Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/23

村瀬幸浩『性のこと、わが子と話せますか?』

昨日朝、娘は、広島市青少年野外活動センター(野活)が主催する2泊3日キャンプ(うしずアウトドアクラブ)へ出発。
夜、入れ違いに、一週間、京都へ文献調査に行っていたダンナが帰宅。

夏休み中の子どもを相手に、一人で子育てはなかなかしんどい。
土曜も10時~17時までぶっ通しの会議などがあり、実家に子どもを預け、送り迎えをしたりしながら一週間しのいでいたので、ダンナが帰宅してホッとする。
が、同時に、一人の時空間も欲しいよ~、という複雑な気分。敏感に察知したダンナは、「どーせ帰ってこなけりゃいいと思ってるんでしょ・・」と拗ねていた。いやいや、そんなことはないのだよ。

さて、いつもはお昼に食べに出るヒマがないので、持参したものをモソモソ研究室で食べているのだが、今日は食堂へ。ついでに生協に寄って、本を物色。
午後の仕事(レポート採点)を再開する前に、お茶を飲みながら、買った本をペラペラめくる至福。
このうち一冊をご紹介。

4087204049 性のこと、わが子と話せますか? (集英社新書 (0404))
村瀬 幸浩
集英社  2007-08


by G-Tools

うちも、娘が小5。そろそろ色々な徴候もあり、質問にどう答えたらいいのか迷うことも。
何かヒントが得られるかも、と軽い気持ちで手にしたのだけど、読み始めると、ぱらぱらのつもりが一気に読んでしまいました。

小学校低学年まで、小学校3~4年生、小学校5~6年生、中高生、それぞれの発達段階に合わせて、想定される状況や質問などに丁寧に解説を加えていく。
帯にある質問は次のようなもの。

・赤ちゃんってどこから生まれるの?ときかれたら……
・お風呂はいつまで一緒に入る?
・子どもが知らない男性に声をかけられた
・〈合体〉をどう教える?
・月経についてきかれたら……
・息子の部屋にH本が!
・娘が妊娠している!

これだけ見ると、いかにもという感じがするかもしれないけれど、決して安直なQ&A本ではない。
一つ一つの論述の背後に、性をどうとらえたらよいのかや親子関係の構築についてのきちんとした理念があることが実感できるところがよい。
もちろん、長年、性教育に携わった筆者ならではの解答も、なるほどとうならされる。

たとえば、性行為について教えたあと、子どもに「じゃあ、お母さんもセックスしたの?」と聞かれた時にどう答えるか。村瀬氏は、「さあ、いよいよ正念場です。その時の答え方をお教えしましょう。」といい、親の答え方を記し、「どうですか、このセリフ、私が考えに考えぬいてできあがったものです。」と、その意図をひと言ずつ解説していく。
(答えの部分は、あえて引用しません。本屋さんでどうぞ。67ページ~です。)

子どもの次なる質問「じゃあ、お母さん、一回だけ?」(一人っ子の場合、セックスしたのは一回だけかと子どもは思う)にも、解答例を出したあと、村瀬氏は、「ハイ、そこまで。そこまでで大丈夫です。あとは、子どもの前であわてたりしないように、実際に声を出して練習してみることです。」と言う。
そうなんだよね。演劇と教育、なんて話題もあったけど、練習しておかないと、なかなかとっさには言えることではない。親の世代に、性に罪悪感や恥ずかしさの感覚が根強く残っていればなおさら。意識の切替が必要なのだ。

 どうですか、うまくできそうでしょうか? たったこれだけのセリフとはいえ、実際にはなかなか話せるものではありません。まず親や大人が、あらためて性について学び自信をもたなければなりませんし、それを言葉にして表す決意とトレーニングが必要です。

 もちろんその前提にあるのは、子どもへの愛情や、自信をもって生きていく力を与えてやりたいという思いを親がもつことですね。また、こういうやりとりをしても大丈夫だという信頼感が、それまでに親子の間でつくられているかどうかも重要です。(pp.113-114)

子育ては、親である自分育て。子どもの発達段階に合わせて、どのように性を説明していくか、自分はけっこう知っていたつもりでも甘かったと思わされたし、勉強になりました。
保守化とともにセクシュアリティやジェンダーをめぐるバックラッシュが激しく、性教育がどんどんと後退していく現状のなかで、それに抗すべく健闘している好著だと思います。

それにしても、娘ももう少ししたら思春期。いよいよ「正念場」に入っていくのだなあ。怖いような、楽しみなような。

ちなみに、今日買った残りの3冊は以下のとおり。

1906_3 伊東玉美『小野小町』(勉誠出版)



軍神―近代日本が生んだ「英雄」たちの軌跡 (中公新書 1904) 軍神―近代日本が生んだ「英雄」たちの軌跡 (中公新書 1904)
山室 建徳


by G-Tools
「女ことば」はつくられる (未発選書 (第13巻)) 「女ことば」はつくられる (未発選書 (第13巻))
中村 桃子


by G-Tools

Hiraikazukoそして、 帰宅したら、ひろしま女性学研究所の高雄さんが、研究所発行の新刊を贈ってくださっていました。

平井和子 さんの
『「ヒロシマ以後」の広島に生まれて』

ありがとうございます。拝読してから、ゆっくりと。

2007/08/15

かんざし

Crescent_2 連日の猛暑。
例年だったら、お盆を過ぎると朝晩は涼しくなっているのに、今年はサッパリ。
私が小学生だった頃は、30°越えたら、大騒ぎをしていましたが、もう気温が35°を越したと聞いても、あまり驚かなくなってきました。

でも、我が家ではエアコンはまず使うことはありません。扇風機すら出していません。
ひたすら我慢です。
夕方になったら、ベランダに水をまきます。
夜も、一家でガーゼのパジャマとガーゼのケットを使い、汗をかきながら、寝ています。
なんとエコな生活。少しは、地球温暖化防止に役立っているでしょうか。

先日の台風のときに、さすがに窓を開けることができなかったのでエアコンをつけ、そのまま寝ると夜中に目が覚めてしまいました。のどはカラカラで身体全体がだるく、すぐにエアコンを消して、また眠りました。

ウッディ・アレンとミア・ファローが別れた主原因は、都会的なアレンと自然派のファローの生活全般に関する好みの違いで、その象徴がエアコンをつけたまま眠るかどうかということだった、という話を聞いたことがあります。真偽のほどは知りませんが、生活慣習というか好みの違いは、実際に一緒に暮らしてみると思っている以上に大きいもので、さもありなんと思います。

Kanzashi さて、この暑いなか、重宝しているのが、髪をまとめるグッズたち。
なにごとも日本の生活は「夏を旨とすべし」です。
ここ数年、私はロングヘアに保っていますが、それは、暑がりにとっては、中途半端に短いよりは、結べる長さがあった方が夏に楽だと実感したから。(冬にはおろしておくと、頸筋の保温になりますしね)。

髪をまとめるにはバレッタ、コーム、ゴムなど色々あり、それぞれ便利に使い分けていますが、何といってもスグレモノなのは、かんざし(簪)!
一つにまとめた髪をねじって簪を入れ、くるっと回して差しこんで、それでお仕舞い。
たった一本の棒で髪がまとまってしまいます。はずすときも引き抜くだけ。それで髪がパラッとほどけ、ゴムで結んだときのようなヘンな癖がついていません。
感動ものの簡単さ。シンプルの極み。これを最初に思いついた人は、すごい!

専用の簪も持ってますけど、折れて片方だけになってしまった娘の箸なんかも、ちゃっかり再利用。手近になければ、鉛筆だってボールペンだって使えます。
ダンナが学校にしていくのはやめた方が・・、と言うので(なぜ?! まあ、簪してる人はまず見かけないのでムリもありません)、学校ではバレッタやコーム、ゴムを使っていますが、簡単便利な簪も、そのうち女性用クールビズに昇格しないでしょうか。

2007/08/13

初盆

Kusunoki Kusunoki2_2 母方の祖母と父方の伯父の初盆の法要のため、実家の両親と娘と一緒に、岡山県北に行って来ました。
(→写真は、伯母の家にある樹齢300年のヒノキ。トトロが出てきそう・・)。

社会人になってからは、慶弔でないと帰ることもなくなってしまったけれど、小中学生のころには、私と妹は、夏休みになると1カ月ぐらい、父方と母方の実家に交代で預けられていました。それだけに、久々に行ったふるさとの変わらない部分と変貌とに感慨もありました。

母の実家は、もと作東町、いまは美作(みまさか)市に。
亡くなった祖母の曾孫は21人。娘は、たくさんの又従兄弟たちと、まるで保母さんのようになって遊んでいました。祖母も、たくさんの孫や曾孫が来てくれて、喜んだことでしょう。
従兄弟の中では、私と妹が広島、もう一人が京都にいるほかは、みんな同じ町に住んでいます。従弟は亡くなった叔父の会社を継ぎ、公共事業も減って苦労も多いようだけど、ほかの親族とともにがんばっている様子。

Grandm_2 Grandfather_2 父の実家は、那岐山のふところに抱かれた奈義町
施設に入った伯母を見舞ったあと、別の伯母の家へ。(→写真は、右から祖母、祖父、曾祖父)。
 Stela_2 亡くなった伯父の家でも、伯母さん一人になり、集落のほとんどが老人一人か二人の家になってしまったようです。
初盆の法要も高齢者ばかりで、大人のなかでは私が最も年下。10歳の娘の若さ(幼さ)が場をなごませていました。伯父さんも見てくださったでしょうか。
久々に会った従兄弟はもう定年を迎えており、我が身のトシも感じさせられました。

さて、娘はといえば、たくさんの親戚といっぺんに会うのは、祖母の米寿のお祝いの時以来(保育園時代で、ほとんど記憶にないらしい)。とても楽しみにしていました。
また、我が家には仏壇がないので、提灯や仏壇や、お盆の法要じたいが珍しく、興味津々でした。とくに、住職に合わせて読経するのが珍しかったようで、お経を一冊もらっていけばよかった、などと話していました。
母方は浄土真宗で、父方は曹洞宗。宗派の違いがそこかしこに表れていて、それも興趣を誘ったようです。

母の実家に一泊、法事のあと美作三湯の一つ湯郷温泉に泊まってから、帰広。

帰ってみると、私もお世話になっているI先生のお母様が亡くなられたとのこと。
亡くなったのは、学会講演をされる日の朝で、I先生は午後からいつもと変わらない様子で聴衆をときに笑わせながら、立派に講演をこなされそうです。

役者の世界などでは、舞台のために親の死に目に会えないとか、親が亡くなっても舞台に立ったとかいった話は聞いたことがありますが、教員・学者には無縁の世界だと思っていました。でも、こんなこともあるのですね。
いつもギリギリにならないと準備が完了しない私などには、まずは物理的にもマネできないことではありますが、決して穴を開けない責任感と、自らの学問世界をどのような場合にあっても伝えていこうとする意志に、強く打たれました。

人の死と継承・仕事といったことを考えさせられているお盆です。

2007/08/07

夏休み??

Sky 夏季休業中のはずなのに、ぜんぜんまとまった時間がとれない。
先週も会議・会合が4つある日があったし、台風直後にオープンキャンパスはあったし、土曜日には前期末修了生3人の修論要旨発表会。さらに、毎週一度、終日の会議も待っている。
8月は出てこない、とかいう教員のウワサを聞くと、同じ学部だとは思えない。どうしてそんなことが可能なのか??

今日も雑多な仕事をこなしているうちに一日が終わってしまった。トホホである。
修論もようやく一本、読了。でもまだ大量のレポート採点が手つかず。報告できるようなアカデミックな内容はゼロ(^^;;)。(あ、でも、早速届けていただいた広島に文学館を!市民の会の大田洋子ブックレットを拾い読みして、蒙を啓かされた。)

そのあいまに学生とのやりとりもいくつか。
学生と会ったりメールしたりするのも研究発表会の相談といったことならばよいのだけど、自分の学籍に関わる重要事なのに人ごとみたいなメールをの~んびり寄越して、こちらが学内をバタバタ動き回ったりするのには閉口する。あまりに甘い判断と行動なので、今後の本人のためだと思って道理を尽くして説明し注意したのだけど(それも本人がこっちにいないのだからメールで。隔靴掻痒・・)、本当にわかったのかどうか。。

ところで、今日、大学で、「先生、昨日テレビに出てましたね」と声をかけられた。「桃の実」を見たときに広島ホームテレビが取材に来ていて、呼び止められて感想を話したのが、映っていたらしい。どんなだったのか・・。

2007/08/06

平和を祈る集い

86原爆忌。

今朝は、娘が通っている小学校の「平和を祈る集い」に行って来た。
広島市の小中学校は、昨年度から8月6日を登校日にするようになり、学校からのプリントで保護者の参加が呼びかけられたこと、そして、娘にも来てほしいと言われたため。娘が入っている音楽クラブが、今日の集いで生徒たちが歌う合唱の伴奏を担当したのだ。6月に昼休みにも練習をして、この日のための伴奏を録音しており(娘はグロッケン=鉄琴)、親に聞いてほしかったようだ。

行ってみると、ほとんど生徒の欠席はなかったようす。
保護者や地域のお年寄りも、50人ぐらい参加していた。私の後ろに坐っていたのは、子どもの通学を見守るボランティアのお年寄りたちで、今朝、平和公園で祈って戻ってきたところだと話しておられた。

今日は、子どもたちは7時45分~8時の間に登校。体育館のスクリーンには、平和祈念式典の中継が流されている。
8時10分ごろから開始。今日の集いの趣旨が説明され、テレビ中継の合図によって、8時15分に全員で黙祷。市長の平和宣言と子ども代表の誓いの言葉まで、式典の中継を見る。
それから校長のお話。
-小学校(当時、国民学校)の建物は、原爆投下でガラス窓はこなごなになったものの残っていたのだが、近所の出火が移り、夜に入って燃えてしまったこと。
-ほとんどの小学生は疎開していたのだが、家庭の事情で残っていて小学校で被爆した当時小6のお年寄りが先日訪ねてこられ、被爆当時のことを話していかれたこと。その話の紹介。
-6年生の各クラスが作った、平和の誓いのことばの紹介。
そして、6月半ばからずっと歌ってきたという、山本さとしさんの「ヒロシマの有る国で」の合唱。
最後に、「今日はお家の人と原爆や戦争・平和の話をしましょう」という言葉で、解散。
全部で1時間弱の集いだった。

集いの間、低学年も含めて意外にぐずっている子は少なかった。これで記憶の風化が防げるのか、体験が継承されていくのかはわからない。(娘に集いの感想を聞いてみたが、佐々木禎子さんのことの他は、式典で誓いのことばを読んだ小学生の話し方についての印象を言っていたくらい)。けれど、毎年8月6日に登校したことは子どもたちの身体に蓄積していくだろう。
体育館に学年ごとに固まって坐っている子どもたちを見ていて、私たちの頃は8.6の登校はなかったけれど、やはり体育館に集められて原爆の記録フィルムなどを観た小学生時代の記憶がよみがえってきた。

市長の平和宣言は、「日本国政府は、世界に誇るべき平和憲法をあるがままに遵守し、米国の時代遅れで誤った政策にははっきり「ノー」と言うべき」というあたり、昨年よりは踏み込んでいたと思う。
首相挨拶はニュースで一部を。コイズミのように棒読みではなかったけど、アベが憲法順守・非核三原則堅持なんて思っていないのは周知なわけで、選挙に負けてしおらしくしているだけ、白々しいことこのうえない。

夜は、昨夜の大田洋子の番組録画を家族で見る。
昨夜の放送時間には、娘とダンナは寝ており、私もイヤホンでこそこそ視聴していたので、再度。
娘は、中沢啓治さんの登場に、「この人がはだしのゲンを書いたん?!」といたく感動したようだった。記憶の継承に、表現は大きな力を果たしている。
また、娘はふろからあがって、寝る前に泣いていた。見たもの・聞いたものの何かを思い出したのかもしれない。

2007/08/05

大田洋子と戦後

ETV特集「“屍の街”からの叫び ~被爆作家 大田洋子と戦後~」(2007年8月5日22時~23時)

テレビに何人か存じあげている方が出て、話しているのを見るのは、なかなか不思議な感じがする。
被爆後の何としてでも書かねばという使命感、検閲、アメリカへの怒り、日本に受けいれられないことへの憤り、無力感、そして再び原爆に向き合おうとしたところでの突然の死、……という大田洋子の戦後を、丹念な取材で浮かび上がらせていた。

以前に、林芙美子と対比させながら大田洋子について語ったことがあるのだけれど、私は大田洋子が、ある時期に受けいれられなかったのはジェンダーの側面もあるのだと思う。大田洋子は、「人間襤褸」「半人間」と、あくまで原爆を「人間」の問題として描こうとした。ところが、享受する側はジェンダー化されており、女性作家の冷静な観察とストレートな怒りの表出を忌避した。(たとえれば、「生ましめんかな」の方が、受けいれやすかった)。
そうした見方でみると「屍の街」にも気になる箇所があるのだが、きちんと先行論を調べていないので何とも言えない。

ともかく、こうした報道や、広島に文学館を!市民の会のブックレット刊行(まだ入手していない。あわててお願いしたばかり)などを機に、再評価されるといい。
『大田洋子集』は数年前に復刻されたものの、若い人が読もうと思っても、なかなかテキスト自体が気軽に入手できない、最後に文庫が出たのが十年以上も前、という状態は正常ではないだろう。

4820579231 大田洋子集 (第1巻)
大田 洋子
日本図書センター  2001-11

by G-Tools
4061963287 屍の街 半人間
大田 洋子
講談社  1995-07

by G-Tools
B000J7X31C 草饐―評伝大田洋子 (1981年)
江刺 昭子
大月書店  1981-07

by G-Tools

「豊饒の海」創作ノート

Mishimakenkyu4 『豊饒の海』創作ノートは、かなりの部分が『決定版三島由紀夫全集14』に掲載されていたが、全集未掲載分の一部が、『三島由紀夫研究』(鼎書房)の最新・第4号(三島由紀夫の演劇)に掲載された。これから同誌に連載されるとのこと。

そのことはリニューアルなった三島由紀夫文学館HPの活動レポートに予告されていて楽しみにしていたのだけど、いよいよ掲載。年2回刊行の雑誌に連載だから息の長い話だけど、これから創作ノートの全貌が明らかになっていくはずで、タイでの取材もわかるだろうし、嬉しきこと限りなし。関係各位のご努力に感謝申し上げます。

今号に掲載されているのは、「大長編ノート」2冊と「円照寺取材メモ」。内容を見る限り、決定版全集に載せられない理由はないようなので、全集に未掲載なのはやはり分量調整のためだったのか。

まだ全部は読めていないけど、三島演劇についてのインタビューや論文も興味深い。
それにしても、『三島由紀夫研究』はなかなか安定して届かない。
某メルマガでは7月17日付で入手されたようなことが書いてあり、到着を待ちわびていたのだけど、生協で定期購読している私の手元に届いたのは一昨日(8月3日)。奥付によれば7月10日発行のようで、もう少し早く届くとよいなあと思う。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。