Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« この週末は | トップページ | 映画「みやび 三島由紀夫」 »

2005/10/24

今夜の放送

帰ってきました。
また時間があるときに印象を書きますが、とりあえず。

学会でS.Kさん(いちおう仮名に。『春の雪』にも、エンドロールで学習院考証だったかな?お名前が載っています。このブログも覗いてくださっているそう(^_^;)から教えてもらったのですが、今夜23:15~のNHK「英語でしゃべらナイト」(妻夫木聡がゲスト)で、『春の雪』の一部が映るかも、とのこと。
たしかに、タイの王子たちとの会話シーン、なかなか見事な英語の発音でした。

--
〔2005.10.25追記〕
あの発音の影に、こんな苦労があったのか!!という感じでしたね。
アメリカ英語とは(とくに母音がかなり)異なるQueen's Englishを、さりげなく、ごく自然に(いつもこれくらいはしゃべっているという風に)話すのは大変なこと。さすがに役者はえらいものです。
番組では、三島由紀夫が英語インタビューに応じている様子も流れ、面白かった。

本日深夜25時55分(=26日1:55~2:25)から再放送があるようです。

« この週末は | トップページ | 映画「みやび 三島由紀夫」 »

コメント

ご覧になられたのですね。S・Kさんお元気でしたか。「みやび 三島由紀夫」もふくめ当分見られそうにありません。こちらの授業で学生に宣伝したので台湾に来たら見ます。

こんにちは。試論、届きましたでしょうか?
『春の雪』は、小説と映画は別物だ、と悟ってしまえば、意外にいい出来だと思います。「純愛」ブームで、泣く準備して映画館に行った人には?な作品に(原作からしても)なりそうですよね。

確かに原作は泣けません。試論届きました。
ありがとうございました。

仮名のSKです(笑)
「英語でしゃべらナイト」は出演話もあったんですけどね。
ミーハーですから大喜びだったんですけど出られず残念。
番組のエンドロールにも名前が出ていたのですが、
英語で表記されていたために誰にも気づかれず、
寂寥感の極みといえよう(某音楽評論家風)。

S.Kさん、いらっしゃいませ。(仮名ではない方がよかったですかね。)コメント、ありがとうございます。
レイクサロンのあとの飲み会は楽しかったですね。去年もあのような会があったのですか?昨年は、終わると同時に夜行で帰ってしまったもので、知らないのですが。
番組のエンドロールにもお名前が出ていたとは、気付かなかった。ビデオを見返してみませう。
それでは、またお立ち寄りください。

仮名でかまいません。どうせですから仮名を変えますw

飲み会は昨年もありました。
だがしか〜し。
発表者なのに飲み代を払わされた私はいささかご立腹でありました。

…みみっちいですね(笑)

ちなみに「英語で…」で登場した「春の雪」の初版本は私の蔵書です。
本人より先にもちものがテレビ出演を果たすとはますますもって寂寥感の極みといえよう。
ちなみにその本、某ブッ(中略)フで(中略)円で購入した…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/6541866

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜の放送:

» 邦画「春の雪」にタイの若手俳優が出演 [白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary]
以前からこのブログに書いてきましたが、今週土曜日公開のこの映画に、タイの若手人気俳優が二人出演しています。ひと足お先に試写を見てきました。付き合いもあって、2回も。  ひとりは、アヌチット・サパンポン(「風の前奏曲」・「メコンフルムーンパーティー」  もうひとりは、スイニット・パンジャマワット(「快盗ブラックタイガー」・「ジャンダラ」・「Three 臨死」)  映画の設定は、大正時代。その頃... [続きを読む]

» [ 春の雪 ]子どもっぽいオトコと潔いオンナ [アロハ坊主の日がな一日]
[ 春の雪 ]吉祥寺で鑑賞。三島由紀夫の傑作「豊饒の 海」シリーズの映画化。時代に翻弄された恋というテーマ を一段と重〜い感じで仕上がっている。 [ せかちゅう ]の行定監督に主演が妻夫木聡、竹内結 子。主題歌を宇多田ヒカルが歌えば、若者は集まるでしょ う。たぶん。 大正時代の貴族たちの高貴で絢爛たる雰囲気とゆるかやな 時間の流れを感じる映像。台湾のカメラマン、リー・ピン ビンの移動車による撮影がこの作品にははまっていた。 犬や蝶の死骸、春画(浮世絵)などをメタファーとして... [続きを読む]

« この週末は | トップページ | 映画「みやび 三島由紀夫」 »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。