Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 今日になってしまいました・・ | トップページ | お盆あけ »

2009/08/05

Bungakubu090805 広島もようやく梅雨明け、夏らしくなってきた。

今年から、授業が15週+1週、とかいうことになり、8月に入ったというのに、まだ試験期間ということで、校舎も図書館も学生さんでいっぱい。

---

月曜は、会議日。午前中に二つ、午後一つ。
異議が続出して決まらなかった議案も。
部局の将来もかかっているのだし、若手教員が会議に出ず(出る資格を持たず/免除され)、議論に加わらないのは本当におかしいと思う。

私は、最初に勤めた私立大学が、「国立以上に民主的」と言われたところだった。
そこでは、人事も含めてすべて、職階に関わらず全員が参加する教授会で議論し、半期に一度は3学部全員の教員が出席する「合同教授会」なる、直接民主主義の極致のような会議もあったりした。(ただ、あれは機動性に欠けるし、今はさすがに評議員制度になっているのだろうなあ・・)。
執行部も委員会委員長も、すべての役職が、指名制ではなく、選挙だった。
それが当り前だと思っていた。

わずか6年しか在職しなかったけど、やはり最初の経験は大きい。
次に移った短大も、今のところも、それに比べれば非民主的に感じられるし、仕事の割り当ても不合理で不公平だと思う。
色々な経緯はあるにせよ、若手にも議決権を与えるとともに、仕事を割り振るべきだ。
よく言われるように、何事も改革の担い手は、「若者、バカ者、よそ者」なのだから。

---

昨日は、他研究科の留学生の学位論文審査に呼ばれた。
修士の頃から私の授業も断続的に受講していた学生さんで、太宰治の中期から後期にかけての「女語り」に関するもの。
昨年が没後60年、今年が生誕100年で、私も太宰尽くしの授業だったこともあり、ひときわ興味深かった。
お国に帰られるのは寂しいけど、成果を残せてよかったね。

また、部局によって、学位審査の方法が全く違うことにも、改めて驚かされた。
私の部局では製本した最終的なものを出し、審査にかかる期間も長いが、ここでは予備審査があり、予備審査での指摘を受けて修正して本提出する。そのため、審査者に与えられた本審査のために論文を読む期間も短い。
私は最終審査のみに加わったのだが、他の教員からは、予備審査からの修正箇所についての質問もあって、論文生成の過程に審査委員が加わることにも、大きな違いを感じた。

先日、他大学の方に博論審査について訊ねられたのだけど、同じ大学内でも部局によってこんなに違うのだ。
他大学では公開審査をするところもあるとか。どこに提出するかによって、審査方法は違うので、一般論で答えるのは、本当に難しい。

---

今日は、レポートの採点をやりかけたのだけど、結局半分も見られなかった。
本当は、基準がブレないように、一気呵成に読んでしまうのが理想なのだけど、枚数も多いし、学校に行くと色々と他の用も出てきて、なかなか。。
でも、来月の研究会の案内メールも出したし、それに伴う連絡電話も通じたし、暑い中、まあがんばった方ですわな。。

« 今日になってしまいました・・ | トップページ | お盆あけ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/45841817

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 今日になってしまいました・・ | トップページ | お盆あけ »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。