Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 東京です | トップページ | ユニセフ・夏のキャンペーン »

2009/06/07

読了

土曜日に仕事や出張が入らなかったのは久々。土日が自由に使えるとうれしい。
で、話題の新刊をやっと読みました。
なんだか品切れの書店が続出しているとか。

うーん。
読むのが苦痛だった「アフターダーク」よりはずっとよいし、「海辺のカフカ」よりもよい。
文体と構成や世界観は練達としか言いようがないくらい強いし、読ませる。
これで完結したのか?という結末の物足りなさは感じたが、それもおそらくは狙い通りなのだろう。
作中の『空気さなぎ』の書評通り、「マジック・リアリズムの空気」を吸い、「物語としてはとても面白くできているし、最後までぐいぐいと読者を牽引していく」。

でもなあ。
東電OL事件みたいな女性の性の闇の部分や、DVや被害者を保護するシェルターも出てくるけど、単なる意匠。全く共感できないし、現実にDV救済活動をしている方々は不快に思うのではないかと思うような扱い方だ。
そして、女性(青豆)と男性(天吾)の二つのパートが交互に繰り返される構成で、いっけん男女は50・50に見えるけど、あいかわらず、主人公はあくまで男(天吾) であって、「青豆」も「ふかえり」も、女たちは、結局は彼を無限に受け入れ、彼の成長・覚醒に奉仕するだけ。。

この作家のマチズモは、どうも私には合わない。
でも、読んじゃうんだけどね。。

4103534222 1Q84 BOOK 1
村上春樹
新潮社  2009-05-29

by G-Tools
4103534230 1Q84 BOOK 2
村上春樹
新潮社  2009-05-29

by G-Tools

« 東京です | トップページ | ユニセフ・夏のキャンペーン »

コメント

最近ほとんど本を読んでいません…。
『1Q84』はそういえば、図書室に入っていました。
カフカは自分では読まずに学級文庫に入れておいたことがあるのですが、生徒には人気でした。それよりよい、というのは魅力的ですね。
挑戦したいなぁ!

やはり男子校で村上春樹は人気ですか!?
カフカもそうですけど、村上春樹が書いているのは、結局は、「男の子の成長物語」なのですよね。だから、男子生徒/学生にとって快なのは、とてもよくわかります。

ただ、女性が「男の子の成長」に奉仕するだけなのは、やはり問題だと思います。先日の朝日の文芸時評で、斎藤美奈子も、『1Q84』の青豆や彼女の属するグループの春樹の描き方を批判していましたが。これだけ読まれていると、影響も大きいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/45270983

この記事へのトラックバック一覧です: 読了:

« 東京です | トップページ | ユニセフ・夏のキャンペーン »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。