Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 文楽広島公演 | トップページ | 上下町へ-岡田美知代を訪ねて »

2006/03/12

金田明夫の絵本ひとり語り「あらしのよるに」

いやあ、すごいものを見せてもらいました。
きむらゆういち・作、あべ弘士・絵の大人気絵本シリーズ「あらしのよるに」を、演劇集団円金田明夫さんがひとり語り。

オオカミのガブとヤギのメイ。本来、食べる-食べられる関係にある両者が、「あらしのよる」の偶然の出会いから、無二のともだちに。
しかし、そんな関係を信じられないヤギやオオカミの仲間から迫害され、森を追われ・・・。

1時間20分の公演で、シリーズすべて語る。
単なる読み聞かせ・朗読ではない。チラシには「絵本落語といった雰囲気で、あべ弘士さんの絵と生演奏が支えます」とあったけど、読み聞かせ・落語・演劇のすべてが混在。
ヤギのメイ(ちょっと高くてブリッ子的な声。聞きようによっては落語の丁稚風?)と、オオカミのガブ(低くて田中邦衛風の声。~でやんす!)、そして地の語り(これは金田さん本来の声)と、3種類の声色を使い分け、あるときは座って朗読し、あるときは立って演じ、あるときは歌い、子どもたちを飽きさせずに最後まで演じたのはすごい、としか言いようがない。
至芸ですね。
スクリーンに写された原画も、小森昭宏さんの音楽もとてもよかった。

会場で絵本を販売しているのを見て、娘が最新刊の「まんげつのよるに」を欲しがったので買ったのだけど、販売している方から、今日の公演では「まんげつのよるに」も含まれるというニュースを聞く。
チラシにはシリーズ6巻までを語る、とあったのだけど、最新作第7巻まで入っての公演は、広島が初演だとのこと。

公演後、金田さんは、最初に始めた9年前には、絵本も2巻しか出ていなくて、それが段々増えていったということ、そして、あべ弘士さんの絵を使う許可が下りているのはこの自分の公演だけなのだということを話しておられました。
そして、読む人の数だけ「あらしのよるに」はあるのだから、みんな声を出して読んでね、とも。
おそらく絵本の方は、これで完結でしょうけど、これからもガブとメイの物語は、金田さんの公演や、家庭や保育園や学校などのなかで、ずっとずっと語り継がれていくのでしょうね。

帰り道、ダンナも娘も私も、語尾が「~でやんす」と、ガブになっておりましたでやんす。

子どもコミュニティネットひろしまの「あらしのよるに」のページ

4062528525 あらしのよるに
あべ 弘士
講談社  1994-10

by G-Tools

記念すべき第一巻。すべてはここから始まった「あらしのよるに」。
やはりすごい作品ですよね。短大の児童文学の授業でも、読み聞かせするのは大変だけど、学生たちに好評でした。

娘が保育園の年長さんの頃だったと思うけど、図書館で1巻から6巻まで借りてきて、一挙に読み聞かせしたことを思い出しましたよ。親も子も、途中でやめられないの。
でも、娘はまったく、そのことを覚えていなかった。ガックリでやんす。

学校の給食の時間に、放送部の6年生のお姉さんが、毎日ちょっとずつ朗読してくれているそうで、今日の公演の途中でも、話を聞きながら「そうそうそう」と頷いておりました。

4062528789 まんげつのよるに
木村 裕一 あべ 弘士
講談社  2005-11-02

by G-Tools

昨年末刊行の最新作「まんげつのよるに」。
正直なところ、発売後すぐに読んだときには、第6巻「ふぶきのあした」の、あの悲しくも純粋な別れを壊してしまう、安易な大団円だと、かなーり違和感があった。「ふぶきのあした」でシリーズ完結だとずっと思っていたし、清冽なみごとな終わり方だと感服していたから。
だけど、今日、購入して改めて読み直し、また金田さんの語りを聞いて、やはりこれは必要な話なのだと実感しました。
第一巻の「あらしのよるに」が奇跡をよぶキーワードとなっているのもイイ!

4061497081 きむら式  童話のつくり方
木村 裕一
講談社  2004-03-21

by G-Tools

きむらさんの絵本には、あかちゃん時代の仕掛け絵本などでもたいそうお世話になってきましたが、もうちょっと大人向けで面白かったのはコレ。
「きむら式」いいですなあ。

« 文楽広島公演 | トップページ | 上下町へ-岡田美知代を訪ねて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/9045570

この記事へのトラックバック一覧です: 金田明夫の絵本ひとり語り「あらしのよるに」:

« 文楽広島公演 | トップページ | 上下町へ-岡田美知代を訪ねて »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。