Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 卒論発表会 | トップページ | 福島次郎氏死去 »

2006/02/22

コミック版「春の雪」

そういうわけで娘と競争で(完全に負けてますが・・(^_^;)セッセといただきものの漫画を読んでいるところなのだが、平行して、ようやくコミック版の『春の雪』を読了。

連載は昨年秋。帯によれば「「週刊女性」連載コミックに大幅加筆、ついに単行本化!!」だそう。(原作:三島由紀夫、脚本・構成:池田理代子、画:宮本えりか)。
映画よりも原作に忠実で、ダイジェスト版としても使えそう。

清顕-聡子を軸に、原作のストーリーに沿ってきれいに展開しているし、心情の説明も丁寧。映画版とちがって、本多が剣道部なんて設定ではないし、夢の場面がヘンに幻想風に描かれることもない。清顕の黒子(ほくろ)も本多が見ており、続編を期待できる作り。

映画では脚本家が涙をのんでカットしたという清顕付の書生・飯沼も、コミック版ではしっかり登場。ただし、巻末の「池田理代子特別インタビュー」で、三島の飯沼の描き方は「少し不当だと思われるので、あえて彼を素敵に、ちょっと坂本竜馬風に描いてみました」とあるように、バンカラなけっこういい男として描かれている。私は飯沼はもっとモッサリしている感じだと思うけど。

絵の方は、イマ風のコミックとは違っていて、クラシカルな雰囲気。
清顕がちょっと大人顔すぎるかな。妻夫木くんの顔に影響されたのかもしれないけど、私のイメージでは清顕は美形だけど、もう少し少年の趣もあっていいと思う。
ともかく全体に格調高く作りました、て雰囲気ですね。深みがある、とは言えないけど、背景も含めて、丁寧に描かれていることは伝わる。

また、コミックの帯に「妻夫木聡×竹内結子主演映画『春の雪』とコラボレーション!」と謳われているように、映画の構成や構図を生かしている箇所も散見された。
冒頭、少年・少女時代の清顕・聡子のカルタの場面と綾倉伯爵と蓼科の密約の場面から入ったり(コミックは、さらにその前に雪の日の接吻が置かれるけど)、清顕の祖母の家の雰囲気なども映画の絵の構図をもらっている様子。おそらく事前に映画を見たか、少なくとも脚本を読んで、作ったのでしょうね。
原作を含めて、三位一体の売り出し方というわけでせうか。

いやあ、それにしても、映画化されたし、コミックも出たし。『豊饒の海』フリークとして贅沢言わせてもらうと、もちろん映画の続編を期待したいわけですが、『春の雪』二次創作に限れば、次は、舞台(以前のものなら、三島の生前からあったわけだけど)かテレビドラマがあるとよいですなあ。
その節には、清顕は松潤(または藤原竜也)、聡子には田中美里か松たか子でぜひとも!?(しつこい)

さて、この本、発売翌日に近くの大きな本屋のマンガコーナーに出かけたものの、見つけられず。店員に検索してもらっても、「池田理代子の「春の雪」というタイトルでは見つからない、発売延期ではないか」と言われて、すごすごと帰宅。
結局、アマゾンで買いましたよ。なるべく地場の本屋を利用したいのだけどなあ・・。(コミックにしてはやや大判だし、表紙もとてもクラシカルだし(セピアっぽい写真)、もしかして一般書の階に置かれていたのだろうか・・)。

4391131994 春の雪
三島由紀夫  池田理代子  宮本えりか
主婦と生活社  2006-02

by G-Tools

« 卒論発表会 | トップページ | 福島次郎氏死去 »

コメント

至高のボクシングライターにしてベンヤミンを講ずる慶応大学ドイツ語教師 粂川麻里生さんの「春の雪」評です。
「私が考える「春の雪」キャステイング」、爆笑(特に蓼科)。

http://blog.goo.ne.jp/mario1101/e/9b63fe34c93bdda018e11c3e4de95680
http://blog.goo.ne.jp/mario1101/e/2a5370d2697a40d7ff584ff8b60f0d7c

小説はもちろんコミックやアニメも、実写化に際して、原作ヲタから称賛されることはまずなくて、スタッフも役者さんも、ご苦労なことだと思います。
「卒塔婆小町」の老婆=小町もそうだけど、蓼科など、三島の描く怪婆は男優が合うのでしょうか。でも、映画の大楠さんはよかったと思いますが。

三島はお婆さんの描写が一番合いますからね。実際一番生き生きしている。

この映画は三島論ではないから三島の偽物ぶりを描けないのはしかたない。スタッフは妥協をしたはずだから。いろんな制約の中で最大限努力をしたはずです。

漫画でも声優が合わないとかいろいろ言われますからね。ルパンの山田康雄さんとかドラえもんの大山のぶ代さんは希有な例。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/8737399

この記事へのトラックバック一覧です: コミック版「春の雪」:

« 卒論発表会 | トップページ | 福島次郎氏死去 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。