Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/29

劇団四季「鹿鳴館」

・作:三島由紀夫
・演出:浅利慶太
・日下武史(影山悠敏伯爵)、 野村玲子(朝子)、末次美沙緒(大徳寺侯爵夫人 季子)、岡本結花(顕子)、広瀬明雄(清原永之輔) 、田邊真也(久雄)、田代隆秀(飛田天骨)、中野今日子(草乃)
・~2006年6月10日まで、自由劇場。その後、名古屋公演アリ。
公式サイト

四季のストレートプレイを見るのは2回目でありまする。
生前の三島と親交のあった浅利慶太演出による「鹿鳴館」。
今回の四季の舞台は、従来、杉村春子や水谷八重子といったスター女優のための芝居だった「鹿鳴館」を、三島のセリフを聞かせることに重点をおいて作られたらしい。それだけに、さすがに個々のセリフは聞き取りやすかった。三島の書いた演劇作品は基本的にセリフ劇であり、セリフを観客にキチンと届けるということは何よりも重要なことだ。

だが。
ある種の三島戯曲は、上演する必要がないのではないか?極端な話、戯曲を読むか、CDで聞けばよいのではないか?舞台を見ながら、そんな感想を持ってしまった。舞台芸術である限り、何らかの視覚的な喜びや驚きがほしい。要は劇的ではなかったということだ。
三島戯曲自体のはらむ問題なのか-「サド侯爵夫人」ですら、そんな感想をもつことがある。だが、「近代能楽集」の舞台は総じて面白いのだから-、それとも演出の問題なのか。
ともかく、このたびの「鹿鳴館」。観るヨロコビがあまり満足させられないまま、幕が閉じてしまったのが残念。

もちろんセットはなかなかに豪華。大輪の菊や離れの壁画は美しいし、鹿鳴館の大階段やシャンデリアも重厚だった。
だが、舞台の動きが問題。私が最も納得がいかなかったのは、第二幕(三島戯曲の第三・四幕)の鹿鳴館の夜会での舞踏シーンが全くなかったこと。

舞踏会が始まると着飾った貴顕淑女たちが踊る。その後、影山が仕組んだ騒擾を経て、ラストシーンでは踊りの輪の中に影山・朝子も入って踊る、と、ト書きでもはっきりと指示されている。
ところが、生身の役者によって踊られることは全くなく、舞踏シーンはすべて、背景に幻燈のような子供だましの影絵が映されることで処理されるのだ。これはひどい。

この芝居の要諦は、互いの関係の欺瞞性に気付いた夫婦による、そして朝子が影山との別れを決意したことによる、夫婦としての最後のダンスにあるだろう。
虚飾に満ちた夫婦関係を決算するための、最初で最後のダンス。その最中に、朝子がこれから共に生きようと願った清原の暗殺を暗示する銃声が響き、影山はそれを花火の音だとごまかす。観客は、息子と愛人を亡くした朝子の今後の寂寥を、銃声と花火の二重写しに予感せざるをえないのだが、それが鹿鳴館の一見華やかなダンスに対照されるところが、作品の妙なのだ。
にもかかわらず、ミュージカルを得意とする劇団四季の「鹿鳴館」公演で、役者による舞踏会シーンがないとは!  自由劇場というストレードプレイ用の小さな劇場だった制約はあるにせよ、ここはやはり、華麗なステップで観客を魅了してほしかった。ただ影山と朝子が舞台中央に立って対峙するのでは、動きがなく、重すぎる。

他にも、全体に華やかさ・軽やかさに欠けていた。
三島演劇だからと、格調高くしすぎたのではないか。

例えば衣裳。例の「サド侯爵夫人」みたくぶっとばなくてもよいが、もう少し、華やぎや遊び心があってもよい。
森英恵の衣裳は、上質なものであることはよーくわかるのだが、上品すぎて地味。他の登場人物たちがほめちぎるほど、朝子がオーラを発する特別な女性に見えてこないのが、つらい。いくら看板女優芝居を目指さなかったとはいえ、照明も、もっともっときれいに、彼女が光るように、当てることができたのではないか。

また、売りであったはずのセリフの朗誦についても、不満がある。
テンポが遅すぎるのも気になったのだが、役者によってセリフのトーンが違いすぎて、全体の統一がとれていなかった。
中で、スピードや感情の乗り具合など最もよかったのは、野村玲子の朝子。だが、他の役者陣が、そのトーンとかみ合わず、アンサンブルの悪さが気になった。

・・とここまで、辛口に書いてきたが、よかったのは、影山の懐刀でアウトサイダーな飛田と、朝子の腹心でありながら影山に籠絡されて裏切る草乃。
『豊饒の海』の蓼科もそうだが、三島はこういった一癖ある人物を作らせると、実にうまい。役者にとっても、美味しい役所だ。

また、2回目のカーテンコールで、三島の若き日の(ちょうど「鹿鳴館」を書いていた時期の書斎での)写真が吊り下げられていたのを見て、さすがに後の「喜びの琴」事件などの四季と三島との関わりを想起させられて、感慨深かった。

色々不満も書いたけど、ともかく膨大なセリフによって組み立てられた三島の詩的な演劇世界を、確実に伝えていた。劇団四季によって、三島の代表戯曲が上演されたことは、やはり意義のあることだった、と思いたい。

2006/05/28

帰宅

学会と調べものの旅から帰着。

三島の発表は、聴きながら逆に、自分自身の『仮面の告白』に関するイメージが明確になっていった感じ。

シンポは、映画「ホテル・ルワンダ」を見たときと同様、「己の無知を知れ」とつくづく自分自身に向かって言いたくなった。知らないことや読んでいない文献が多すぎる。「無知であることの権力性」を行使しないようにせねば。だが、知らないことに萎縮して失語状態になっても駄目なのだよな。

ともかく、見た芝居も含めて(ていうか、今回はそれがメイン?)、刺激をもらって帰ってきました。次回は、10月28~29日に、於・九大。
それにしても、東京は人多すぎ。雨の渋谷ハチ公口は、傘で埋まって前へ全く進めない・・。

2006/05/21

案内:ビョン・ヨンジュ監督イベント

映画!はおもしろい-ビョン監督が語る・ビョン監督と語る

日時:2006年6月11日(日)13:00~15:45
場所:WEプラザ(広島市女性教育センター:広島市中区大手町)
参加費:1,000円
(サロンシネマ鑑賞割引券のプレゼント付き)
主催:ひろしま女性学研究所

1  ビョン・ヨンジュ監督講演
      「ドキュメンタリー映画から劇映画へ」
      (通訳 田端かやさん)

2  休憩-チャンゴ演奏  by ざ・HOUKAN

3  シンポジウム「つくる・みせる・みる」
      ・ビョン・ヨンジュさん(映画監督)
      ・蔵本順子さん(サロンシネマ主宰)
      ・袁葉さん(大学講師・映画エッセイスト)

---

ナヌムの家」で著名なビョン・ヨンジュ監督をお招きしてのイベント。
当日は、私もシンポジウムのコーディネーターとして参加します。ドキドキ。・・と言っても、本当の黒幕?は高雄さんで、私は頼まれ司会者でございまする。

ビョン監督の最新作「僕らのバレエ教室」は、6月10日(土)~16日(金)の毎日、16時10分から、 サロンシネマにて上映。(韓流シネマフェスティバル2006)
10日(土)と11日(日)には、ビョン監督の舞台挨拶あり。この2日間は全席指定で、指定券は、5月27日(土)朝10時より、サロンシネマ窓口で販売だそう。

そういうわけで、6月11日(日)は、WEプラザでビョン監督イベントに参加し(1時~3時45分)、終わったらその足でサロンシネマに行って、4時10分からの「僕らのバレエ教室」を見よう!・・・という、絶妙の時間設定(司会としては、絶対に終了時間に終わらせなきゃいけないプレッシャー大)でありますよ。ぜひどうぞ。

2006/05/12

案内:第32回広島近代文学研究会

・日時:2006年5月13日(土) 14時~17時
・場所:広島県立大学 広島キャンパス 1棟2階会議室(1212室)     

・研究発表
(1)夏目漱石「満韓ところどころ」試論
   広島大学大学院文学研究科院生  二宮智之氏
(2)三島由紀夫『潮騒』論
   広島女学院大学非常勤講師     九内悠水子氏

・会のあと、「一張羅」にて懇親会

2006/05/07

19歳と11カ月

母から電話があって、実家の猫が死んだと知らされた。
できるだけのことをしてやったから悔いはないけれども、20歳になる来月まで生かしてやれなかったことだけが心残りだと母は言い、本当によく面倒をみたし幸せな猫生だったよと母を慰めながら私も少し泣いた。

3日前に実家に行ったときには、痩せ細ってはいたけどまだ元気で、娘や私にもすり寄って鳴き、手を舐めてくれた。あれが最後の挨拶だったのか。翌日ぐらいから食べなくなり動かなくなり、でも連休で病院は開いてなくて、昨日の朝、病院に連れて行ったときには、もう点滴もできないから家で温かくして看取ってやって、と言われ、そうして昨夜、静かに逝ったそうだ。
その日が来るのはそう遠くはないだろうと予感してはいたけれど、やはり直面すると。
でも、人間でいえば100歳ぐらい。こんなに長生きして、ずっと健康で、最後の数年は年相応に病気もしたけど、ストレスもなく、自然の中をかけまわり、みんなから可愛がられて、本当に大往生だったね。

なんだかあまりに思い出が多くて。20年前の7月に妹がもらって帰ってきて、院生だった私は、夜中によくあの子を膝に抱いて勉強していた。膝にかかる重み、ぬくもり、手触り。
クリントン家のソックス君にそっくりだった。
雀をくわえて戻って驚かされたり、一晩戻って来ないので心配していたら近所のガレージや温室の中に入り込んだまま閉じ込められて、救出に向かったり。
娘や甥っこ・姪っこが生れてからは、いい遊び相手になってくれていた。

今朝、父が裏山にいけてやったという。大好きだった家と父母の暮らしを見守りながら、今頃はあの世で再び敏捷な身体を取り戻して、駆け回り飛び回っていることだろう。

ただ、父母がガックリこないかと心配だ。
また、とっても可愛がっていた娘にも、時期をみて告げなくてはならない。
実家に行っても、もう姿を見せることはないのだと思うと切ないなあ。今夜は、昔のアルバムを出して偲ぼう。
なっちゃん、さようなら。また逢おうね。

Cat2_1

2006/05/04

山歩きと土星

Hiroshima

連休まっさかり、皆さま、いかがお過ごしですか?

私は、連日の里山歩き。日頃の運動不足解消に、ここぞとばかり、歩き回っています。
30日は、東区の三本木山(486m)。
3日は、西区の三滝少年自然の家(123m)~高峠山(237m)~宗箇山(356m)~三滝寺(75m)~少年自然の家。
本日4日は、昨日とは逆ルートで、三滝寺~宗箇山~別ルートで三滝寺。
毎回2~3時間だけど、新緑の中、鶯の声を聞きつつの山歩きは、気持ちいい。わらびも採れて、玉子とじや山菜スパゲティなどにしました。

昨日3日の山登りは、広島市三滝少年自然の家の主催事業「三滝自然観察隊」に参加してのもの。ダンナは仕事が入っていたので、娘と二人で申し込んだのだけど、50人の募集に127人の応募があったとかで、相変わらず、くじ運の良さを発揮。

Sokozantop ボランティアの大学生に引率されて山登りに出発。
娘は、小6の男の子と二人、先頭を行き、ボランティアのお姉さんたちとも親しげに話しかけている。まったく誰に似たのだか・・。
宗箇山山頂も含めて、途中何カ所か見晴らしのよいところがあり、市内や広島湾が一望に。黄砂もなく快晴で、四国もうっすら望めるほど。

自然の家に戻ると、火起こしや焚き火、竹馬などの遊びの時間。夕食のお弁当には、温かい熊笹茶がふるまわれて、夜を待つ。

夕方からは、広島市子ども文化科学館のプラネタリウムの職員の方が来られて、天文のレクチャーを受け、その後、いよいよ天体望遠鏡で天体観測。
昨夜は快晴で三日月で、天体観測にはもってこい。月のクレーターがはっきりと見える。木星とガリレオ衛星。
本日のメイン・土星も、ちっちゃくてかわいいながら、ちゃんと輪っかが見える。娘は、昨年、野外活動センターで土星を見たことがあるのだけど、私は初めてで本当に感激!  何度も望遠鏡の列に並び直して見ちゃいました。
ほかにも、春の三角形や大湾曲、教えていただいた星座や一等星を確認。
夜空を見上げ、惑星や星を見て、宇宙の神秘を感じましたよ。
(当然写真はございません。⇒日本惑星協会ぐんま天文台へリンク!)

Bamboo_shoot 8時に解散したあと、 実家にお泊まり。
で、今日はダンナと合流して、前述のように逆ルートでの登山。さすがに二日続けての山歩きで、少々足が痛いものの、気持ちいい。

このあとは、7日に職場の研究室の新歓遠足+総会なのだけど、週間予報では雨らしい。雨の場合には、学校で総会のみ。連休前に行事予定や予算案などの資料は作成済み。しかし遠足が中止というのも冴えないなあ。どうなることやら・・。

それでは、残りの連休が実りありますように!

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。