Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 桜桃忌 | トップページ | 子どもの時間 »

2006/06/25

ゆかたまつり

今日は勤務先の夏祭。
で、私は教務委員ということで、学部代表として「巡回指導」(見回り)のため、ただいま学校に出てきております。事務職員の方と二人一組で、トラブルがないか、清潔に調理しているか、けが人・病人がいないか、見て回る。
朝10時に集合。さきほど私の見回り当番は終わったので、あとは研究室待機で、夜8時に終了の花火が打ち上がったら帰ってよいのだそう。

朝起きたときには、この雨だから絶対中止だと思った。雨天中止のときは朝7時半に連絡が入るはずなのに音沙汰ないし、電車の時間も迫ってきたので、こちらから確認の電話を入れると、決行とのこと。朝の打ち合わせ会でも、教員からは疑問の声多数だったけど、主催者はあくまでも学生さんたち。若さというか、ほんと元気だ。
見回ったかぎりではそこそこの人出に見えたけど、事務の方の話だと、昨年に比べるとずいぶん客の入りが少ないとこと。梅雨時期だから仕方ないとはいえ、せっかく準備してきたのに、少々気の毒。

このお祭りはカップルで行くものだ、と、(もう卒業しちゃった)学生に聞いていたので、どんなムーディーな催しか、とひそかに期待してたのだけど、野外ステージがあって、屋台が出てて、屋内展示があって、近所のお子たちも来ている、ごく普通のイベントでありました。それとも夜になると雰囲気が変わるのか!?
ただ、浴衣や甚兵衛を着てくると屋台でサービスがあるとかで、1/4ぐらいは着ていたかな。(あとでうちの娘も浴衣で来る予定)。

それにしても、昨日は、4年生の題目発表会。来週は、土曜日が大学院の研究発表会で、日曜日が教室のスポーツ大会・・・と、2週続けて土日の休みがない。
教育上の効果があり行事じたいは喜ばしいことなのだが、ダンナとの間の育児・家事の借時間が膨らみ続けていくのが、個人的には苦しいところ。6月は第一週から、院生発表会・ビョン監督イベント・3年生研究発表会、そして今週・・と、ずっと土日に家を空けている。せっかく春休みに苦労して借金ならぬ借時間を返済したのに、またまたマイナスが雪だるま式にふくらみつづけ。棒引きの徳政令でも出したいところだが、お代官様からは「ちゃんと返せよ」とクギをさされており、トホホである。
7月末の前期授業終了まで、あと一ト月少々。とにかくがんばりませう。

しかし、この雨でも花火は打ち上げられるのだろうか。花火が上がらなければ、このままずっと待機・・?! まさかね。

« 桜桃忌 | トップページ | 子どもの時間 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/10670260

この記事へのトラックバック一覧です: ゆかたまつり:

« 桜桃忌 | トップページ | 子どもの時間 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。