Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 三寒四温 | トップページ | エルミタージュ展 »

2006/03/31

年度末

いよいよ今年度も今日でおしまい。
来週からの新年度に備えて、今日は年休をとっておりました。でも、なかなか書けず。買ったまま積んでいた本を少し消化。

Bcake実は誕生日だったりもしますが、この歳になると、めでたくもなし、もうどうでもよい気分。数日前の娘のバースデイに実家の親を招いていたのに差し障りができて今日に延期したものの、私の誕生日というのは形式上、実質は娘のお祝い(ケーキのローソクを吹き消したのも娘)。〔ケーキに花火をつけてみました↑〕。

Sausage 娘が作ったスパイシー・ソーセージがメイン。図書館で借りた「ひとりでできるもん」の料理本に載っていて、先日作ってみておいしかったので、今日も登場。返却してしまったので記憶に頼りながら作ったのが、じじばばに褒められて、得意気。〔←これは先日の写真〕
早く料理が作れるようになるといいなあ。両親が仕事から帰ったら夕飯ができている、というのが夢ですね。

さて、年度末、ということは、娘の学童保育は今日で終わり。広島市では、学童保育に通えるのは小学3年生まで。今日は最後の日だったと、ちょっぴり淋しそうに帰ってきました。
これで、育休明けの1歳と4日で保育園に通い始めてからの、長ーい「保育」生活ともお別れ。本当に本当に、親子ともどもお世話になりました。大事なことはみーんな保育園(&学童保育)に教わった、って感じです。先生方には大感謝。どうもありがとうございました。

で、4月。週明けから、どうしよう・・・。オリエンテーションが始まって、怒濤の忙しさになるので、学童保育に預けられないのは、ホント途方にくれちゃう。
娘の始業式は6日で、その日は9時40分に帰宅(T_T)。給食開始が11日からで、それまでは午前中で帰宅。子どもを狙ったいたましい事件は頻発しているし、一人にしておくわけにもいかず、親に頼ることに。娘の春休み期間は、早朝、実家に連れて行き、仕事が終わるとピックアップして帰る。小学校が始まったら、帰宅時間に迎えに来てもらい、仕事帰りに連れて帰る。
(もうこうなったら、電車+バス通勤をやめて、車で通勤の方がいいのかな。その方が時間は確実に短くなるのだけど、運転は疲れるし、本を読めないのもイタイ。)

給食が始まってからも、ミニバスケの練習で遅くなる日はともかく、残りの日をどうするか。とりあえず、週に1日、ダンナも私も遅くなる日は、実家の父に来てもらうことにした。
新年度の生活を模索しつつ、年度末の一日が終わる。

« 三寒四温 | トップページ | エルミタージュ展 »

コメント

こんにちは。
4月になっちまいましたね。。。

さてそんな折から、私もブログなるもの始めてみました。いまは「常磐線問題」で連載中ですが、今日は体調悪くって…。

ブンガク・オンガク・ケンケンガクガクをテーマにやろうと思ってます。ミシマネタもいずれ書きます。

キンキンさん、いらっしゃい。ブログを始められたのですね。無理をなさらず、続けてくださいませ。
音楽の記事も楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/9365391

この記事へのトラックバック一覧です: 年度末:

« 三寒四温 | トップページ | エルミタージュ展 »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。