Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 『鹿鳴館』延長公演決定だとか | トップページ | 最近の三島由紀夫本 »

2005/11/17

劇団一跡二跳「パラサイト・パラダイス」

子どもコミュニティネットひろしま(旧・おやこ劇場)のユースシアター(高学年例会)をのりいれで観劇。

劇団一跡二跳の『パラサイト・パラダイス
・2005年11月17日(木)19:00~(2時間)
・広島市南区民文化センター ホール
・作・演出:古城十忍
⇒劇団ページ:2003年公演2005年公演

3LDKに住まう家族。会社員の父、専業主婦の母、会社員の姉、大学生の弟。
この家庭は、形骸化してしまっている。父と母はそれぞれの本音をよそに、役割として互いに接し、波風たてぬように自分だけが我慢していると感じている家庭内別居状態。姉はフリーターの男を自室に住まわせ、弟は大学を中退して引きこもり。さらに、母の母と父の父がそれぞれころがりこみ、隣家のサプリオタクの男まで入り浸るようになる。

すっかり人口密度が高くなってしまった家の中で、各自がもともと抱え持っていた葛藤やストレスが顕在化し、ぶつかりあう。世代やジェンダー、役割、そして、家族とはいったい何なのかということを、深く深く、かつユーモラスに考えさせられる芝居だった。

とてもいい芝居です。おすすめ。
戯曲自体もよくできているし、劇団のユニットがとてもいい。

家の中のすべての部屋を見ることができるセット。
父と母の口論で、互いが入れ代わる場面(父が女言葉で妻の内面吐露、母が男言葉で夫の内面吐露をするのと、本来のしゃべりとが、めまぐるしく交代する)。
波風を立てないように役割を演じつつ、内面吐露するときには、それ以外の周囲がストップしてしまう手法。
起床・食事・満員電車の通勤・仕事・接待・電話・帰宅、、、の繰り返し。毎日の会社員の生活をパントマイム風に見せる手法。
演劇ならではの見せ方が満載。しかも深刻になりすぎず、ユーモラスなところや、解決はしないものの、最後に希望が見えてくるところも、とてもよい。

古城十忍(こじょう・としのぶ)の作品を観るのは初めて。
1959年生まれ。またしても同世代か。「家族」をめぐる小説・戯曲を、この世代は精力的に追求しているなあ。

・・・って、今、リンクを張り付けた写真を見て気付いたのだけど、なんと私の隣の席で見ていた方ではないですか!
帰りの車の中でダンナと、雰囲気からしてきっと劇団関係の人だろうね、、と話していたのだけど、まさに!  いやあ、そうだとわかれば、何かお話すればよかったなあ。。
ま、娘も面白がって見ていたし、周囲の観客(親子ともども)も好評だったようだし、不愉快な思いはされなかったでせう。

なお、戯曲『パラサイト・パラダイス』は而立書房から今年9月に刊行されたばかりのもよう。

« 『鹿鳴館』延長公演決定だとか | トップページ | 最近の三島由紀夫本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/7171420

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団一跡二跳「パラサイト・パラダイス」:

« 『鹿鳴館』延長公演決定だとか | トップページ | 最近の三島由紀夫本 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。