Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 涼風 | トップページ | 選挙 »

2009/08/28

沢則行「かぐや」

Kaguya 子どもコミュニティネットひろしまの例会で、沢則行さんの人形劇「かぐや」を観劇。
(2009.8.27  於・アステールプラザ多目的スタジオ)

・・とはいえ、1時間30分の中味のうち、私が見ることができたのは残念ながら半分だけ・・。
(例の毎週木曜の定例の会議が、通常より1時間30分繰り上がって開始されたにもかかわらず、4時間近くかかったのだ。不毛である。それから高速バスで駆けつけたのだが。。)

沢さんの公演は以前も拝見したことがあるのだが、OHPを使うなど、「人形劇」の概念を打ち壊すもの。
今回は遅参のため、看板の「かぐや」には間に合わず、「人魚姫」「赤頭巾」「星」を拝見。「赤頭巾」は、OHPを使い、登場人物もその場で紙切りをして作り、色水を入れた容器で狼の腹の中を表し、最後はスクリーンを破ってお腹から救出するなど、創意に満ちていた。

最後の30分は、チェコ在住の沢さんが、プロジェクターでチェコの夏休み子どもキャンプの様子などを映写・説明。沢さんは、チェコの国立人形劇大学の出身で、いまは講師もされているのだ。
チェコでは、夏に親が夫婦でバカンスに出かけ、その間、子どもたちは最長2カ月、夏のキャンプで預けられているそう。(羨ましい!)
キャンプでは週替わりで色々な学びがあり、沢さんも、週替わりでキャンプを回って人形劇ワークショップをしているのだ。工夫しながら、人形劇を作っていくのだが、子どもたちにそれぞれ性格があって面白い。休憩ばかりしている子、机の下にもぐり込んで出てこない子や、ずっとひたすら作業をしている子。。
夏の数週間をそうした創作に費やしていると、時間の流れが違うだろうなあ。

最後は質問コーナー。
「人形劇のお仕事は好きですか?」という質問に、沢さんは「うーん」と考え込んだあと、「人形劇は仕事だから。仕事というのは、親が体調が悪くて看病疲れをしていても、今日は舞台に上がる気がしないなあと思っても、何があっても、やらなければならないものだ。だから、好きか、嫌いか、ではない。むしろ、好きじゃない。最初は好きだったかもしれないけど」と答えていた。

誠実なお答え。
映画「小三治」でも感じたけど、表現する仕事に従事する人は、それが好きで、その仕事しかないと思い込んで、精進・邁進しているイメージがあるけど、決してそんな人ばかりではない。「自分には向いていない」と思っても、それを仕事とした以上は、何があっても一定水準のものを行う義務を負う。それが苦しいのだ。
「職業としての学問」も同じなのだろう。昔は好きで楽しかったはずのことが、楽しい・好きだとばかり感じてはいられなくなってくるのは、当然なのかもしれない。

↓沢さんもご執筆。

4005006310 表現する仕事がしたい! (岩波ジュニア新書)
岩波書店編集部
岩波書店  2009-06

by G-Tools

« 涼風 | トップページ | 選挙 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/46042706

この記事へのトラックバック一覧です: 沢則行「かぐや」:

« 涼風 | トップページ | 選挙 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。