Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« お知らせ:性暴力を考えるための基礎講座 | トップページ | 親指シフトキーボード Rboard pro for PC を Windows7 で使う »

2010/08/14

夏休みの宿題

Grandpa

中2の娘の学校は、平和学習がさかんだ。
学期中も頻繁に行事があるし、休み期間にも課題が出る。
昨年の夏休みは「身近な人と平和公園・平和資料館に行く」という課題で、私も同行した。

今年の課題は、「記憶の継承-身近な人に戦争の時代の体験を聞く」というもの。
ちょうどお盆に実家に招かれたので、娘は祖父母に話を聞かせてもらうように頼み、快諾してもらっていた。

お昼ごはんのあと、スタート。娘は、録音とメモをとりながら聴く。
私も昔、両親の体験を断片的に聞いたことはあったけど、まとまって聴くのは初めて。

まずは、おじいちゃん。
終戦のときは15歳、岡山で師範予科の学生だった。
学校が戦時短縮されて最後の1年は授業もなく、水島の軍需工場に学徒動員され、爆撃機の風防の艤装をしていた。手袋をはめることも許されない作業(それでも作業に習熟して工員に認められると嬉しかったし、班員は仲がよかった)、虱だらけの寮生活、ビンタをする上級生。

工場の食事は、コーリャンか麦飯が少しとイカナゴの煮つけぐらい。いつも腹をすかせて働いていた。
食糧不足のため、工場が稼働しない週末は帰郷させられ、毎週金曜日の5時に工場が終わると、汽車を乗り継ぎ、3里の山道を歩いて、夜中の2時過ぎに県北の家に戻った。
お土産に母親が煎米や煎大豆を持たせてくれ、寮の同室の5人と食べた。

飛行場で遇った兵士が、この戦争には負けると話したが、おじいちゃんたち学徒には信じられず、「神国日本が負けるはずはない」と答えた。(兵士は、ミッドウエイ海戦にも参戦したが、空母がみんなやられてしまって、自分たちはこんな田舎で飛行機の整備をしている、勝てるはずがないと話していた)。

昭和20年6月に水島工場が爆撃で壊滅状態になったが、たまたま帰省していて助かった。寮にいたら確実に死んでいた。
その後は、別の工場にも行ったが、部品もなく、ほとんど仕事がなかった。

敗戦後は復学して、師範の本科に進学。だが、予科は戦時短縮されて勉強が十分ではなかったために進学できなかった同級生もいたし、運よく進学できたおじいちゃんも英語などに苦労した。

Grandma2

続いて、おばあちゃんも話に加わった。
終戦のときは、12歳。岡山県北の国民学校6年生。

昭和20年、かわいがっていた末の弟(賢二)が死んだことが、いちばん辛かった。5歳だった。
百日咳にかかったが、戦争で医者は出征して町に不在、薬もなかった。咳がひどいため背中をさすってやり、遠くの薬局まで行って、米と交換でビタミン剤をもらい、看護婦に注射してもらった。そんな気休めでは治らず、肺炎になり、やせ細って亡くなった。
明るくて、上の弟が小学校に入る前に字を教わっているのを傍らで見ていて、先に覚えてしまうような頭のよい子だった。
近所でも、小さい子どもが次々と亡くなった。

町で出征する者がいると、小学生が招集され、整列して一緒に神社にお参りして見送った。白木の箱に入って戻る戦死者を迎えるときにも、小学校の講堂で式があった。
大阪や東京から集団疎開してきた子どもたちもいて、寺に泊まっていた。
学校の昼食時には、自分は家が近いから食べに戻っていたが、農家か否かによって、お弁当の中身がだいぶ違っていたようだ。

田舎だから空襲には遭わなかったが、夜にはB29が上空を飛んでいくのが聞こえた。
家の窓ガラスには×にテープを張って割れないようにし、明かりがもれないように暗幕をひいていた。
防火演習や竹槍の訓練もしたし、学校の校庭の周りは耕して芋を植えていた。おやつはさつま芋かカボチャを蒸かしたものか、煎り豆だった。

おばあちゃんの父親には昭和20年に赤紙が来た。広島に配属されて通信兵になることが決まっていたが、出征する直前に敗戦になった。
学校に集められて玉音放送は聞いたが、雑音だらけで全く意味はわからなかった。
敗戦後は、小学校の校庭で歴史の教科書や教室の大地図などが集められて、みんなで焼いた。
戦争中よりむしろ戦後の方が治安が悪くなり、先生に引率されて集団下校をしていた。

・・・・こんな話。Grandpama
二人とも、田舎だったので、空襲にもあわず、食糧も当時としては恵まれていたようだ。
とはいえ、死は間近にあり、子どもたちは「日本が負けるはずはない」と信じていた。(おじいちゃんは、戦争末期には、軍需工場に納品される精密部品の質が低下して、こんなことで大丈夫か?と薄々は思ったようだし、おばあちゃんも、空から爆弾が降ってくるのに、竹槍でアメリカ兵を突く訓練をしても役にはたつまいと思ってはいたが、それでも、神国日本を信じていたし、憲兵も怖かった)。
子どもたちが、銃後にあって、学徒動員で爆撃機を作らされ、国威発揚の場に駆り出され、被害者であるとともに、加害の片棒も担がされている。

およそ1時間半。娘は、わからない言葉や状況を尋ねたりしながら、2人の話を聴き、帰宅後、忘れないうちにとレポートをまとめていた。
父は80歳、母は77歳。娘から話を聞かせてほしいと頼まれて、話すのが苦手な母はメモを作って待っており、両親とも予め何を話すか考えていたようだ。
娘にとっても、両親にとっても、そして側で聴いていた私にとっても、記憶に残る時間となった。ありがたい夏休みの宿題である。

« お知らせ:性暴力を考えるための基礎講座 | トップページ | 親指シフトキーボード Rboard pro for PC を Windows7 で使う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/49146397

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの宿題:

« お知らせ:性暴力を考えるための基礎講座 | トップページ | 親指シフトキーボード Rboard pro for PC を Windows7 で使う »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。