Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 上下町へ-岡田美知代を訪ねて | トップページ | 最近の三島つれづれ »

2006/03/18

モジラ系への平行移動

自宅パソコンのメーラーとブラウザを、MozillaThunderbirdFirefoxに完全移行。素敵に軽い!  サクサク動いております。
月曜日に学校のパソコンの方にも入れる予定。
これで、10年近く前、ワープロ専用機併用でパソコンを導入したときに、前の勤務校の情報の先生がインストールしてくれて以来、今どきまだネスケ?と言われ続けても、紆余曲折あり ながら使ってきたNetscapeに完全にオサラバでありまする。

耐用年限が過ぎていることはだいぶ前から感じ続けていて、いろんなメーラーを試してみて、結局、使い勝手とデータや設定などの蓄積がそのまま生かせること(同じモジラ系だから当然だけど)が決め手で、サンダーバードに。
極めて快調であります!

ブラウザの方は、メインではずっとOperaを使っているのだけど、オペラでは、ココログの記事作成のリッチテキストが使えないため、ブログ作成やウエップメールにはネスケを使っていた。今度は、その部分をファイアフォックスが担うことに。
オペラをメインブラウザにしているのは、とても軽いことと、マウスジェスチャーがあまりに便利なため。マウス操作だけで、前のページに戻ったり、次のページに進んだり、新しいタブを開いたり閉じたり、ページの拡大・縮小までできるのだ。また、タブの順番の入れ換えができるのと、RSSリーダーも優秀なので、もう少しオペラをメインで使いそう。

オペラもネットスケープやファイアフォックスなどのモジラ系も、新しいページを開くときに、一つのウィンドウ内で見ることができる。IEのように、新しいウインドウが次々と開くのではなく、一つのウィンドウのなかの、タブを切り替えることで新しいページを見ることができるのだ。
このタブ式の便利さに慣れたら、IEは、オペラでもネスケやモジラでもうまく表示されない時ぐらいしか使わないなあ。(IE7ではタブ式になるとかいう話を聞いたこともありますが)。

IEやOE、OUTLOOKしか知らないし使ったことがない、という方がけっこう多いのだけど、メジャー製品はウィルスにも狙われやすいし、感染予防も兼ねて、一度お試しあれ。便利でっせ。

耐用年限といえば、OASYS(ワープロソフトの)も、2002以来、新しいバージョンが出ていない。ついに・・、私もさすがに、昨年ぐらいから論文や文章の提出にはWordを使うようになった。
OASYSは、これまでの文書の蓄積があるので、たとえパソコンを買い換えてもソフトは入れ続けるだろうし、使い慣れているのと、罫線の引き勝手の良さや縦書き文書作成の優秀さ(半角数字)など、使い続けたい気持ちはあるのだけど、いかんせん全くバージョンアップなされないのでは・・。もちろん不必要な機能が付加されて重くなるばかりのバージョンアップはお断りだけど、基本が全角半角の世界なためにルビが2文字単位でしか入らないのと、自動作注機能がないのが、論文書きには致命的だ。何度かメーカーに要望メールを送ったこともあるけど、もう諦めました。

耐用年限が過ぎたものは、新しいものにとって変わられる。淋しいけれど、これは仕方のないこと。とは思いつつ、でも、淋しいよね。

あ、親指シフトはまだまだしぶとく使い続けますよ。これだけは絶対に譲れない。新たに使い始められる方々もおられるようですしね。
ローマ字入力に疑問や限界を覚えている方、大量に文章を打つ方は、ぜひ試してみてくださいませ。快適です!

« 上下町へ-岡田美知代を訪ねて | トップページ | 最近の三島つれづれ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/9146719

この記事へのトラックバック一覧です: モジラ系への平行移動:

» Re: モジラ系への平行移動(@NAGIの小箱) [親指シフトウォッチ]
パソコンの技術が進歩して使うものは変わっても、引き続き使い続けるものがあります。 [続きを読む]

« 上下町へ-岡田美知代を訪ねて | トップページ | 最近の三島つれづれ »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。