Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« お知らせ:映画「蟹工船」特別上映会 | トップページ | 集中講義 »

2008/07/23

このところ

先週末の連休はお籠もりしつつ、ときどき出かけていました。

土曜日は、以前に電話をもらっていた院の受験相談者の方と面談。
こちらの状況を説明し、質問を受け、熟考されるようお伝え。

月曜日は、籠もっていた仕事が終わり、午後から娘と映画に。
14時過ぎに映画館に着いたのだけど、娘のお目当ての「花より男子ファイナル」は15時20分の回は売り切れ、18時の回も残り4枚の表示が。
列に並んでいる間にどうせ18時のも売り切れるだろうし、疲れてて早く帰りたかったし、「ポニョでいいでしょ?」と言ったのだけど(ポニョは15時台の回も空いてい た)、娘はどうしても花男がいいと言い張り、なんと奇蹟的に18時の回がまだ残っていて、花男に。でも席は並びではなく、バラバラ。(バルトもシアターの割り振りを誤ったのではないだろうか。夏休みに入っても、まだ花男人気は強かった・・)。
いったん帰宅してから夕方出直し。ダンナが代わりに行こうかとも言ってくれていたのだけど、あれでダンナが行ってたら完全に浮いてた。。私も浮いてた。娘が隣にいればまだしも・・。
久々にあんなティーン中心の映画に入った。満席で、となりの十代とおぼしきカップルはきゃぴきゃぴで、しょっちゅう私の飲み物にぶつかってくるし、あっちこっちでケータイ画面が光るし。。
映画の方は、よく出来てはいたのだけど、定石通りの結婚がゴールの異性愛称賛映画。女の子目線で作られた松潤のプロモーションビデオのようだった。テレビドラマはもうちょっと周辺人物を使った筋立てで面白かったけど、映画となるとああなっちゃうんだろうなあ。。(戦隊ものだって、映画になるとレッド中心だものなあ)。

火曜は講義と演習。
講義は金井美恵子の「兎」。学生の感想を聞いてみると、極端に好みが分かれる。そりゃそうだろうなあ。でも、他の学生の感想を聞くことで、自分の初読の感想が相対化されるようで、コメントシートにも違った読みを聞いた新鮮さを記す学生が多い。次回で最終回。
演習は、「憂国」のDVDを鑑賞。
機械が不調で、音が出なかったのが残念。情報の職員の方に見ていただいたのだけど、解消せず。でも、もともと音楽だけでセリフはなかったし。
大画面で見ると、改めて三島の肉体誇示の欲望に圧倒されるというか、呆れるというか。
しかし40年近く封印されていた映画を、こんなに簡単に鑑賞できることに感謝すべきだろう。

授業のあと、相談室の視察に来られた九州の某K大の長お2方を、相談員のNさんと応対。とても気さくな方々だった。1時間以上、色々と質問を受ける。こちらも開室からまだ3カ月しかたっていない。こんなので参考になるの?と思っていたけど、話していると、それなりにノウハウが蓄積されていることに気づいた。
また質問を受けながら今後の運営のヒントももらい、お二人をうちの長の部屋へお見送りしたあと、Nさんと改善案を話し合う。
自室に戻って、いただいた名刺で検索してみると、面白そうなご専門だった。なるほど。

水曜(本日)は、ここのコメント欄にも来てくださる台湾在住のYさんが結婚の挨拶に広島に来られ、夕方、お祝いの会食。夫妻を入れて総勢9名。出席9名のうち、台湾の方が2名。日本人も私以外はみな台湾在住または旅行経験者ばかり。(私も昨春台湾旅行の予定だったのだけど、祖母のことでキャンセルして、結局、娘とダンナのみが訪台したのだった)。話をうかがっていると楽しそうで、私も行きたくなりました。
とにかく、お2人が仲よくて何より。Yさんがアマゾンで本を買いすぎると、新婦Cさんが明るく苦言を呈していたのが、とてもいい感じ。Cさんは、頭がよくて、明るくて、しっかりしていて、Yさんにはもったいない、出来すぎだ、との評価で一致(^_^)。本当に素敵な方です。
お二人どうぞ末永く、お幸せに~!

« お知らせ:映画「蟹工船」特別上映会 | トップページ | 集中講義 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/41952561

この記事へのトラックバック一覧です: このところ:

« お知らせ:映画「蟹工船」特別上映会 | トップページ | 集中講義 »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。