Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 案内:第33回広島近代文学研究会 | トップページ | 新パソコン »

2006/09/21

「結婚できない男」

結婚できない男」(フジテレビ)、終わっちゃいましたねー。
例によって録画組なので、感想が遅いですけど。
今期のドラマの中では、いちばん良かったですね。社会現象にもなっちゃったし、脚本も演出も役者陣も、完成度が高かった。

最終回がグダグダになるドラマが多いのに、最後までしっかり、というか、最終回がこんなにきれいに納まるなんて!
初回からの設定をきれいに使い切った感じ。

とにかく象徴の使い方がうまい。
人そのものを表す「家」(あんなに自分の家に他人をいれたがらない信介を見続けていたからこその最終回!)。信介の内面を示す「音楽」(最初のころの激しいものから、最後は穏やかなものへ、きれいに変化)。信介と夏美がそれぞれ渡っていた人生という橋(平行してかかる橋をそれぞれが渡っていたのが、最終回は一緒に)。

最初の頃は、偏屈な信介の性格を、「あー、あるある。○○さん(先輩や知り合いの名前を代入)にそっくりー!」とみていたぐらい、とてもリアル。こんなはた迷惑だけど愛すべき?変人としての信介を、猫背で顔の表情も巧みに演じていた阿部寛!(油断すると、ときどき好男子・阿部ちゃんの地顔がかいま見えたり・・)。
夏川結衣はじめ主要人物はもちろんよかった。ヘタな役者がいないドラマは、本当に安心して見ていられる。コンビニ店員やレンタル屋の店員にいたるまで、お見事でした。でも、MVPは犬のケンちゃんかも。

説明しすぎないのもよかった。セリフが秀逸、映像や表情でちゃんと伝わってきた。
最終回で、みちるが切れるシーンなども、ありがちのドラマなら、「私と二人きりのときには会話がなかったのに、夏美さんと一緒だと・・・」みたいな心情説明が入るところ。きちんと配置されたプロット(般若心経がわからないということで、年齢差による不釣り合いの自覚を呈示しておいたり)や表情で、ダメ押しの説明をしなくても伝わるのだ。そうした抑えた感じがいいし、逆に、セリフや表情にこめられた意味をくみ取る楽しさがあった。

ともかく週一度、楽しませてもらったドラマが終わり、夏の終わりをしみじみ感じます。

結婚できない男 DVD-BOX 結婚できない男 DVD-BOX
阿部寛 夏川結衣 国仲涼子

by G-Tools

« 案内:第33回広島近代文学研究会 | トップページ | 新パソコン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/11987755

この記事へのトラックバック一覧です: 「結婚できない男」:

« 案内:第33回広島近代文学研究会 | トップページ | 新パソコン »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。