Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 明日です | トップページ | 三島関係の備忘メモ »

2010/06/20

「Three Men in a Boat +ワン」ほか

504156

梅雨入りしたものの、降ったり、カンカン照りの日が続いたり、の今日この頃。
教育実習訪問やら、金曜日の4週連続のオムニバス授業が終ってホッとしたのもつかのま、7月中旬~下旬にかけて、色々と提出物の〆切が重なっていて、まだ全然手つかずなだけに、心に余裕がない。
・・と言いつつ、先週は久々に芝居に行きました。

スタジオ・ライフの「Three Men in a Boat +ワン
(6月15日(火)18時-、於・広島市東区民文化センタースタジオ)。

3人のイギリス青年紳士と1匹の犬の、ユーモラスなテムズ川遊覧の舟旅。
観客参加型の舞台で、とっても楽しめました。今年見た芝居の中では一番かな。
スタジオの真ん中が舞台で、観客は周辺に置かれたパイプ椅子で観劇するのだけど、舟が移動するたびに、観客もパイプ椅子をもって移動。
配られたパケツなどで音を出したり、指名されると舞台に上って水門の役をしたり、けっこう忙しい。(体力・気力がないと参加が難しいかも・・)。

うちのダンナも舞台に上がり、レストランのウエイトレスの役で、エプロンとヘアセットつけて、笑わせてくれました。
(後で、セリフがあった観客は自分だけだと威張ってました)。

とにかく、アステールプラザをいっぱいにできる劇団が、わずか40人ほどの観客の前で、演じてくれるのだから、贅沢このうえなし。
「トーマの心臓」「Lilies」「OZ」「ドラキュラ」といった耽美系の本公演もよいけど、こんなふうにウエルメイドで手作り感のある芝居も嬉しい。

それにしても、役者にとっては、ここまで客の間近で演じるとなるとゴマカシもきかないし、客との掛け合いで人間性も出ちゃうし、どれだけ観客をのせられるか、キツイだろうな。。

原作は、ジェローム・K・ジェロームの「ボートの三人男」。
・・・といえば、漱石の『猫』の典拠の一つとしても知られていますね。

4122053013 ボートの三人男 (中公文庫)
ジェローム・K. ジェローム 丸谷 才一
中央公論新社  2010-03


by G-Tools

-----

18日(金)は、ヨーロッパ企画の「ショートショートムービーフェスティバル傑作選+トークショー」に行ってきました。
(於・横川シネマ!

1本5分未満の、まさにショートショートムービーが10本。
監督は、劇団・ヨーロッパ企画の役者たち。間に役者によるトーク。
計算されたものや、破天荒なものなど色々あったけど、さすがに感性豊かな人たちが役者になるのね・・と感心させられました。
司会の男性3人の得点で順位がつけられていたためか、私の感覚とは違っていたけど、それはまあご愛嬌かな。

今回の企画は、夏の芝居「サーフィンUSB」のキャンペーンのため。トークの間は写真OKで、みなさん、カメラや携帯でパシャパシャと撮影。
(私は持参しておらず、娘に「ママは肝心のときに携帯を持って来ていない」とバカにされました。まったく不携帯電話でございまする。。まあ、あれは、出張時用ということで・・)。

2月の「曲がれ! スプーン」が気持ちのよい芝居だったので、新作も期待できそうです。
広島公演は、8月31日(火)19時、アステールプラザにて。

« 明日です | トップページ | 三島関係の備忘メモ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/48680637

この記事へのトラックバック一覧です: 「Three Men in a Boat +ワン」ほか:

« 明日です | トップページ | 三島関係の備忘メモ »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。