Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 先週末 | トップページ | お知らせ:第40回広島近代文学研究会 »

2009/05/15

映画「MILK」

Milk あちこちで評判を聞いたり、「もう見ました?」と挨拶代わりのメールをもらったりしていた、映画「MILK」
広島では夜1回だけの上映になり、終了間近っぽいので、あわてて会議のあとで見てきました。

1978年、アメリカ。ゲイであることをカミングアウトしてサンフランシスコ市の公職についたものの、わずか1年後に暗殺されてしまったハーヴィー・ミルク。
暗殺されたときのために録音されたテープを軸に、半生が示されていく。
パートナーとの愛と別れ、(なんでこんなダメな相手に、と思っちゃうけど、それが人間なのだろう)。いくたびもの選挙への挑戦、熱いムーブメント、政治の世界のかけひき、権力、そして死。

熱い時代。カミングアウトを呼びかけたミルク。脇をとりまく人々によって伝説と化したのもよくわかるし、ミルクと市長を殺害した同僚議員のダン・ホワイトの嫉妬と焦りにいたるまで、きちんと描かれていた。
主演のショーン・ペンばかりではなく、若手の有望な俳優が揃っていた。とりわけ、最初のパートナーのスコット役のジェームズ・フランコは魅力的だったし、レズビアンの選挙参謀アン役のアリソン・ピルがよい味を出していた。

また、要所に当時のフィルムが織りまぜられていた。冒頭、店に踏み込んだ警察にクラブの客たちは顔を隠していた。だからこそ、ミルクの「クローゼットから出よう」という呼びかけが大きいのだ。
映画の最後、ミルクをとりまいた人たちの現実のその後の人生の写真が写される。役者たちがよく特長をつかんでいることにも驚いたが、ミルク亡きあと、それぞれの道を同じように生きていく人たちの姿が写されたことによって、これは現実の話なのだと納得させられた。

それにしても、ほんの数年前まで、アメリカでもこの国でも、同性愛を「病気」だと見なしていたことにガクゼンとする。
そして、「ボーイズ・ドント・クライ」などもそうだったけど、自由の国アメリカは、半面、マイノリティへの憎悪・保守反動もすさまじい。陰湿に影で差別する国もいやだが、自身と違う者を殺してもかまわないと思える社会も間違っている。

それにしても、今夜の観客は5人だけだった。。これまた間違ってる・・!

4904249062 MILK 写真で見るハーヴィー・ミルクの生涯
伏見 憲明 安斎 奈津子
AC Books  2009-05-01

by G-Tools

伏見憲明さんのページ

« 先週末 | トップページ | お知らせ:第40回広島近代文学研究会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/45010328

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「MILK」:

« 先週末 | トップページ | お知らせ:第40回広島近代文学研究会 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。