Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 「ゆれる」 | トップページ | 案内:第33回広島近代文学研究会 »

2006/09/06

十八代目中村勘三郎襲名披露「義経千本桜」

Chirashi_l ・2006年9月6日 夜の部
・呉市文化ホール
・「義経千本桜」木の実、小金吾討死、すし屋
・いがみの権太(勘九郎改め 中村勘三郎)、主馬小金吾(中村勘太郎 変更→中村七之助)、お里(中村七之助)、若葉の内侍(坂東新悟)、猪熊大之進(片岡亀蔵)、梶原景時(片岡市蔵)、弥左衛門(坂東弥十郎)、弥助実は三位中将維盛(中村扇雀)
松竹公式ページ

久々に歌舞伎を見るため、呉に行ってきました。
急いで行ったものの、最初の「口上」には間に合わず、残念。

勘三郎さんは、赤っ面系がよく合う。
ただ、本公演では七之助が目立っていた。勘太郎がケガ療養中で休演のため、小金吾とお里の二役をこなし、ほぼ出ずっぱり。連日昼夜公演をこなし、毎日移動の地方公演は大変だろう。若いからできること。
七之助をナマで見るのは初めてなのだけど、細面だしキャピキャピした娘役が合っていた。女形でまた見たい。

さて、娘は初の歌舞伎鑑賞。
いちおう車の中で簡単なあらすじは話しておいたし、イヤホンガイドも与えたのだけど、どこまでわかっていたのかは疑問。幕間で、「義経なんとか、という題なのに、なんで義経が出てこんの?」と尋ねられた。ホントにね。

でもまあ、歌舞伎がどんなものかはわかったようす。幕開きの茶屋の場面で子役が出てくると、「あっ、子ども」と思わずつぶやき、帰宅後は、高くて妙に間延びした子役のセリフ回しのマネをしていた。それなりに面白かったのかな。

« 「ゆれる」 | トップページ | 案内:第33回広島近代文学研究会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/11797370

この記事へのトラックバック一覧です: 十八代目中村勘三郎襲名披露「義経千本桜」:

« 「ゆれる」 | トップページ | 案内:第33回広島近代文学研究会 »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。