Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« コミック版「春の雪」 | トップページ | 卒論口頭試問 »

2006/02/22

福島次郎氏死去

作家の福島次郎さん死去(asahi.com)

 福島次郎さん(ふくしま・じろう=作家)が22日、膵臓(すいぞう)がんで死去、76歳。通夜は23日午後7時、葬儀は24日午後2時から熊本市本荘6の2の9の合掌殿島田斎場で。喪主は妹井村市子(いむら・いちこ)さん。自宅は同市萩原町7の47。

 「バスタオル」と「蝶のかたみ」で2度、芥川賞候補になった。98年、故三島由紀夫との交際をつづった小説「三島由紀夫―剣と寒紅」を発表。遺族から小説内での手紙の公表が著作権侵害にあたるとして出版差し止めなどを求められ、敗訴した。

出版差し止めが決まり、『三島由紀夫  剣と寒紅』をあわてて購入したことを、昨日のことのように思い起こします。広島の本通り沿いの数軒の本屋ではすべて売り切れでしたが(懐かしの丸善!)、紀伊国屋に残っていて、自分のと公費用と2冊買いました。
おかげで、この本、前任校の図書館にはバッチリ入っています。現在の勤務校には入っていないけど、今でも古書店にはたくさん出回っていて、手頃な価格で入手可能です。

思えば、三島の同性愛伝説を打破しようとした村松剛氏『三島由紀夫の世界』の呪縛が解ける契機となったのが、福島さんのこの本だったのですよね。

熊本日日新聞のサイトに、もうちょっとだけ詳しめの記事が載っています。
訃報 作家・福島次郎氏死去 三島由紀夫親交
(※無料の会員登録で、記事を読めます。)

謹んでお悔やみ申し上げます。

4163176306 三島由紀夫―剣と寒紅
福島 次郎
文藝春秋  1998-03

by G-Tools

« コミック版「春の雪」 | トップページ | 卒論口頭試問 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/8783821

この記事へのトラックバック一覧です: 福島次郎氏死去:

« コミック版「春の雪」 | トップページ | 卒論口頭試問 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。