Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 卒業 | トップページ | 三寒四温 »

2006/03/26

春の一日

bday3娘の誕生パーティを開く。本当の誕生日より数日早いけど、集まりやすい日曜日に。娘は誕生日に友だちを呼ぶのは初めてのことで、だいぶ前から興奮状態。

昨日から二日がかりで、一家総出で(3人しかいないけど)ゴミ箱状態の家を、人が入れるように?掃除する。昨年暮れに大掃除できなかったので(私のせいであります。反省)、ちょうどいいと言えばちょうどいい。
ただ、今回の掃除の重点は娘の部屋とリビングなど公共空間。で、リビングにたまりにたまって積み重ねていた本やら雑誌やら未整理の切り抜きやら手紙類やらを、自分の部屋に引き揚げたため、現在、私の机の上はガチャガチャ。早く整理しなくちゃ、書き物ひとつできないのたが、今日は掃除にかける精力を限界まで使い果たして気力がわかず、ガチャガチャのまま届いた本など読んでいる始末で、トホホな状態である。まあ、坂口安吾の部屋だと思うことにしよう。

さて、誕生会の方だが、娘は、最初は女の子2人・男の子2人(兄弟)を招く予定だったらしいのだが、女の子が2人増えて、娘を入れて子どもが7人。
bday2いやもう、そのにぎやかなこと。(ここ、文珍さんの落語の語り風に。鳴り物もほしいところ)。
一番受けていたのは、一列に並んでクラッカーを鳴らすこと。やっぱり気持ちいいのだろう。

また、子どもたちに餃子を包ませたり(焼くのは私)、ダンナと一緒に野菜や果物をピックに刺してツリー型に作らせたり、参加型にしてみたのだけど、みんななかなか餃子作りなどもうまくて、家事もやっているんだなと感心する。
bday まあそれにしても、子どもは、ベランダをかけ回っていたかと思うと、突然、外で敷物も敷かずにボードゲームをおっ始めたり、突拍子もない。
性格も色々だし、個性があって面白い。(たまごっちを6個も持ってきた子もいる。一人でそんなに育ててどうするんだ!  突然、「あ、今、たまごっちがウンチした」などとつぶやくのだ)。

保育園の頃からの娘の友人たちには、久々に会って成長ぶりが楽しい。初めて会う子たちも、いい感じ。
しかし、うちの娘は、きわだって子どもだ。よそのお子たちはシッカリしてるよ。3月末の生まれ、というだけではなさそうだ。女の子として育てないと、中性、というか男の子っぽくなってしまうんだろうな。

また、プレゼントは持って来ないでね、ということにしていたのだけど、持って来た子たちもいて、親御さんに気を遣わせたなあ。。難しいところ。
ともかく終わったあと、ダンナと、我々にしてはよくやった、と自画自賛する。しかし、疲れた(ほとんど掃除疲れ)。慣れぬことをするものではない。が、家もきれいになってよかった、よかった。

★  ★  ★

午後遅く、新幹線口へ旅立つ人の見送りに行く。
一年間、お疲れさま!  今後の活躍を祈っています。

★  ★    ★

夜、3人で、PARCO歌舞伎「決闘!  高田馬場」の生中継(を録画したもの)を見る。
あいかわらずの染五郎さんの色気!

(WOWOWの15日間無料お試しを利用して録画したものだ。3月下旬はNODA MAPもあったし(「走れメルス」があまりに懐かしかった・・)、ステージをこんなに見せてくれるのは魅力的だよな。ただ、なかなか見る時間がとれないのだよね。有料で続けるかどうか、もうちょっと悩むことにします。)

見た、とは言っても、娘の寝る時間があるため、半分ぐらいで今日はおしまい。残りはまた今度。
娘はすっかり歌舞伎に惹かれたようで、「ナマで見たかった!」とナマイキを言う。東京に行かなきゃ見られないこと、そもそも人気公演でチケットが手に入らないこと、など説明するのだが、親だって「ナマで見たかった」のだから説得力に欠けることおびただしい。
ホント、芝居はナマで見たいよな。

« 卒業 | トップページ | 三寒四温 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/9274574

この記事へのトラックバック一覧です: 春の一日:

« 卒業 | トップページ | 三寒四温 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。