Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« レイクサロンの記録公開 | トップページ | クィア学会 »

2007/10/26

Maneki猫Club「12人のシェイクスピア ロミオvsジュリエット」

Romeovsjuliet ・2007年10月25日(木)19:00~
 (26日19:00~、27日14:00~、18:00~もあり)
広島市南区民文化センター スタジオ
・原作:ウィリアム・シェイクスピア
・翻案・演出:みつふじひろあき
・出演:永野光恵、橋村基子、藤岡真由子、久保幸路、里崎亮、新原英人、森新太郎、高野由美子、三浦雨々、藤原正弘、越智良江、佐藤方俊
劇×魂B.E.a.T.→★(公演案内)  ★(動画等)

〔公式あらすじより〕
あの永遠の名作「ロミオとジュリエット」が
斬新な名作「ロミオvsジュリエット」に変貌します!
舞台はベローナ
そこは音楽が支配する街
モンタギュー家とキャピレット家の長い長い戦いは
ロックと演歌の戦いでもありました!
そして主役の二人も原作と大きくキャラを変えています
マザコンのロミオと性格ブスのジュリエット!
しかもだれがロミオを演じているのか
だれがジュリエットだったのかもわからなくなるという
世界に類をみない迷宮のシェイクスピア劇!です?
愛の悲劇は、もしかしたら喜劇へと変貌していく……かも!

80年代小劇場のテイスト。というより、そのもの。
ノスタルジーを覚えてしまった。

男女各6人ずつ計12人の役者が、すべてロミオとジュリエットを演ずる。
ロミジュリ専任が男女1名ずつ。あとの役者たちは、乳母や神父などと掛け持ち。
最初、ズラズラと数名のロミオやジュリエットが並んだときには、「みんなが主役」の最近の幼稚園や小学校の学芸会か?などと失礼なことを思ったのだけど、期待はよい方へ裏切られた。
数名の役者が交互にセリフを語ることで、たとえばジュリエットの、ああも思えばこうも思える千々に乱れる心が、とてもうまく表現されていた。役者の個性が役柄の心のゆれにうまく重なっていったのだ。役者の力量に若干の差はあったけれど、特に女優陣はみんなうまくて、個性的で、いい感じ。男優も、ユニークでよかった。

ジュリエットの後追い死で幕だったのはなぜだったのだろう。
二人の死で完結させたかったのかな。
神父が出てきて両家の和解、という原作の結末があるのだろうと思っていたから、ちょっと拍子抜けだった。二人の死の意味づけがほしい気も。

別の場所に感想を書くので、このあたりで。
面白い芝居でした。

« レイクサロンの記録公開 | トップページ | クィア学会 »

コメント

お久しぶりです。
私も観ました♪
どこかで擦れ違ったかもしれませんね。

なぎささん、お久しぶりです。
ご覧になったのは初日ですか?
私には80年代小劇場演劇そのものとして感じられたのですけど、若い世代のなぎささんがどんなふうに感じられたのか、興味があります。 

NAGIさん、トラックバックをありがとうございました。
なかなかしっかりしたお芝居だったと思います。
詳しいご感想を「座々」でお待ちしております。

まるちさま、こちらこそTBをありがとうございます。
ちゃんとしたレビューになるか心配ですが、楽しんで書かせていただこうと思います。

この芝居は、小劇場全盛期のようなテイストだと思いました。
私が見た初日は、最初のうち音響がもう一つだったのですが、中盤からはよくなっていました。芝居は生ものですね。

観に行ったのは土曜の昼です。
芝居の感想は、音響は私も気になりました(笑)
もっとぶっとんだ作品なのかと思っていましたが予想と違って特に後半からは原作に忠実だったので少し驚きました。なんとなく「ハムレット」と比べてしまいましたが、人数や時間、演出も違うのでテイストはやはり違いました。
シリアスか、ギャグかどちらかに突き抜けてもよかったかなと思いましたが、、、でも基本的には楽しめました^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/16868944

この記事へのトラックバック一覧です: Maneki猫Club「12人のシェイクスピア ロミオvsジュリエット」:

» Maneki猫Club「ロミオVSジュリエット」 [「ひょうげん舎まるち」のページ]
Maneki猫Club「ロミオVSジュリエット」を観劇。斬新な舞台。 [続きを読む]

« レイクサロンの記録公開 | トップページ | クィア学会 »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。