Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 「かもめ食堂」 | トップページ | こまつ座「紙屋町さくらホテル」 »

2006/08/05

暑い2

今日は岐阜で気温が38度を超したそうだけど、広島も8月に入って連日34度以上の猛暑が続いている。

そんななか今週もまじめに仕事してました。月曜は大学院のオープンキャンパス、火曜はAO入試業務、水曜は障害学生支援関係の会合、木曜は学部のオープンキャンパス(会場への誘導係と個別相談)、で、昨日・金曜は会議が3つ。私などは最末端で形而下的なことをこなしているだけなのだけど、学校というところ、以前に比べれば仕事量は格段に増えているもよう。

あいまにレポートをボチボチ読み始めたのだけど、他の仕事が入って再度レポート読みに戻ると採点基準の感覚がわからなくなってしまい、採点済みの分を読み返したりして、結局、来週、終日時間がとれるときに一気に読むことに。できるかぎり公正に採点したいから。
いちおう夏季休業中なのだし、早く自分のための読書と書き物を落ち着いてやれる時間をとりたいものですなあ。来週中には何とか。

それにしても、こう連日暑いと、娘を見てもらうために父親に来てもらうのが申しわけない。
ふだんは全くエアコンを入れないわが家だけど(扇風機すら出していない(^_^;)、娘に、「おじいちゃんがきたら、窓を閉めてクーラーを入れてね」と言って出かけるのだが、帰宅してみると、やはり窓全開。

そもそもエアコンの効きも悪いのだ。前の家にサービスでつけてもらったもので、もう13年になるし、何回かクリーニングはしてもらったけど効果なしだし、そろそろ替え時か?ということで、購入決定。ダンナが買いに行き、今日は私が家にいて取り付けでした。
2時間ぐらいかけて取付工事をしてもらい、試しにつけてみると、いやあ快適。パワーはあるし、自分でクリーニングしてくれるし。
(でも、もったいないので、すぐ消しちゃいました)。
これで、父に来てもらっても大丈夫だ。

さて、先日、見た「かもめ食堂」の原作本を、本当にダンナが買ってきたので、私も読了。

4344010973 かもめ食堂
群 ようこ
幻冬舎  2006-01

by G-Tools

ここのところ授業でも映画と小説の比較を扱っているのだけど、この作品は、映像と小説ともにそれぞれの特質が表現されている。
小説では、映画に描かれていなかった、サチエがフィンランドへ渡るバックグラウンドが丁寧に書かれていた。映画を見ながら、店を出す資金はどうしたんだ??と疑問だったけど、読みながら、今どきそんな手を使っていいのか?と思わされましたが、まあ、こういうテイストの作品だから許されるのでしょう。そして、 群ようこらしい、語りのほのぼのとした味わいがいい。ただし、結末が少々そっけなかったかな。

対して、映画は、そうした情報はいさぎよく切り捨てて、北欧の映像美と、小林聡美らのキャラクターのかもしだすユニークな世界観を生かして作られていた。
映画のために書かれた小説ということで、流行りのメディアミックスではあるものの、作られたあざとさは感じられず、こういった小説の書き方もアリなのかなと思わされました。

それにしても、この暑さ。涼しい北欧にいるサチエさんたちがうらやましい。

« 「かもめ食堂」 | トップページ | こまつ座「紙屋町さくらホテル」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/11292549

この記事へのトラックバック一覧です: 暑い2:

« 「かもめ食堂」 | トップページ | こまつ座「紙屋町さくらホテル」 »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。