Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 若い力 | トップページ | 会食 »

2008/06/29

新派「鹿鳴館」

Sinparokumeikan 6月新派公演「鹿鳴館」

・2008年6月6日-29日
・新橋演舞場
・作:三島由紀夫
・演出:戌井市郎
・出演:水谷八重子(影山朝子)、市川團十郎(影山悠敏)、西郷輝彦(清原永之輔)、波乃久里子(草乃)、英太郎(大徳寺季子)ほか

そのうち感想を、、と思っているうちに、もう明日が千秋楽なので、観たという記録だけ。

新派というのは、不思議なお芝居だ。旧派=歌舞伎に対しての新派だけど、新劇からすれば旧劇で、小劇場以降は新劇すら旧劇に見えるいま、歌舞伎や新劇界からの客演によって公演していることからも、とても微妙な位置にある。

團十郎の現代劇を私は初めて観たけど、どこまでも團十郎だった。
團十郎が影山伯爵を演じているというより、我々は、助六の團十郎を見るように、影山伯爵の團十郎を見ているのだ。歌舞伎と同じ演技の質で、当初、影山伯爵のウラのある悪は團十郎に向かないのではないかと思いつつみていたのだけれど、途中からそんなことはどうでもよくなり、影山の團十郎として見ていた。凄まじい存在感。
これに対して、清原の西郷輝彦は典型的な新劇芝居で、リアルに演じていて、両者の芝居は全く異質。とにかくセリフのスピードからして全く違う。團十郎は歌舞伎のまま、間をとる。

二人が同時に登場するのは最終場までないのだけど、それにしても、この異質な芝居がでもその二つが八重子や久里子を間に入れることで並立するところが、面白い。
女形の英太郎も含めて、不思議としか言いようのない芝居の質だけど、華やかで、和装・洋装の着慣れていて、「鹿鳴館」の舞台としては劇団四季のものよりは私は良かったと思う。少なくとも、舞台を見る楽しみがたっぷりとあった。

八重子は朝子を自分の持ち役としており、戯曲の含み持つ、男VS.女の対立劇をじっくりと見ることができた。鹿鳴館の夜会での華やかなダンスシーンをたっぷりと見せてくれたのもよかった。
欲を言えば、最後の伯爵と朝子のダンスをもう少し見たかった。二人が踊り始めて、「ワオ、團十郎のワルツ!」と身を乗り出そうとしたところで幕だもの。

新派120年記念公演ということで、カーテンコールのときに歌舞伎の口上に似た挨拶があり、日替わりの特別ゲストのスピーチも。(私が観た日は、小川真由美がゲストだった)。

« 若い力 | トップページ | 会食 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/41676061

この記事へのトラックバック一覧です: 新派「鹿鳴館」:

« 若い力 | トップページ | 会食 »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。