Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 土曜日 | トップページ | 集中講義ほか »

2005/07/31

三島由紀夫ニュース

2件とも、三島由紀夫文学館から教えられた情報ですが、備忘のため記しておきます。

★『決定版三島由紀夫全集』に「憂国」のDVDが!!
ほとんど信じがたい大ニュース!
三島が監督・主演して、2・26事件を背景とした一組の夫婦の心中(中尉の切腹と夫人の殉死)が描かれるこの映画は、故・瑤子夫人によって長らく封印され、公的に見ることができないでいたもの。
これが表に出るとは、事件と言わずしてなんと言おうか。関係者の努力に感謝。

★三島由紀夫全戯曲上演プロジェクト

これも快挙。
ただ、演劇は一回性のもので、地方在住者にはすべてを観るのはかなりキツイ。
以前にあった『近代能楽集』一挙連続公演のときには、一度に2作ずつの上演だったのだけど、演目が切り替わるときに東京に行って、4公演見たっけ。当時は名古屋に住んでいたから、「卒塔婆小町」と「葵上」は名古屋公演もあったし・・。
これも地方公演があるとよいのだけど。せめて大阪まで来てくれれば、、、。

〔2005.8.1追加〕
tpt『道成寺』
8月20日~9月4日。於・ベニサンピット。
tptの『近代能楽集』は、上質なものになること間違いなし。
けど、この時期、上京できるか??

« 土曜日 | トップページ | 集中講義ほか »

コメント

まさかとは思いつつ本当に「憂国」出すのですね。

私は全戯曲上演プロジェクト見られそうにないのでまたご感想などを。

帰国中に近代能楽集、大阪まで見に行きました。藤原竜也君の成長が目を見張りましたがやはり壌晴彦さんお年を召されたのではという気がしました。私は夏木マリの演技悪くないと思いました。

毎日、暑いですね。
「帰国中に」ということは、もう台湾に戻られたのですか?

もちろん、夏木マリの演技は悪くないのです。好きな役者ですし。「桜間級子」に対するイメージの違いかもしれません。

「憂国」DVD化は、とにかく「ニュース」としかいいようがありませんね。

今は台湾にいますがお盆にもう一度戻ります。

私は今回の演出のほうがよりめりはりが利いていたような気がします。イメージの差でしょうね。

この暑い中集中講義は大変ですね。千田キャンパスの木造校舎で(冷房なし)仏文や独文の授業を聴いたことを思い出します。

集中講義を冬に一度北陸でやったことがありますが(終わったあと熱出してぶっ倒れた)もし夏冷房なしであれをやったら死にますね。
ペース配分を考えないといけないと学んだ次第。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/5236545

この記事へのトラックバック一覧です: 三島由紀夫ニュース:

« 土曜日 | トップページ | 集中講義ほか »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。