱から出してみて、こんな色だったんだ、とびっくり。明るくて薄いグレー。
上の使用中のものは、ベージュ。日焼けと汚れで、歴戦の強者の風格?
(いや、ちゃんと掃除はしているのですけど)。
作業後、娘は、また箱のなかに戻って眠っておりまする。

これで、OSがどんなに変化していこうが、エミュレータ
さえそれに対応していれば、ずっとRboardを使い続けられそうです。本当に嬉しい!

(ただ、次の心配は、PS/2ポートのついているPCがなくなってしまうこと。
最近はUSBのキーボードが増えてきている。今回のPC更新でも、
欲しかった機種にPS/2ポートがついていなくて、諦めざるをえなかった。
Rboardの公式ページのQ&Aには、「Rboard ProはUSB-PS/2変換アダプタに対応していませんので、使用できません。」と明記されている。でも、ダメモトで変換アダプタを試してみなくちゃね。)

.   。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ところで、こうした顛末を読んで、親指シフト入力を面倒なものだとは思わないでいただきたいな。。

親指シフトを使うための選択肢はいろいろとあって、現在販売中の専用キーボードをつなぐのは簡単だし、今月末にも、携帯型の親指シフトキーボードが新発売される。
先述したように、JISキーボードを、フリーソフトのエミュレータで親指化して簡便に使うことも可能。

私の場合、既にサポートが終了した愛機を新OS上でも使おうとしたからこその、一手間だった。
こんな機械オンチが、人さまのご教示にすがりつつ、使い続けたいぐらい、愛用のキーボードは大切だし、親指シフト入力が快適なのだ、と思っていただけると幸いです。

« 夏休みの宿題 | トップページ | 6周年! »

コメント

古い記事に対する質問で恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

現在windowsXPでRboardを使っています。さすがにXPの寿命を1年後に控え、Windows7への転換を計画しています。親指ひゅんQとRboardの組み合わせを予定しています。

一つ分からないことがあります。ひゅんQがWindows7の64bitに対応しているか否かです。
NAGIさんはWindows7+ひゅんQ+Rboardの組み合わせを実施されたと上記記事にありますが、そのときのWindows7は、32bitだったでしょうか、それとも64bitだったでしょうか。
それだけ教えて頂けないでしょうか。もしお答えが「64bit」でしたら、私も安心してWindows7を64bitで準備しようかと思っています。

snaitoさま、初めまして。

私が親指ひゅんQを使ったときには、残念ながらWindows7の32bitのみでした。

親指ひゅんQは更新されていないので、いまは皆さん、「やまぶき」を使っておられるようです。
私はいまのところJapanistのみで、他のエミュレータソフトを使っていないため、またキーボードもKB232に変えたこともあり、残念ながらあまり参考になることをお伝えできません。

親指シフト関係の相談には、以前でしたらNICOLAの掲示板をお勧めしていたのですが、いまは、もしfacebookを使っておられるようでしたら、「親指シフトグループ」が頼りになります。
https://www.facebook.com/groups/oyayubishift/

snaitoさんのRboardがWindows7環境で使えますこと、願っております!

NAGIさん、さっそくご返答いただき、ありがとうございます。

私は大昔、Rboard購入前に親指ひゅんQを使っていたものですから、ついひゅんQに目がいきました。現在なら、サポートを続けているやまぶきを使うべきでしょうね。

また、Facebookをご紹介いただき、ありがとうございました。

すでに、Rboardはお使いではないとのこと、KB232の使い心地についてもチャンスがあったらご紹介ください。

Rboard Pro for pc2台持ち、WINDOWS XPからWINDOWS7への移行でこの(2014)3月末から四苦八苦しております。特に親指シフトキーボードで。リュウド株式会社に問い合わせるとサポート切れ当時の担当者も退職との返事。今もウイルスを気にしながらWINDOWS XPを使っています。OKwaveでこのホームページを教えられました。
1.旧PC(WindowsXP機)で、Rboard pro for PCの「キー配列変更プログラム」を使い、「親指ひゅんQ向け」にフラッシュROMを書き換える。
Rboardの配列変更で2枚のキーボードが表示され上を親指ひゅんQ向けにしましたが、それからどうして良いか分かりません。教えてください。
                                  広島市81才男性

鈴木さん、こんにちは。
お困りですね。

私自身は、いまは別のキーボード(FMV-KB232)で、しばらくRboardを使っておらず、うまくお答えできるかどうか心もとないのですが、鈴木さんがなんとかうまく解消できることを心より願っています。

まず、お使いの日本語IMEはJapanistでしょうか? それとも、MS-IME またはATOKでしょうか?

もしJapanistでしたら、これがエミュレーターを兼ねるので、Rboardをパソコンにつないで使えるようにした後、Japanistの動作環境-キーボード-快速親指シフトにチェックを入れればよいはずです。どうでしょうか?

日本語ソフトはATOK2014を使っています。学習した辞書は使用したい。
使ってはいませんが、japanist2003(XPまで対応)を持っています。
Rboard Pro for pcを親指ひゅんQでWINDOWS7を使っておられたのが、回り道をしたくないのて是非現在はキーボード(FMV-KB232)に変えられた訳を教えてください。

キーボードを変えたのに深い理由はないのです。親指シフトキーボードを色々と使ってみたくて、携帯型キーボード(サムタッチ)をはさんで、KB232にして、そのままずっときてます。

ATOKだと、エミュレーターソフトをはさまないといけないはずですが、いまは「親指ひゅん」は更新されていないので、「やまぶき」を使うのがよいはずです。

ただ、私は上の記事にも書きましたように、機械に詳しくなくて、人さまに聞きながらなんとかやってきたような人間で、詳しいことはわからず、申しわけないのですがお役にたてそうにありません。

facebookをお使いでしたら、親指シフトグループがあるので、そこでアドバイスを受けられるのがよいと思います。
https://www.facebook.com/groups/oyayubishift/

または、ニコラフォーラムの掲示板でも。
http://nicola.sunicom.co.jp/info4.html

私もfacebookで尋ねてみますね。

鈴木さん、その後、どうでしょうか?
Windows7機でRboardを接続し、エミュレーターソフトの「やまぶき」を入れてみてください。
http://www.nslabs.jp/yamabuki-nicola.rhtml

どこまで作業をしておられて、どの過程でうまくいかないのか書いていただけると、アドバイスできるかもしれませんので。なんとかお役にたちたいです。

また、詳しい方に直接アドバイスを受けられるように、上記コメントの掲示板などでも尋ねてみるとよいと思いますよ。

是非親指シフトのfacebookに入会してやまぶきの入力の仕方教えて頂きたいのですが。
facebookへの入り方が良くを分からないので本を読んでいます。

鈴木さん、facebookの方に無事にたどりつかれたみたいですね。よかったです。後はそちらで・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/49142206

この記事へのトラックバック一覧です: 親指シフトキーボード Rboard pro for PC を Windows7 で使う:

« 夏休みの宿題 | トップページ | 6周年! »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。