Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 岸田今日子さん | トップページ | 刺激 »

2006/12/22

ほっこり

Xmascard前任校の短大で教えていた学生に小説を見せてもらった。
私が最後にいた年に1年生で、その後2年間休学していて今年復学。卒業制作に書いた短編小説2つを送ってくれたのだ。
とてもビビッドで、若いからこそ書ける感覚。若いからこそのとんがったところ、多数派に与したくないという思いと、人とのつながりや大切に思うものへの愛おしみが描かれている。気負いなく自然体で、素敵だった。

  *   *   *

冬休み前、最後の授業のあとに、アメリカからきた研究生にクリスマス・プレゼントをもらった。中身はちょっとしたもので、手作りのカード(↑)が添えてあった。
教師にクリスマスプレゼントを渡すなんて慣習はおそらく日本にはなくて、大げさに言えば異文化に接した感じと、お祝いを分かち合おうという気持ちもうれしくて、そういえばもう長いことクリスマス・プレゼントなんてもらってなくて、思いがけないことでほっこりとした。
家に持って帰ったら、娘には手作りカードがとても面白かったみたい。こんなふうにして作ってある、、、としばらく熱心に眺めていた。工作大好き人間に火がついたか?!

  *   *   *

学校の論集(紀要)論文が刷り上がって渡された。
書いたのは夏でずいぶん前だけど、出来上がるとやはりちょっとは嬉しい。
もらったのは本誌だけで、抜刷ができるのは来週とのこと。このところ抜刷発送をサボっていたので、送らなきゃ。

« 岸田今日子さん | トップページ | 刺激 »

コメント

こっちでは学生がくれることがありますよ(カード)。

山中湖にあの日行って岸田さんにサインもらい損ねているのは私だけのようでorz。

私も紀要論文書きました。前の続きです。
(NAGI先生の、実家にでもお送りくださるとありがたいのですが)

お久しぶりです。

カードだけならあるかもしれませんね。
web上のグリーティングカードなど、私も受け取ったことがあります。
でも、本当に幸福そうにプレゼントが詰め合わされたけっこう大きな袋を渡されるという体験は、とても新鮮でした。(慌てて付け加えておきますけど、他の学生も寄こせ、と言いたいわけでは決してないのですよ)。ただ、異文化を肌で感じた次第。

その後、今年はなぜか久々にダンナからプレゼントを貰いました(^_^)

抜刷発送、年明けてしばらくになると思います。
ずっと出勤していて、年内にしなくてはならない仕事がまだあり、年越しの準備も全く手つかず状態。でも、いつかはお送りせねば。そのときには貰ってやってくださいませ。

クリスマス&誕生日カードは会話を教えている学生から何度かもらったことがあります。誕生月に大学からお金が振り込まれるとか試験週間のまえに「がんばりましょう会?」みたいなのがあってお菓子と飲み物をもらえるとかこれは日本ではないですね。

寄こせ(笑)。反語でしょうか(笑)。

抜刷お待ちしております。私も2月に帰国しましたら抜刷をばお送りを。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/13180069

この記事へのトラックバック一覧です: ほっこり:

« 岸田今日子さん | トップページ | 刺激 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。