Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 第1回東広島映画祭 | トップページ | ぶり返し »

2007/12/19

看護

娘が先週土曜日に発熱し、40℃の熱がずっと続いていたのが、今日、ようやく平熱に下がった。
インフルエンザではなく、新種のカゼとのこと。(インフルエンザの予防接種は家族3人で受けていたし、あまり熱が高いので途中で検査をしてくれたのだが、陰性だった)。

小学校はもちろん休ませ、毎日やりくりしてダンナと交代で小児科に連れて行く。
昨日は、私が午前は休講にして、昼ご飯を食べさせてから出勤し、午後から授業。ダンナが午前中授業をしてから、午後を休講にして帰宅後、病院へ。……といった調子。(急変してはいけないし、なるべく一人でおいておく時間を少なくということで)。
薬を飲み続けても全く熱が下がらず、食欲はなく、昨日夕方も40℃の熱があって点滴。病院では、明日朝一番に点滴に来るように、2~3日は毎日点滴をした方がよい、とのこと。
それで私が今日・明日は年休をとることにし、昨晩と今朝、あちこちに電話やメールをして予定のキャンセルや変更をお願いした。

で、今朝1番に病院へ連れていき、点滴。
昨日からの点滴が劇的に効いたのか、今日は平熱に戻った。ようやく安心。
うまくいくと明日は学校に行けるかもしれない。小児科医は、熱が下がったままだったら、マスクをして登校させてもよい、体育はダメ、病院にはつれてくるように、とのこと。
本人は、行く気まんまん。学校が楽しいのだそうだ。
ともかく明日朝の様子をみてからだけど、もし娘が登校できても、私はもう年休をとったし、娘が早退するかもしれないので、やはり家にいるつもり。(たまっている仕事が少しは片づくだろうか・・)。

家族が一人病気になると、ふだんからギリギリで回していることが露呈する。
保育園や小学校低学年のころは、しょっちゅう病気をもらって、こんな状態だった。今でもそうだけど、実家にもずいぶん頼っている。(今回は、新型カゼとのことで、年齢的にハイリスクな実家の親には頼まないで、何とかダンナと二人でやりくりしてしのいでいる)。
保育園時代には、病院で娘に点滴させている途中で、世話のバトンタッチをしたこともあった。(私が病院に連れていき、点滴を受けている間に、授業を終えたダンナが病院に来て看護の交代をし、私が学校に行って自分が主催する会議に出席するといった具合)。
でも、高学年になってからあまり病気をしなくなっていたので、こんな看病は久々だ。こっちもトシで身体も疲れるし、仕事の責任も増えてきて、やりくりも大変だ。

周囲にも迷惑をおかけしている。
また、小学校の担任の先生が、この間、毎日電話をくださったり、昨日はプリントを持ってわざわざ来てくださったりしたことも、とてもありがたいこと。娘にとっても励みになっている。昨日までは電話をいただいても娘は寝ていたのだが、今日は「先生、今日は来ないのかなあ」と待ち遠しがっていたので、先生と電話でお話できて本当に嬉しそうだった。
(昨年までは、欠席したら、家の近い子どもがプリント類を届けてくれていたのけど、おそらく昨今の子どもをめぐる物騒な状況から、そんな慣習はやめたのだろう。その分、教師の負担は増えていくわけだ)。

娘は、この数日、ほとんど食べていないので、もともと細かった身体が、紙のように薄っぺらくなってしまっている。ずっと寝ていたので、歩く姿もフラフラで、吹いたら飛びそうだ。
でもまあ、お話をしてだの、ミカンの皮を剥いて(!)だの、やけに甘えてくる娘と(病気のときには何をしても許されると思っているのだろう)、ゆっくり一緒にいられるのは貴重なことだ。
明日の様子をみてからだけど、楽しみにしている学校に行けるとよいなあ。
健康第一。みなさまもご自愛を。

« 第1回東広島映画祭 | トップページ | ぶり返し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/17422561

この記事へのトラックバック一覧です: 看護:

« 第1回東広島映画祭 | トップページ | ぶり返し »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。