Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 連休3日目 | トップページ | 催し:平和協力への「もう一つの道」研究会 »

2008/11/04

現代能楽集Ⅳ「THE DIVER」

The_diver 『The Diver(ザ・ダイバー)』
  ※英語上演(日本語字幕付)
・2008年09月26日~年10月13日
・シアタートラム
・作・演出:野田秀樹 共同脚本:コリン・ティーバン
・囃子:田中傳左衛門  笛:福原友裕
・出演:野田秀樹、キャサリン・ハンター、グリン・プリチャード、ハリー・ゴストロウ
公式
ロンドン公演

もうずいぶん前なので、「観た」という記録だけ。

キャサリン・ハンターの身体がまるで器であるかのように、源氏物語の女たちが次々に憑衣していく様を目撃した驚き。
もう観劇から1カ月以上になり、日々の生活に追われていても、まだその印象は消えない。
深い水の底を潜っていくように、次々と人の心の深層が、俳優の身体に映しだされていく。
シンプルな舞台の上で、布一枚をひらめかせることで、現代の犯罪者と、夕顔や六条御息所などの源氏の女たちが重ね合わさっていく。
「THE BEE」も(WOWOWでしか観ていない)暴力の連鎖を描いて衝撃的だったが、それ以上に「THE DIVER」の方に揺すぶられた。

能の「海人」や「葵上」が原拠。だが、三島由紀夫の『近代能楽集』の「葵上」が、能の「葵上」とともに、さらに原点の「源氏物語」をも翻案しているように、 「THE DIVER」でも、車争いの挿話が使われるなど、源氏物語自体が大きく入り込んでいる。
公演パンフレットで、野田は、「甘やかす女」と「甘やかされる男」の物語から、「「ニッポン男児」などとイイ気になっている」現代のなんともイヤな男と、「現代の一人の女性が犯した大罪」の物語が生れてきたと書く。野田のみる、昔と今のニッポンのジェンダー模様だろう。
源氏千年紀なんて浅薄な催事とは関係のないところで、より本質的に源氏と現在とが切り結んでいく。

野田秀樹の英語も、何の違和感もない。
20年近く前、野田がアフリカを取材するテレビ番組で、英語で話す子どもたちに自分の英語が通じず、「東大に入ったオレが何で話せないんだ・・」とボヤいていたのに。
ロンドン留学以降の、たゆまぬ努力の結実。

若手の自閉した・あるいは暴力的なだけの芝居には感じられない、劇的世界。
バブル期の遊眠社のころの野田秀樹の世界に、ノスタルジーにも似た愛着を私は抱いている。それは私自身の青春期でもあったから。
しかし、野田が、時代とともに確実に進化して自らの演劇を構築し、フロントランナーでありつづけていることに、身がふるえ、励まされもするのだ。

« 連休3日目 | トップページ | 催し:平和協力への「もう一つの道」研究会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/42972838

この記事へのトラックバック一覧です: 現代能楽集Ⅳ「THE DIVER」:

« 連休3日目 | トップページ | 催し:平和協力への「もう一つの道」研究会 »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。