Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/21

こまつ座「父と暮せば」

komatsuzaこまつ座公演「父と暮せば
・2005年6月21日(火)19時
・広島市南区民文化センター
・作:井上ひさし
・演出:鵜山仁
・出演:辻萬長西尾まり
(6月22日(水)14時も公演あり。共催:広島市

おやこ劇場(子どもコミュニティネットひろしま)でチケットを扱っていたこともあり、もう大丈夫かなと、娘と一緒に3人で観劇。
あらかじめ、おおまかな人間関係は話しておいたので、娘にもだいたいわかったみたいだ。子どもは感受性が強いから、一つ一つの言葉を具体的に想像してしまうようで、途中、ちょっとこわくて耳を両手でふさいでしまうところもあったけど、なんとか最後まで観ていた。

原爆投下から3年後。
生き残ったことを申しわけなく感じ、幸せになることはできないと思っている娘。爆死したものの、木下への恋心を封じ込めようとしている娘の恋の応援団長をかって現れた父親。
わずか1時間半の二人芝居で、場所が変わるわけでもない。だが、戯曲がしっかりしていると、これだけ豊かな世界が立ち現れるのだ。

若干、西尾の広島弁のイントネーションが気になるところはあったものの、辻萬長と西尾まりの組み合わせはよかったと思う。
西尾は、愛らしいというより、しっかり者の印象がより強く、ごく普通の娘の、だからこそのかたくなないじらしさが出ていた。
辻は、下町の父親の娘思いのせつなさがいい。野球の素振りやキャッチボールのマネをしていたが、生きていたならば、ふつうの広島のカープファンのおじさんだったはずなのに、、と思わせるキャラクターを作り上げていた。

とくに最後の、こんなに酷い別れがこれから後にあってはいけない、お前はそれを伝えるために生きるのだ、自分の分まで生きてくれ、と父親が娘に語るところが、胸にせまった。
娘が、話を採集して絶対に変えることなく子どもたちに伝える会の活動をしていること、図書館に勤めていること、木下の蒐集した原爆資料を家で保存すること。この作品のテーマは、過去を、記憶を、「後世に伝える」ということだ。一人一人がその責務を負っている。

そして、会場となった南区民文化センターは、作品の舞台とされる比治山のふもとにある。60年前に、ここでそんなことがあったかもしれない、、そうした思いを抱かせる舞台だった。

と同時に、今日の芝居を見終わって、黒木和雄監督の映画版「父と暮せば」のすごさも改めてわかった。基本的なセリフはほとんど変えることなく、二人芝居から3人目の木下を入れ、舞台の映画化という難行に見事に成功していたのだから。。希有の作品だと言ってよい。

※ さて、被爆60年。来月、広島ではさらに「父と暮せば」関係のイベントが相次ぐ。⇒中国新聞

演劇ユニット体温「父と暮せば」公演
・広島市東区民文化センター
・2005年7月23日(土)14:00~、18:00~

●井上ひさし講演会
・「次世代に平和をどう語り伝えていくか」
・広島市南区民文化センター
・2005年7月24日(日)18:15~  (1200円)

4101168288 父と暮せば
井上 ひさし
新潮社  2001-01


by G-Tools

2005/06/18

島田雅彦から山田詠美への手紙

朝御飯を食べながら新聞を読んでて(お行儀悪い!)、朝日のbeに載っていた島田雅彦のコラム「文豪書簡」にしばらく釘付けになった。

タイトルは「おめでとう 作家生活二十周年の山田詠美へ」。
ずっと共に書き続けてきた仲間に対する、これ以上ない讃辞だと思う。とくに、

 今はかつてのあなたよりもずっとえげつなく赤裸々な性を謳歌(おうか)する女性作家も珍しくないけれども、あなたが薮(やぶ)を切り開き、ならした道を辿(たど)っているに過ぎない。あなたの本を読んで本能の正しさや倫理を学んだ少女たちは、あなたを見本に大人のいい女になろうとしている。山田詠美みたいな女が増えるのは大歓迎だ。

というくだりに、胸うたれましたよ、アタクシは。

山田詠美は直截な性描写が話題になったけれど、実はとても倫理的な人だと思う。
授業のなかで、『風葬の教室』や『僕は勉強ができない』を使うことがあるけど、とくに『風葬の教室』によって高校時代までのトラウマ(いじめ)を初めて直視できるようになった学生たちが何人もいる。傍観者も加害者といっしょだ、個として自立しようよ、という山田詠美のメッセージは、目立たないように・みんなと同じにしてなくちゃ叩かれてしまうと萎縮していた学生たちの心に響いていく。

大人の性愛と、少年少女の感性と。一見相反する二つのモチーフを山田が追求してきたのも、若い世代に対してメッセージを届けようという意志からだろう。
そうした山田詠美の「正しさ」を、島田雅彦はきれいに掬いとっている。いい関係だよな。

実は、山田詠美や島田雅彦とは同学年だ。内田春菊・佐伯一麦も。もう少し広くとれば、松本侑子・松浦理英子・山本文緒・重松清・保坂和志といったところも、同世代だと言っていいだろう。
なんやかや言ってても、やっぱり同世代の作家って気になって、いつのまにやらフォローしてしまっている。そして、島田・山田・佐伯の鼎談なんか読むと、そうそう、そんなことあったよねー、とニマニマしちゃうわけだ。

ともかく、山田詠美の作家生活二十周年を島田とともに祝いたい。
そして、同世代の読者としては、いっしょに歳をとっていきたいものであります。

4101036187 蝶々の纏足・風葬の教室
山田 詠美
新潮社  1997-02

by G-Tools

2005/06/17

カレンダー

ずっと工事中だったBekabekkaさんの年度カレンダーが、web上でようやく公開。

かわいいです。ぜひご覧くださいませ!

〔2005.6.21追記〕
広島市の男女共同参画の啓発パンフレット「でゅえっと  HIROSHIMA」No.19・20の表紙に、Bekabekkaさんのイラストが載っている。
今日、区民文化センターで発見してびっくり!  独特のほのぼの~~とした絵柄で、一目見てすぐにわかりました。すごいねー。

2005/06/16

榎本ナリコ『こころ』

4091848168 こころ
榎本 ナリコ
小学館  2005-05-14

by G-Tools

複数の学生に、こんなマンガが出てますよー、と教えられ、読んでみた。

漱石の『こゝろ』を、設定を現代化して、しかし要所要所の会話や内面吐露は原作のまま。面白い翻案だと思う。
ネタバレになるので詳しくは書けないけど、Kの死後・現在のパートで原作と大きく違うところも。現代だとそうなるのかなあ。
また、青年の「自分探し」の色彩が色濃いのも現代版ならではか。

4101010137 こころ
夏目 漱石
新潮社  1952-02

by G-Tools

2005/06/14

蜷川幸雄演出『近代能楽集』

・2005年6月11日(土)19:00
彩の国さいたま芸術劇場
・原作:三島由紀夫
・演出:蜷川幸雄
★「卒塔婆小町」:壤晴彦高橋洋
★ 「弱法師」:藤原竜也夏木マリ・瑳川哲朗・鷲尾真知子・清水幹生・神保共子

ホリプロ
シアターガイド
6月19日(日)まで。その後、新潟・愛知・大阪公演あり。
---

蜷川さんの『近代能楽集』といえば、三島没後の1976年に行われた連続公演の「卒塔婆小町」が幻の名舞台と言われていた。平幹二朗(老婆・小町)、寺泉憲(詩人)の公演の様子を、新潮カセット文庫でしのぶのみで、私にとってはまさに眷恋の舞台だった。

初めてナマで観たのは1990年、新神戸オリエンタル劇場で。このときは、「卒塔婆小町」と「邯鄲」の組み合わせ。老婆は、平から、今回と同じく壤晴彦に変わり、詩人は井上倫宏だった。(ちなみに「邯鄲」の方は、松田洋治と松本留美の組み合わせ。)

そして、前回は2000年11月に大阪ドラマシティで(この舞台を見てから、山中湖のフォーラムに行ったのだった)。「卒塔婆小町」と「弱法師」で、役者もほとんどが今回と同じ。「弱法師」に若干交代があり、桜間級子が高橋惠子から夏木マリへ、俊徳の養父・川島が筒井康隆から瑳川哲朗へと変更。

この2000年の舞台が、私にとっては「卒塔婆小町」の決定版となった。
「卒塔婆小町」は、『近代能楽集』のなかでおそらく最も上演数の多い作品のはずだ。私自身、第三エロチカ、李麗仙の小町、tptなどナマで何度か見ているし、ビデオなどで拝見したものもいくつかある。そのなかで、やはり図抜けていた。

基本的な演出は、おそらく初演のときから変わっていないはず。舞台の周りに椿の木々があり、ぽたっぽたっと椿の花が落ちてくる。公園のカップルはすべて男性。カセットで聞くかぎり、音楽も若干の変更はあるものの、基本的は同じ。
とにかく、この公演で、私の目にも老婆が美しく見えた。詩人の認識の中の老婆=小町の美を、それは主観的なものであるにもかかわらず、感じ取ることができたのだ。それまで幾多の舞台が、照明や衣装を変えたり、、といった工夫で老婆の醜さと小町の美しさを同一人に映そうとした(ダブルキャストもあったらしい)。それを、壤晴彦と高橋洋は軽々と超えたのだった。生身の人間が観客の目の前で演じる演劇で、皺だらけの老婆を美しいと思わせる。詩人の主観的美を観客に体現させるなどという困難を、蜷川演出はやってのけたのだ。観る者にとっては、至福の体験だと言ってよい。

この2000年の舞台では、藤原竜也を初見。若さとうまさとが強く印象づけられ、帰ってからも「ただのアイドルじゃない」と吹聴してまわったのだが、作品としては「卒塔婆小町」の方が圧倒的に上だった。

さて、今回。
正直なところ、今回は私にとっては、「弱法師」の方が、「卒塔婆小町」よりよかった。
理由はよくわからない。

「卒塔婆小町」の演出は、基本的には変わらなかったと思う。鹿鳴館の場面に入って、曲がっていた老婆の背筋が伸び、小町へと変化していく。
壤も高橋も、キチンとこなしていた。だが、なぜか前回ほどの絶後といった印象は持てなかった。
前回から5年間、あまりに素晴らしい舞台だという思いが私の中で発酵し、期待を持ちすぎていたのかもしれない。あるいは、今回、座席に恵まれ(前から4列目のど真ん中。2000年のときには、やや後ろよりの席だった)、老婆の顔に描かれた皺があまりにハッキリと見えすぎて、詩人の主観に同化するジャマをしてしまったのかもしれない。

対して、「弱法師」の方は、もはや「少年」から「青年」へと成長した藤原竜也が、この世の終りの劫火を見た俊徳を演じきっていた。そして、5年間の役者としてのキャリアから生じるオーラ。キラキラしていた。 ただ、俊徳の終末意識を否定する桜間級子は、優しく包み込むように現実を体現するという点で、高橋惠子の方が夏木マリより合っていたようだ。夏木マリは素敵な女優で好きだけど、包み込むような暖かさより、豪奢な冷たさが持ち味(「阿修羅城の瞳」の美惨みたく)。なんだか桜間の雰囲気が変わってしまった気がする。
それにしても、幕切れで三島の最期の演説を流し、俊徳の終末観と三島自身とを重ねようとした蜷川の演出意図は、ともかく伝わってきた。

それにしても、なんで新潟公演があって、広島がないのだろう??(せめて福岡には来てよーー)。 広島公演があったら、学生さん誘って大挙して(そんなにいないか(^_^;・・。いや、誘うぞー!)押しかけるのになあ。。
ともかく、DVD発売を切望

4101050147 近代能楽集
三島 由紀夫
新潮社  1968-03

by G-Tools

2005/06/13

倉橋由美子さん死去

朝日新聞
毎日新聞
読売新聞

学生時代に遅ればせながら『パルタイ』を読んだときの衝撃は忘れられない。
当時すでに学生運動は過ぎ去り、しかし大学にタテ看はまだあった。もはやはるか遠い過去となった今、若い読者はどのように読むのだろうか。

知的で実験的な作風を継承するのは、松浦理英子あたりか。
倉橋訳の「新訳 星の王子様」。読まなくっちゃ。

ご冥福をお祈りいたします。

4101113076 パルタイ
倉橋 由美子
新潮社  1978-01

by G-Tools

2005/06/12

帰ってきました

昨日早朝に関東方面へ出かけ、さきほど帰宅。

日本女性学会(於・横浜国立大学)に参加。学会員になってけっこう長いのだけど、参加するのは初めて。(私が学会に行く、といったら、ほぼ日本近代文学会。テーマによって、昭和文学会)。
当然だけど、女性学会は近代文学会とは全然感じがちがって、フェミニンでアットホームな雰囲気。
男性の参加者も想像してたより多い。

シンポジウムは「フェミニズムと戦争―「銃後」から「前線」への女性の「進出」!?を踏まえて」。⇒要旨はこちら
アフガン開戦の理由として「タリバンからの女性の解放」があげられ、保守派にフェミニズムが簒奪・利用されたことや、アメリカのフェミニストの楽観性、イラク・アルグレイブ刑務所での女性兵士の男性虐待の件などをめぐり、興味深い報告がつづいた。国家の保護をめぐって、パネリスト間や会場からも応酬があり(その間に、パネリストのパーソナルなトラウマをめぐる感情的な告白もあったりして、こんなのも文学関係の学会ではありえない?!)、また、戦争とDVとの類比もしきりに行われた。なかに、三島の分析にも使えそうな議論もあった。
それにしても、頭のきれる女性たちを見てると気持ちいい。

会場で名古屋時代の同僚に偶然出会う。(彼女は学会幹事だから、もしかしたら会えるかな?という期待はしてたのだけど)。たぶん5年ぶりぐらいに会って話ができて、すごーくうれしい。気の合う女性の同僚って、やっぱりいいよなあ。。(今の勤務校は同僚にとても恵まれてるのだけど、いかんせん女性教員が少なすぎ)。
私の前前任校に彼女はずっと勤めていて、学校の話を聞く。うーん、色々あるわな。
ちょっと体調をこわしてるみたいだけど、お大事に。

さてさて。
初日は、学会のあと、彩の国さいたま芸術劇場まで、蜷川幸雄演出の『近代能楽集』を観に行く。(書けたら、そのうちレビューを。なーんて書くと、書けないんだよなあ)。
横浜-埼玉(与野)間は遠い。。横浜国大も横浜駅から少し離れた場所だし、ちょっとした小旅行。あらかじめ調べておいて湘南新宿ラインを使ったのだけど、各駅だと一体どのくらい時間がかかったことやら・・。(乗車したのは横浜-大宮間。大宮から埼京線で劇場のある与野本町まで2駅戻る。1時間も乗るのだし、どんなものか興味もあったので、ちょっと奮発してグリーン車に。混み混みの普通車と違い、2階建てで見晴らしもいいし、広くてすごく快適!)

疲れたけど、学会とお芝居で頭と感性にビタミンを与えて、また明日からがんばりませう。

2005/06/06

「あなたがうまれるまで」

子どもコミュニティネットひろしま(旧 おやこ劇場)の例会「あなたがうまれるまで」を、親子3人で見る。

くわえ・ぱぺっとステージ人形芝居ひつじのカンパニー合同企画
 (出演:つげくわえ・北村直樹)
・2005年6月5日(日)14時半~
・広島市西区社会福祉センター 会議室

おやこ劇場など、子ども向けのお芝居ではときどきある形なのだけど、平場の会場の前の方に敷物を敷いて子どもたちが座り、大人は横や後方に置かれた椅子席で鑑賞。ホールのように大きな会場ではなく、小さな部屋だし、舞台が段になっているわけでもなく、演じ手と子どもたちの距離がとても近い。

人形劇の北村直樹さんは、以前に「キナコちゃんとダンス」を二度ばかり見たことがあった。つげくわえさんの方は初めて。
数体の人形を操り、役者としても登場し、二人だけで行っているとはとても思えないぐらい豊か。プロの芸だなあ。
・・だけど、子どもたちにとっては、そんなスゴイ芸に感心する、というよりは、すぐ目の前に面白いお話が展開されているといった、日常の延長上のような気さくな雰囲気。

メインの「あなたがうまれるまで」は、赤ちゃんの受精から誕生までを、胎児自身とパパ・ママの感情と身体の変化を、ユーモラスにそして真摯に追っていく。妊娠中のいろいろなことを思い出しちゃった。

見終わって、子ども席からやってきた娘が、「私の生まれたときは?」などと尋ねるかなと思っていたけど、彼女は前座の「きらいきらい、ちょっとすき!」の方が印象深かったみたい。もう赤ちゃん時代のときのことよりも、友達との関係づくりの方に関心が向かっているんだな。大きくなったよ。

2005/06/02

「髑髏城の七人 アオドクロ」映像版

新感線のゲキ×シネ第2弾、「アオドクロ」を観る。(→「アカドクロ」の感想はこちら)

同じ筋立ての芝居が、意匠によってこんなに変わるのか、という驚き。ストレートプレイな時代劇であるアカドクロに比べると、こっちはミュージカル仕立てでほんとに華やか。
最初は、宝塚調?  軽すぎ!と違和感があったのだけど、次第に劇に入っていって、アオドクロの世界を存分に楽しめた。

古田新太とまったくタイプ(体型も(^o^))の違う染五郎の捨之介は、清新でよかったし、天魔王との演じ分けもキッチリと見せてくれた。。
アカドクロでは水野美紀がだった蘭兵衛を、男性である池内博之が演じたことで、天魔王とのシーンがクラクラするような見せ場に。
また、極楽太夫の高田聖子の、歌って踊ってのハジケっぷりがすごい。かわいらしい印象があった坂井真紀の極楽太夫とうってかわって、ダイナミックなお色気と関西なまりの気さくさの二極がきわだっていた。

開演前・休憩・終了後の劇場アナウンスも、主演の染五郎。コミカルな古田とちがうマジメなアナウンスでございました。

演劇を、単なる劇場中継ではなく、映像化するゲキ×シネ。
ナマで観るにこしたことはないけど、さまざまな制約でなかなか芝居を観ることができない層にとって、そして実際に観た人にとっても楽しめるこうした試みを、もっと続けてほしい。
おうちでDVDで見るより、やっぱり大画面で楽しみたいから。

2005/06/01

水無月

6月に入りました。暑いですね~。

更新も半月ほど途絶え、ちと情けない。
この間、そして今も、授業のかたわら、学会関係の実務(ホントに形而下的実務)に明け暮れています。(T_T)

ブログの方は、下書きしたままの記事もいくつかあり、少し手を入れてupできるものはしたいのですが、そのままにしているうちに、時宜というか季節を逸したものもいくつかあって、残念。
5月の連休が終わってから7月末までが、祭日もないし、学会などで土日はつぶれるし、長いのですよね。

・・・というわけで、少々お疲れモードの昨今なのですが、今夜は、ゲキ×シネのアオドクロを観てきます! 楽しみ!
ダンナが一足先に、昨夜観ていてしゃくにさわりますが(よく先に観られるな、と思いますが)、ま、気にせずに。
これを励みに、今日の授業、3コマがんばりませう!

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。