Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« キャンプから帰宅 | トップページ | 「ヒトラー」つづき »

2005/08/14

映画「ヒトラー 最後の12日間」

ヒトラー 最後の12日間」を観に行く。
2時間35分の長さを感じさせない重みだった。

ヒトラーの個人秘書の目から、地下要塞のなかのヒトラーや周囲の人々の最後の様子が描かれる一方、ベルリンの市街地でおきていること(足りない物資。少年たちが民兵に志願し、民兵にならない人々はSSによる粛清が行なわれるといった悲惨な状況)もカメラは追う。おしよせる負傷者の手当てに命がけで向かう軍医の姿も。
かたや、要塞の中では、都合のよい情報によって妄想に踊らされ、あるいは疑心暗鬼にかられるヒトラー。
敗戦まぢかを実感し、酒に溺れる側近たち。延命策を考え、ヒトラーから逃げていく側近。敗戦後も自決する将校たち。

なかで衝撃的だったのは、ゲッペルス夫人が我が子6人を毒殺する場面。
まず睡眠薬で眠らせるのだが、小さな子たちは素直に飲むけど、一番大きな女の子はおかしいと感じて拒むのに、無理やり飲ませるのだ。そうして眠った子どもたち一人一人の口に彼女は毒薬のカプセルを入れ、かませる。毒薬をかませるときのカチリという音・・。その死を確かめて、毛布を顔までかぶせていく。

彼女は、「非ナチズムの世界で子どもを育てることはできない」と言う。だから我が子を手にかけるのだ。
そこには、子どもは独立した人格であって、子どもには子どもの未来がある、などという思いはかけらもない。自らの判断は絶対に正しくと思いこみ、そして自分が子どもの所有者なのだと信じ込んでいる恐ろしさ。
まさに「軍国の母」であり、狂信的な、と今の我々の目には映るけれども、日本でも敗戦の色濃くなった沖縄や植民地で、我が子を殺して自殺する人々がいた。あるいは、お国のために立派に死んでこい、とわが子を送り出す母親も。
決して人ごとではない。

今の私には、絶対に娘を殺すことなど考えられない。この正気をいつまでも保ちつづけなくては。

少年たちが自衛組織を作って守ろうとする国だが、国の最高指導者たちは、「戦時に市民などいない」と言い放ち、国民の犠牲は顧みられることなく見殺しにする。国民自らが選んだのだから、自業自得なのだと。
あと数日でも早く降伏していれば、ムダな血をどれだけ流さずにすんだことか。だが、無条件降伏などできないというメンツにこだわって、ずるずると、どうしようもないところまで延ばし続ける。(書けば書くほど、戦中の日本に似ている)。
全体主義のなかでは、家族も国も、子どもの未来など考えはしないのだ。

映画の最後、戦後を生きた年老いた女性秘書本人が登場し、地下要塞の中にあって真実を見ていなかった/見ようとしなかった、かつての自己を反省し、若かったことは言い訳にならないと語る。
その彼女の姿が、いま現在を生きている私たちと重なっていく。

サロンシネマは大入り満員で、入場券を買い求める長い列が。
広島市内では1館のみ上演だからだろうけど、固いという先入観をもたれがちな映画にこれだけ観客が入るというのは、とにかく喜ばしいこと。もっと上演館があってよい作品だと思う。

B000AC2V5Kヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション
ブルーノ・ガンツ オリヴァー・ヒルシュビーゲル アレクサンドラ・マリア・ララ
日活 2006-01-14

by G-Tools

« キャンプから帰宅 | トップページ | 「ヒトラー」つづき »

コメント

TB設定させて頂きました。私は埼玉のシネコンで見たのですが、結構、入館者は多かったです。満員まではいきませんでいたが、8割方の入りでした。でも、このようなシネコンで上映されるということは、関心は高いのでしょうね。また、若いカップルの方が多く、真剣に見入っておられました。それぞれの人が、自分で考えれば、二度とこんな事は起こらない と、ちょっと安心した次第です。

セミ玄人さま、コメント&トラックバック、ありがとうございます。
埼玉ではシネコンでやっていて、かなり入っているのですね。さすが首都圏。若いカップルが多かったというのもよいなあ。
広島では、中高年のカップル?やグループが多かったようでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/5458467

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ヒトラー 最後の12日間」:

» 映画 ヒトラー [セミ玄人の独り言]
「ヒトラー ~最後の12日間~」を見た。2時間40分近くの長尺ものであったが、あ [続きを読む]

» 『ヒトラー最期の12日間』を観る。 [お伽草子]
昨夜出かけた。世間は盆休み。劇場のある繁華街は人があふれていたけれど、劇場内は [続きを読む]

» 『ヒトラー最期の12日間』 [東京おっとこまえ日記]
今から、イクスピアリで映画『ヒトラー〜最期の12日間〜』を観ます。 渋谷と新宿の上映会場は、連日超満員だとか。 初めて人間として描かれたと噂のヒトラー。 ドイツでは独裁者・ヒトラーを人間扱いした、と論争を巻き起こし つつも大ヒット。 さて、観た感想はというと、 今まで『ライフ・イズ・ビューティフル』『戦場のピアニスト』『マイ・ファーザー』 と、ナチスドイツ(ユダヤ人大虐殺)を題材にした映画をいろいろ観... [続きを読む]

» ヒトラー 最期の12日間 [travelyuu とらべるゆうめも MEMO]
ヒトラーの最期を描く史実に基ずく映画 1942年にヒトラーはミュンヘン生トラウドゥル・ユンゲを秘書として雇う このトラウドゥル・ユンゲの目から ヒトラー最後の12日間が語られる 1945年ドイツ劣勢のベルリン その地下壕にヒトラーは住まう そして多くの側近らと共にナチスドイツの最後が訪れて行きます 史実として淡々と映画は進み戦争における人の狂気、悲惨さ、無意味さを 静かに冷静な脚色で進めていく映画です あえてコメントをする必要は無いと思います ドキュメンタリーのように俳優たちがその状況を... [続きを読む]

» ヒトラー 〜最期の12日間〜 評価☆☆☆☆ 2005・8・15 [ムービープレス]
1945年4月20日、ベルリン、ドイツ首相官邸地下要塞。この日アドルフ・ヒトラーは56歳の誕生日を迎えた。せまりくるソ連軍の砲火、次々と失われていくドイツ軍。加速度的に悪化する絶望的状況に、もはや正常な感覚を失っていた彼は、破滅の道を急速に転がり堕ちていく・・・。 私設女性秘書ユンゲがはじめて告白した衝撃の真実。「人間・ヒトラー」の、自決までの最期の12日間を克明に描き、ヨーロッパで映画賞を独占し空前の大ヒットを記録しし... [続きを読む]

» 映画『ヒトラー〜最期の12日間〜』を観て [KINTYRE’SPARADISE]
人気blogランキングへ【この映画について】ドイツの制作したこの映画は世界中で論争を巻き起こし、あらゆる批判や賞賛を浴びた映画である。独裁者ヒトラーを描いた映画は過去にもチャップリンの「独裁者」や、最近では画家を目指していた頃のヒトラーをテーマにしたジョン...... [続きを読む]

» 『ヒトラー〜最後の12日間〜』★★★★☆ [ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ]
ヒトラー〜最後の12日間〜公式サイトマメ情報 ジャンル;ドキュメンタリー  制作年度/国;'04/独                  配給;GAGA  上映時間;115分      監督;オリヴァー・ヒルシュビーゲル      出演;ブルーノ・ガンツ、アレクサ...... [続きを読む]

» ヒトラー 最期の12日間 [泥海ニ爆ゼル]
「ヒトラー 最期の12日間」 敗戦直前のヒトラーを描いた作品。今まで表舞台ではナチスドイツの傲然たる独裁者として描写されていたが、本作品では1人の人間としての脆さを抱えた姿が描かれる。 ヒトラー役はブルーノ・ガンツ。 そこまで残虐なシーンがあるわけでもない。しかし、観客に何かしら大きなショックを与えるのはなぜだろうか。ドイツが陥落するのは火を見るより明らかなのに、かたくなに徹底抗戦を主張するヒトラー。自分の戦略、指導力、カリスマ性は未だに衰えていないものと信じて。 地下の要塞で顔を真... [続きを読む]

» 映画『ヒトラー 最後の12日間』 [阿部仲麻呂★学術活動!★ ABE-NAKAMARO WEBlog]
映画『ヒトラー  最後の12日間』 (原題:DER UNTERGANG/ 英語版:THE DOWNFALL) 2004年制作、2005年上映 配給 : ギャガ・コミュニケーションズ 監督 :オリヴァー・ヒルシュビーゲル 製作・脚本 :ベルント・アイヒンガー 出演 :ブルーノ・ガンツ/アレクサンドラ・マリア・ララ/コリンナ・ハルフォーフ  ★たしかに、この映画は すごすぎました。実際の現実を まざまざと見せ付けられたような。迫真の演技というより、そのものでした! ..... [続きを読む]

» 映画『ヒトラー最期の12日間』(Der Untergang)感想B面 [~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録]
以前にも掲示板で話題になりましたが。 過日、アントニー・ビーヴァーというイギリスの軍事史家が、ベルリン最終戦についての超力作ドキュメンタリー作品『ベルリン陥落1945』を発表して大いに評判となりました。単なる事件の記録にとどまらず、この戦場におけるドイ..... [続きを読む]

» ヒトラー 最期の12日間でぐったり [裏Tetsu-o.biz ゆるゆるブログ]
近所のユナイテッドシネマの無料券があったので、映画鑑賞することにした。 独りで... [続きを読む]

« キャンプから帰宅 | トップページ | 「ヒトラー」つづき »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。