Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« アサーション | トップページ | 二転三転 »

2008/07/15

節電警報

学校にいると、ほぼ毎日、13時ぐらいに「節電警報」のメールが来る。

本日は、この暑さのため、需給電力が契約電力を超過する勢いなので、
可能な限り空調・照明等を消していただき、節電いただきますよう お願いいたします。

・・といった感じのメールで、これが来ると、エアコンを消して窓を開け、研究室の廊下側の電気も消し、使っていなければパソコンも落とす。
会議中に警報が出ると、事務職員の方が、「節電警報が出ました。研究室のエアコンや電気をつけっぱなしで来られている方は消してください」と叫び、ひとしきりざわめく。

で、だいたい16時前ぐらいに「節電警報が解除されました。暑いなか、ご協力ありがとうございます。明日以降もよろしくお願いいたします。」といったメールが届いてお仕舞い。

中国地方はまだ梅雨明け前らしいけど、連日33℃といった猛暑のなかで、この節電警報が出るので大変である。
窓を開けて研究室にいると、入ってきた学生との間で、「先生、エアコンつけないんですか?」「節電警報発令中だからね」という会話が必ずある。
滞在時間が短い場合はよいのだけれど、相談などで長く話していると、相手は汗を拭き始め、「気分が悪いです」とか「暑くて酸欠になりそうです~」などと言うので、慌ててエアコンを付ける。
で、学生が帰ったあと入ってきた他の教員から、「あれ、エアコンつけてるの?」と咎めるわけじゃないのだろうけど言われ、「いや~、さっきまで学生が来てて暑いって言うから・・。まあ、涼んで行ってくださいよ。先生が帰ったら消しますから・・」などと弁解するのだ。

でも、教員はまだいい。授業がある教室は涼しいから、研究室が暑くてもメリハリ?があって、耐えられる。
大変なのは事務職員の方々。エアコンを消して、日差しをよけるためにブラインドを下ろし、廊下側の電気を落とした薄暗くてなまぬるい部屋に、一日中いなくてはいけないのだ。
廊下の両側に部屋があるので、ドアを開けても全く風は通らない。
首にアイスノンみたいのを貼ったり、ときどき外の空気を吸いに出ないとやっていけないとのことで、みなさん疲労の色も濃く、非効率なことおびただしい。

そんな話を家でしていると、娘が、「いいじゃん、うちのクラスなんか、扇風機もないんよ」と口をとがらせる。
大昔は学校に扇風機なんてなかったけど、いまは平均気温が違うものね。
5年生のときには教室に5台扇風機があったのに、6年生では一つもないらしい。本当だろうか。なぜ??
「子どもが暑がっていますので扇風機をつけてください、って
生活ノート(家と学校との連絡帳)に書いてあげようか?」と聞くと、「やめてやー。モンスターペアレントって思われるじゃん」だって。いや、違うと思うよ。

でも、ともかく、基本的にはエアコンは苦手。
ここまでのところ、我が家ではまだエアコン無しで過ごせているので、幸せだ。

« アサーション | トップページ | 二転三転 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/41842473

この記事へのトラックバック一覧です: 節電警報:

« アサーション | トップページ | 二転三転 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。