Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 本格稼働! | トップページ | ケーキとお面 »

2006/12/10

このところ


10月2週目からずっと、土日の両方か片方かが学生の発表会や出張。平日の授業のない日も会議や入試関係で出校、という日々だった。来週はやや楽なはずだけど、12月末まではほぼそんな状態。

今日は、久々に日曜日に休めた。
娘のゆるぐにつきあったり、このところ週末や祝日になると雨だった天気が回復したので、ずっとほったらかしだった苺の苗を植えることができました! 春に収穫できるといいなあ。

ともかくこの間、色々なことが。精神状態が最悪で発熱した時期もあったけど、まあなんとか。
(外での出来事をダンナに話しているうちに、思いがけず激したこともあり、ダンナには、あんなふうに外でキレたらいいんじゃないか、、とからかわれたけど、それができれば苦労はしない。。)まあ、それらも、忘却の彼方に。
あきらめはこの女の最も多く経験している心的作用で、かれの精神はこの方角へなら、油をさした機関のように、滑かに働く習慣になっている。〔森鷗外「雁」〕
でも、根本的になんとかしなくてはならないこともあるので、ぼちぼちやらねば。いい人でばかりはいられないよな。。


芝居や映画もほとんど見ていないので、簡単に。

Steppingout1ステッピング・アウト」(11月28日18時30分~。郵便貯金ホール)
前田美波里って何歳だ? あの体型を維持するのは並大抵ではないだろうなあ。。
ストーリー自体は、さまざまな人生を背負っている女性たちがダンスによって前向きに生きていくさまを描く、ミュージカルの本道ともいえる作品。
娘もたいへん気に入った様子だった。

プラダを着た悪魔
娘とダンナが似島に一泊キャンプに行った土曜(私は勤務先の大学院研究発表会)の夜、帰りに映画館へ。気楽に楽しめた。
メリル・ストリープの鬼上司ぶりが強烈。アメリカの上司って、あそこまで私用で部下を使っていいのか??
アン・ハサウエイも「ブロークバック・マウンテン」のいかにもアメリカンな女の子とはまったく違った役柄で、2度の変身ぶりがお見事。最後は、女同士の連帯みたいのにほろりとさせられた。

ただ、私には、あんなピンヒール履かなきゃいけない職場なんて耐えられない!
駅の階段を、手すりを持ちヒザを曲げながらかっつんかっつん降りてくハイヒールの女の子を見ると、気の毒でしょうがないもの。 

« 本格稼働! | トップページ | ケーキとお面 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/13012593

この記事へのトラックバック一覧です: このところ:

« 本格稼働! | トップページ | ケーキとお面 »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。