Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« お祝いごと | トップページ | 矢野顕子ライヴ「ここが音楽堂!」 »

2010/04/25

ご無沙汰してます・・

みなさん同じでしょうけど、新学期が始まり慌ただしくしていました。
色々と書きたいことはありますが、とりあえず。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

「森村泰昌:なにものかへのレクイエム―戦場の頂上の芸術」
・2010年10月23日(土)~2011年1月10日(月・祝)
広島市現代美術館

まだまだ先ですけど、森村泰昌さんの「なにものかへのレクイエム」! 
2006年の展覧会のレビューを読んでは、垂涎してました。三島由紀夫の市ヶ谷演説の映像を含めて、広島で見ることができるなんて、嬉しい。
期間も長いので、行きやすいですね。(リピートしちゃうかも・・)。

いまは、東京都写真美術館でやっているようです。
★朝日comの紹介

森村さんといえば、↓

4480872949 芸術家Mのできるまで
筑摩書房  1998-04


by G-Tools

これほど見事に三島の本質をついているパフォーマンスと文章は少ないのでは?
「千夜千冊」による紹介

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

国立国会図書館(NDL)の「本の万華鏡」のシリーズが面白い。

第4回 ベストセラーの歩み ―つくる側の視点から―

ちょうど、授業で、「円本ブーム」のあたりを話したばかりでした。
次回の授業で紹介しなくちゃ。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

研究会ホームページのリンク集を更新しました。
卒論・修論や演習・レポートなどの準備にも使えるよう、自分が使っていて便利なものを入れています。少しずつ、増やしていきたいと思っています。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今日は、娘のリクエストで、映画「アリス・イン・ワンダーランド」を見てきました。
3Dは、言われるほど臨場感はなかったかな?(「アバター」見た人たちからさんざん聞かされていたので、過剰に期待していたのかも・・)。
「白の女王」のアン・ハサウェイが印象的。(「ブロークバック・マウンテン」や「プラダを着た悪魔」とあまりに役柄が違いすぎていて、最初わからなかった・・)。

映画は、「アリス」のその後、という設定で、ピーターパンのその後を描いた「フック」と似た印象。「不思議の国のアリス」は、それだけ、誰でもよく読んでいる作品だということ。
「アリス」は、高校時代だったかな? 夏期講習の英語講師に、聖書と並ぶ英語のイディオムの宝庫だと勧められて、ペーパーバックを買って読みました。(実家にまだあるはず・・。持ってこなくちゃ)。

名訳も多いよね。(金曜日に報告した岡田美知代の夫だった永代静雄も翻訳しているようです。)
我が家では、ダンナが先日、村山由佳さん翻訳のを買ってきて、娘ともども読んでいます。
基礎英語2で紹介されていたのだ・・)

4840115109 不思議の国のアリス
トーベ ヤンソン
メディアファクトリー  2006-03-03

by G-Tools

« お祝いごと | トップページ | 矢野顕子ライヴ「ここが音楽堂!」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/48178474

この記事へのトラックバック一覧です: ご無沙汰してます・・:

« お祝いごと | トップページ | 矢野顕子ライヴ「ここが音楽堂!」 »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。