Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 映画「ヒトラー 最後の12日間」 | トップページ | お盆あけ »

2005/08/15

「ヒトラー」つづき

 昨日のつづき。

敗戦から60年。
数日前、ついに杉並区が「つくる会」教科書使用を採択してしまった。
危ない時代に入ってきているからこそ、幅広い層に見られているというこの映画を、より多くの人が見ることで、戦争をしない/させない思いが高まればいいなあ、などと素朴に思ってしまう。(でも、こんなになったらヤバイよ、という素朴な思いこそが、「戦争のできる国づくり」などというまやかしを見抜くための最大の力じゃないだろうか。)

映画「ヒトラー」は、たしかにホロコーストなどヒトラーの具体的な加害行為は描いていないけれども、それはヒトラーを美化しているわけではなく、あくまでそういった加害性は観客がすでに十分にもっている常識だという認識のもとに、滅亡へと向かっていく最後の日々を描いていると思う。
その「自国の加害の常識」に相当する部分が、日独の大きな違いなのだろう。

ドイツと日本とはメンタリティが似ている。(女に母性を押しつけるところなども含めて。女性学ではよく知られていることだけど、少子化をストップさせつつある先進国の中にあって、日独伊の三国が例外的に少子化が進み続けている。少子化対策として女を家庭に戻そうとしている保守派は、完全にそのあたりを取り違えている)。
国民の犠牲を顧みることなく自らのメンツにこだわってずるずると滅亡への道を進み続けた指導者といい、互いに監視しあう五人組的市民社会といい、子どもを道連れにする親たちといい、近似した精神性・国民性を感じさせられる。

でも、日本では、たとえばこの夏「アウシュビッツ」を5回にもわたって特集放映する(そのこと自体はもちろん評価できるのだけど)が、かつて自国に関する女性国際戦犯法廷は改竄しちゃうように、他国の戦争加害は安心して報道し鑑賞するけれども、自国については圧力に屈して/あるいは自己規制して、腰が引けてしまう。自国の真実から目をそらしてしまう、どうしようもない弱さが私たちにはあるのではないか。
孔子の戯言さんが示されるように、「ドイツでは国や国民は悪くない、ナチスとヒトラーが悪いのだからと、その責任は完全に転嫁されている」という側面もあるにせよ)。
そういう点では、映画「ヒトラー」を自国の上に重ねて見るだけではなく、日本版の「ヒトラー」に相当する作品が出てこなくてはならないのだろうな。でも、タブーはあまりにも大きい。

電車男」でふつうの男の子の社会化の難しさを実感させられたけど、「ヒトラー」では指導者層の「男らしさの病」を思い知らされた。そして、女が「母性」を信じ込まされることの恐ろしさも。
加納実紀代さんや若桑みどりさんらが明らかにしているように、戦争とジェンダーとは密接な関係があるのだ。

4755401194 天皇制とジェンダー
加納 実紀代
インパクト出版会  2002-04

by G-Tools
4272320246 戦争とジェンダー―戦争を起こす男性同盟と平和を創るジェンダー理論
若桑 みどり
大月書店  2005-04

by G-Tools

もう一つ、三島由紀夫にもヒトラーを扱った戯曲「わが友ヒットラー」(1968=昭和43年)がある。
作家自身が「対をなす作品」だという「サド侯爵夫人」は再演を繰り返しているのだけれど、「わが友ヒットラー」の方は上演も少なく、残念ながら私も実際の舞台は見たことがない。(三島が本読みをしている貴重な録音が、『決定版 三島由紀夫全集』第41巻のCDに収められている)。

作品自体は、ヒトラーが国民を瞞着して全体主義を拡大していく契機となった事件を扱っていて、映画とはあまりリンクしそうもないけれども、日本人作家の描いたヒトラーということで、いちおうご紹介。

4101050279 サド侯爵夫人・わが友ヒットラー
三島 由紀夫
新潮社  1979-04

by G-Tools

« 映画「ヒトラー 最後の12日間」 | トップページ | お盆あけ »

コメント

>>かつて自国に関する女性国際戦犯法廷は改竄しちゃうように

判決:被告NAGIが原告peace1941に対して暴力行為を働いたことを認めます

あ、これは「国際男性法廷(仮)」の裁判結果なんです。この裁判では被告に弁護士はつきません。このコメントを削除することは裁判結果の隠蔽です。

っとこんなこと書いたけど、その国際女性戦犯法廷はこれと同レベルなんだけど・・・
こんなむちゃくちゃな内容をそのまま放送するなんてメディアとして許せないんじゃない?
それでもまだ「改竄」っていうなら例えば、上述のようななんちゃって裁判の結果(あなたが有罪だという)を全国放送してもいいってことですよ。

peace1941さま。
自国の歴史への処し方について、身をもって証明してくださり、ありがとうございます!

法廷についての評価は平行線をたどるだけになりそうですので、ひとまずおきましょう。
少なくとも圧力があり、その結果として番組が改編されたのは、(当事者たちは逃げきろうとしてますけど)、傍証がありますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/5462755

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒトラー」つづき:

» ヒトラー・最期の12日間 独裁者だって大変なのよ……。。 [Blog・キネマ文化論]
●ヒトラー最期の12日間を渋谷シネマライズにて鑑賞。 1942年、トラウドゥル・ [続きを読む]

« 映画「ヒトラー 最後の12日間」 | トップページ | お盆あけ »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。