Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« Holiday!! | トップページ | 案内:第30回広島近代文学研究会 »

2005/09/01

能楽座「原爆忌」

genbakuki

●2005年8月31日(水)19:00-20:15
●広島アステールプラザ中ホール
●作・監修:多田富雄
●ワキ(旅の僧):宝生閑・大日方寛・御厨誠吾、
   前シテ(被爆者の老女):観世榮夫、
   アイ(ホームレスの男):山本東次郎・山本則孝、
   後シテ(被爆者の男 [霊]、前シテの父 ):梅若六郎
●笛:藤田六郎兵衛、 小鼓:大倉源次郎、 大鼓:安福光雄

asahi.com「左手とつとつ、原爆能 免疫学者、多田富雄さん」
京都芸術劇場

超豪華な演者たちによる新作能「原爆忌」。
能で原爆を扱うことなど想像がつかなかったのだが、意外に違和感なく観ることができた。

被爆体験を持つ者が後の世代の者に語るこの曲の構成は、シテがワキに物語るという能の形式にかなっている。また元来、謡曲は仏教用語や故事などが散りばめられた形而上的な詩劇なのであり、だから核・原爆・核武装の議論・尊厳・平和といった語が浮くことなく、耳に入ってきたのだろう。
そして詞章とともに、お囃子もすぱらしい。笛や鼓の音色が、言葉を感性的に身体に落とし込ませていく。

アステール中ホールは本格的な能舞台も可能なのだが、今回の公演ではあえて能舞台を設置していなかった。最後の灯籠流しの仕掛けのためだと思われるが、能舞台でもよかったのではないかとも思った。それほど、違和感なく観ることができたということ。

-核武装が論議されるようになった被爆60年の原爆忌の日の広島を、旅の僧(ワキ)が訪れる。
平和が遠ざかりつつある世界の現状を嘆く僧に、一人の老女(前シテ)が、母が死に父が行方不明になってしまった、あの日のことを物語り、立ち去る。
つづいて、老いた被爆者の男(アイ)が若い男(アド)に被爆体験を語り、立ち去る。
やがて前シテの父の霊(後シテ)が現れ、地獄と化した広島で猛火に追われ黒い雨にうたれて命を落したことを語り舞う。
人々は灯籠を流し、犠牲になった人たちの鎮魂と平和を願う。-

娘が生き残り、被爆死した父親が霊となって現れる。という物語は、何やら井上ひさしの「父と暮せば」を想起させる。また、結末近くの地謡では、「私を返せ  父を返せ  母を返せ  人間を返せ  人間つながる全てを返せ」と、峠三吉の詩を素材に借りている。
現代文学と響きあう形で、新しい能が作られたのだろう。

作者の多田富雄は、会場で配布されたパンフレットの「「原爆忌」作者ノート」に次のように書いている。一部抜粋する。

  能では幽霊が、死後に堕ちた地獄の苦患を物語るのが普通である。地獄は、だから常にあの世の物語である。それを体験してこの世に戻った幽霊は、現世のわれわれにそれを語って聞かせるのだ。これが夢幻能の常套手法である。

  ところがこの能では、生きたままこの世で見た地獄を、死者が振り返って恐怖とともに物語るのである。後に続く救いは無い。それこそ広島に落とされた原爆の現実である。

  前半の「静」と後半の「動」とを、アイ狂言、山本東次郎ほかの重厚な掛け合いがつなぐ。さらに、付祝言のように灯籠流しの「鎮魂の段」をつけた。人々はこの悲劇を二度と繰り返さないという誓いの言葉とともに、灯籠を流す。その中に、いつまでも後を見送って立ち尽くす、前シテの老女の姿がある。

テーマが、能の形式に編成されているさまがよくわかるが、生者(前シテ)と死者(後シテ)の語りという中心部分もさることながら、アイの山本東次郎・山本則孝の演じる部分がよかった。
老いた男が、若い男に被爆体験を語る。若い男の祖母も被爆者であったが、祖母はそれをひた隠して亡くなってしまい、孫として何も聞き出さなかったことに忸怩たる思いが残ったからと、若い男は、老いた男に体験談を聞かせてくれと請う。体験・記憶の継承というテーマを、最も如実に現していたパートだった。
東次郎師の発声は明瞭であり、「「どのようなところで  どんな形で死んだとしても  人の死に変わりはあるまい」という人がいるが  それは違う  多くの人々に見取られ  心安らかに死んでこそ尊厳ある人の死」というところなど、とくに心を打たれた。

パンフレットには、それぞれの演者が原爆や平和への思いや体験を書いておられる。東次郎さんが8歳のとき、広島で被爆した父のお弟子さんが語る体験を聞かれたこと、のちにそのお弟子さんが亡くなられたことは、体験を語り伝えるという、この能と重なりあうだろう。
また、「私の反戦行動はこの能への参加である」(小鼓方の大倉源次郎さん)の言も心に響く。そのような決意で舞台に上がっておられたればこその、端然とした姿と鼓の音。ならば、私たちがこの能を見ることも、一つの反戦行動と言えるのかもしれない。

あるいはこの曲には加害の歴史が盛られていない、という批判もあるかもしれない。
だが、被爆体験の風化とともに、原爆投下への怒りや抗議、鎮魂が忘れられ、敬遠されていきつつある今、第一線で能にたずさわる方々が、こういった形で作品を作り公表していかれたことは、いくら評価してもしたりないだろう。

ただ、やはり「重い」という先入観のためか、広報に課題があるのか、これだけの演者の出演にもかかわらず、満席ではなかったのが残念だ。観客層も、私などがいつも見ている芝居とはかなり違っていた。ふだん小劇場を見ているような層に届けることはできなかったのだろうか。

私自身、能を拝見するのは、数年前の「三輪」以来で久しぶりのこと。いきなり新作能ではなく、もう少し日常的に観ることができれば。関東や関西では公演も多いが、広島で、このたびのレベルのものを観能できる機会は数少ない。
今回の公演もプレイガイドでのチケット発売ではなく、地方在住の一般人にとって能は少々敷居が高い印象をもたれてしまう。もう少し気軽に日常的にお能を見ることができてこそ、「原爆忌」の挑戦も生きてくるのではないだろうか。

※なお、8月25日の東京公演は台風のため、9月6日(火)19時(国立能楽堂)に延期されたそうです。

---
〔2005.9.5追記〕
中国新聞

« Holiday!! | トップページ | 案内:第30回広島近代文学研究会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/5732718

この記事へのトラックバック一覧です: 能楽座「原爆忌」:

« Holiday!! | トップページ | 案内:第30回広島近代文学研究会 »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。