Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/31

なんと・・

午前は、マスターの授業。太宰治の「葉」。
ここのところの先行論で、36の断片の一つ一つの出所や位置づけがずいぶん明らかになってきていることがわかって、面白かった。
ただ、授業での議論は、作品の作りや評価の方に集中。

今日は、卒論の題目の提出〆切日なので、午後は、4年生がサインと印鑑を受け取りに続々とやってくる。あとは、先週聞けなかったの卒論中間のプレ発表のフォロー。

16時20分から、研究会。卒論中間発表の4回目で、4名発表。
志賀直哉『暗夜行路』、宮沢賢治『よだかの星』『銀河鉄道の夜』、巌谷小波のドイツ・メルヒェン翻訳、川上弘美『センセイの鞄』。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

クィア学会から、お知らせメール。
なんと、来週の第1回大会のシンポジストの一人、竹村和子さんが、病気のため欠席とのこと。

一週間後にせまりましたクィア学会第一回大会初日のシンポジウム『〈日本〉は〈クィア〉か』について、緊急のお知らせです。

まことに申し訳ございませんが、シンポジストのお一人でいらっしゃる竹村和子氏は、急な御病気のため、今回のシンポジウムへは御登壇いただけなくなりました。

竹村氏からは、降壇のお詫びとともに、せっかくの機会に皆様と討論することができなくなり大変に残念ですという伝言を頂いております。おそらくは広島にいらっしゃるご予定の会員の皆様も同じお気持ちでいらっしゃるだろうと拝察いたしますが、何とぞご理解をたまわりますよう、お願い申し上げます。

竹村氏は現在ご静養中で御恢復に向かわれており、どうぞご心配をいただきませんように、とのことです。

なお、シンポジウム自体は予定どおり開催をいたします。竹村氏に御登壇いただけないのは本当に残念ではありますが、田崎英明氏、中村美亜氏には御登壇をいただけますので、お二人の刺激的なお話を中心に、皆様の御参加をいただいてシンポジウムをもり立てていきたいと臨時役員一同考えております。

臨時役員一同、あらためましてお詫びを申し上げますとともに、広島で皆さまにお目にかかれることを楽しみにしております。

うーん。やむをえないこととはいえ、とても残念。
どうぞお大事になさってください。

2008/10/30

本日も晴天なり

今日は、午前中、広島市内で放送大学の学生さんの卒論指導。いつもは月に一度だが、提出間際なので、今月2度目。
もう直し無しでOKにしてもよかったのだけど、書ける方だけに、私も欲が出て、もう少しアドバイスする。あとはご自分での判断で、提出してもらうことに。
一段落ついたあと、仙台の話など。以前、仙台に住んでおられたとのこと。また、娘さんのお友達が、偶然いま私の卒論ゼミにいるので、その話も。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

その後、出校。JRがおよそ10分遅れて、西条駅到着が11時5分。11時2分の大学行きバスが出てしまっていて、次は30分までないので、歩き始める。

歩くにはよい季節。学校まで歩こうかな、とも思ったけど、今から仕事なのに疲れてもね、、と、30分弱歩いて、市立図書館前のバス停で少し待ち、やってきたバスに乗車。
よい気持ちでした。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

午後から、ドクター勉強会。今日は、芥川の「往生絵巻」。まか不思議な話だ。

そして、3時から毎週木曜にある「運営会議」。
今日は、5時をだいぶ回った。
こういうのが好きでたまらないんだろうなあ、という方々に混じって、
私には向いていないと、毎度のことだけど、つくづくそう思う。

会議終了後、会議で私が記入することになった明日〆切の書類を作ってメール送付。
サクサクやらねば。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

帰宅。昨夜、娘が蹴って大きな穴を開けたトイレの壁を見て、溜息をつく。
「女らしく」と育てなければ、こんな風になるのか・・・?!

2008/10/29

お知らせ:クィア学会 第1回大会

クィア学会 第1回大会

開催地:広島修道大学
開催日時:2008年11月8日(土) & 9日(日)

11月8日(土)

  • 12:00 ~    受付開始
  • 13:00 ~ 15:30 シンポジウム
  • 15:45 ~ 17:30 総会
  • 19:00 ~ 21:00 懇親会(広島市内)

11月9日(日)

  • 10:00 ~ 12:10 個人報告
  • 13:10 ~ 15:20 個人報告・パネル

大会参加費 会員500円、非会員1000円

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

タイムスケジュールのpdfファイルは、クィア学会HPにて。
(要旨付きファイルをアップしたかったのですが、ココログの容量を超えていてダメでした。私のお知り合いの方は、連絡してくれれば、配布します)。

初日シンポジウム~〈日本〉は〈クィア〉か?
 ・竹村和子(お茶の水女子大学)
 ・田崎英明(立教大学)
 ・中村美亜(東京藝術大学)

2日目の個人発表に知り合いも出ていますし、文学関係の発表もありますし、広島での第1回大会、本当にたのしみです。

近況

081027_095001 2カ月ぶりの日記。
週末は東北大学へ学会出張して、月曜日に帰広。
(晩翆草堂前の石碑→)

発表については、それなりに時間をかけたけど、けっきょく天使が降りてきてくれなかった。「作家」を意識しすぎて手を広げすぎ。
「このさき展開すれば面白くなりそう」(要するに今回は未完成ということだけどね)と複数の方に言っていただいたのを励みにがんばりませう。
ちょっとリセットしなくては。

ただ、様々な方に出会えたのは収穫だったし、広島はのんびりしすぎだとも実感した。
若手や院生の人たちの何ともいえない姿勢について、学生たちに伝えたいと思う。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

帰宅当日は、腑抜け状態だったのだけど、翌日からはまた元通りの日々。
昨日は、急に入った問題作成と、就学相談室関係の仕事。
4年生の就職内定者報告会に、相談員も話す時間をもらっていたので、その打ち合わせと、報告会への出席。

ところが、これが出席学生が少なくて愕然とする。
例年、この報告会には、学部3年生やM1がかなり参加するのに、今年はほんのわずか。
せっかくよい話をすべく準備をしてくれた内定者や相談員に申しわけないし、もったいないこと限りない。
実際に就職活動を行った学生によるナマのアドバイスや、企業の求めるポイントと学生のアピールポイントとのズレについての相談員の話など、参考になることが多かったのに。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今日は、午後から高校へ出前授業。
海田高校には、短大時代に「営業活動」に何度か伺ったにもかかわらず、やはり正門に入る道を見失い、周辺をぐるぐる回る。余裕をみて早く出かけてよかった。

25名ほどの文学部志望の生徒さん相手に、はじめに学部DVDのコース紹介の部分を見せ、それからパンフを使って説明。高校からリクエストのあった、「高校時代に何を学ぶべきか」と、「お勧めの本」の紹介をしたあと、ミニ授業。
文学理論のいくつかと、実例を簡単に話したところで、予定の50分が終了。

その後、質疑の時間。学部の雰囲気や、志望が変ったら転コースできるのか、といった質問に混じって、「先生は、いつ将来の夢に向かって進もうと決めましたか?」というのがあって、一瞬、詰まる。
「将来の夢」・・・。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

「将来の夢」があるはずの、うちの娘も小6になり、反抗期まっさかり。
昨年冬くらいからだけど、最近ことにひどい。
毎日バトルが繰り広げられ、もはや家庭はくつろぎの場ではない。。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

次の〆切も迫っているものの、ともかく一段落。ずっとサボッてた観劇記録なども、(もう2年ぐらいまともに書いてないんじゃないだろうか。観たことすら忘れちゃったものも多い・・)、ボチボチ書きたいものです。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。