Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/15

映画「阿修羅城の瞳」

監督:滝田洋二郎
出演:市川染五郎(病葉出門)、宮沢りえ(つばき)、安倍邪空(渡部篤郎)、樋口可南子(美惨)、内藤剛志(国成延行)、小日向文世(四世鶴屋南北)

ゲキシネのアカドクロのとき、特典の手鏡に惹かれて前売り券を買っていたのに、午前と深夜の2回上演となり、そろそろ公開も終わりに近づきつつあるようで、ちょっと焦りながら見に行った映画版の「阿修羅城の瞳」(於・バルト11)。
前売券を座席券と引き換えた時には、まだ全席空いていて、ど真ん中の席を確保。その後、上演開始ギリギリに二人の客が入ってきたのだが、いずれも私より後方の席だったので、全く視界を遮るものがなくスクリーンを独占。観劇条件としては最高だった。

が、映画自体の印象は、うーん。。
私は2003年版の劇団☆新感線公演の「阿修羅城の瞳」の大阪松竹座の大楽を観たことがある。(このときは、昼は阿修羅城、夜はスタジオ・ライフの「Lilies」、と二つの大楽をハシゴするというとっても贅沢な一日だった)。総立ちの観客と、長期公演を演じきった喜びいっぱいの役者の間のなんとも幸福な一体感が忘れられず、どうしても演劇版と映画とを比較してしまったのかもしれない。

主演は、両作とも市川染五郎。
だが、演劇版に出てきた桜姫(高田聖子さま!)や祓刀斎も省かれて、映画版は、出門、つばき、美惨、邪空の四者の関係とそれを垣間見る南北に整理され、なかんづく出門とつばきのラブストーリーに筋を集約していた。演劇にあった混沌とした祝祭的空間を整理したのは、それが好きだった者にとっては残念だけど、映画制作の上ではやむをえないだろう。

だが、根本的な問題は、この作品は、演劇的想像力によって成立する世界を扱っていたのではないかということだ。そうした演劇的世界を映像化することで、かなり陳腐になってしまったように思えるのだ。

たとえば、阿修羅となったつばきは、3面菩薩の頭像に化す。人の背丈以上の頭をCGによって見せるわけだが、大きくて身じろぎもしない宮沢りえの頭だけのCG化されたアップを見ていると、 なんだか色々と雑念が入ってくる。頭を固定して動かないように撮影したんだろうなあ、 なんて想像したり、西遊記のお釈迦様=高峰三枝子の姿(堺正章が孫悟空、夏目雅子が三蔵法師だったドラマね。ゴダイゴ、懐かしい!)などが唐突に思い浮かんだり。とにかく雑念が入って、おかしくてたまらず、とてもとても神聖かつ恐ろしき阿修羅には見えないのだ。
このキモとなる場面で観客に滑稽感を味あわせちまうようでは、作品としてはどうしようもない。

奇しくも宮沢りえが出演した「父と暮せば」でも書いたけど、基本的には、映画は映像を見せてなんぼの世界だから、その映像がリアルでないと観客はしらけるばかりだ。観客の想像力によって、いくらでも無いものを見せることのできる演劇の世界とは違う。
その点で、阿修羅城の世界観は、演劇的想像力の産物として、観客のイメージの世界にこそ浮かぶことのできるものではないだろうか。

また、演劇ではさほど気にならないのに、映画だと、役者がアップになるたびに、その役者の別の配役のイメージが浮かんできて、現に見ているスクリーンの役柄イメージを壊してしまう。

たとえば、内藤剛志が出るたびに、「is.A」の苦悩するまじめな父親役をやっていたときの内藤剛志が思い浮かんで、鬼御門の頭領としての扮装が仮装に見えて仕方なくなる。
すぐれた役者は何本もの出演作をもち、さまざまな傾向の役を演じる。露出度の高い役者を使えば使うほど、過去の作品のイメージの残像が強く二重写しとなってしまう。
これまた、「阿修羅城の瞳」のように独特の時代・感性を扱っている作品にとっては、そのイメージを壊す、かなり苦しい観劇体験を観客に強いることになる。

そういった点を除けば(・・て、致命的な気もするけど)、役者はよかったと思う。演劇版との比較は、完全に好みの問題になりそう。
染五郎については、もう言うことなし。出門は、完全にあなたの役です!
つばきは、宮沢りえはかわいらしく、私は天海祐希の方が、殺陣の力量はむろんのこと、男気が感じられて好き。でも、染五郎との対でいえば宮沢りえの方がよかったかも。
邪空は、演劇版の伊原剛志の方が野性的な凄味があって私は好きだけど、これまた完全に好みの問題としか言えず、渡部篤郎はニヒルなこわれ方をしていて、かなりよかった。
美惨は、夏木マリも迫力があったけど、樋口可南子がさすがのクールかつ妖艶さを示していてたまらない。

また、金比羅の金丸座で染五郎が歌舞伎を演じるシーンを劇中で見られる・・・なんてのも、やはり映画にしかできないこと。華やか、かつ贅沢でございました。

2005/05/14

第29回広島近代文学研究会

日時:2005年5月14日(土)14時~17時
場所:安田女子大学

★研究発表
・「90年代文学における〈家族〉という現象
  -柳美里『フルハウス』を中心に-」
  安田女子大学大学院  谷川充美氏

・「チャタレイ裁判における日本的問題
  -男女の関係における主体性のあり方について-」
  比治山大学大学院修了生  甲便友己氏

★次回の研究会は、2005年9月10日(土)に、安田女子大学で開催予定。

★本日の研究会のあと、安東駅近くの「あさ菜ゆう菜」にて懇親会。

2005/05/05

こどもの日

kashiwamochiかしわもちを作りました。
わりと簡単にできるので驚き。

このところ、娘は料理に興味をもっている。
昨日は、一人でホットケーキを焼いて食べさせてくれた。
「自分でつくって言うのもおかしいけど、おいしいねー(これは実は母親である私の口癖だったりする・・)、このホットケーキ。ふっくらしてて、中はもちもちっとしてる」などと自画自賛しながら。。。
もちろん、こちらもほめちぎる。

kashiwamochi2週に一度ぐらい、娘が夕食を担当してくれるようになるのが、われわれの夢。大いなる野望に向けて着々と調教?は進む・・。
でも、かしわもちもホットケーキも、ほんとうにおいしかったよ。

2005/05/03

連休ですねー

tutujiいいお天気ですね。どこか行かれましたか?

わが家は、5月に入って、福山にあるみろくの里へ行ってきました。
娘が2歳ぐらいで初めて連れて行ってもらった遊園地で、世の中にこんな面白いところがあるのか、、と思ったようで、なかなか帰ろうとせず、夕方、閉園まぎわにようやく園から連れ出したところ、駐車場で仰向けに転がり手足ををばたつかせて泣きながら抗議したことも、今は懐かしい思い出。(泣き叫ぶ娘をむりやり車に乗せたとたん、熟睡。子どもは限界まで遊ぶものだ・・)。
それから5歳ぐらいまで3回ばかり行ったことがあったのだけど、最近はとんとご無沙汰。久々でした。

関東や九州にある今どきの“テーマパーク”に比べると遊具もたいしたことはないけど、ゆったりしててすぐに乗れるし、これで十分。
golf娘ももう身長制限にひっかかることもなく、すべての乗り物に乗れ、なかでも今回ゴーカートに一人で乗って運転したのがうれしかったよう。出発したところで見た顔は、こんな顔もできるんだなあ、、とびっくりするくらい緊張感でキリッとしていました。
パットゴルフも初体験で、一緒に身体を動かして親の方も楽しみました。
遊んだあとは、園内にある神勝寺温泉で汗を流して(菖蒲湯とみかん湯!)さっぱり。気持ちよーく帰宅できました。

この連休が始まる前日、娘は体調を崩して小学校をお休み。軽いウィルス性大腸炎で、実家に預けて寝かせました。
連休最初の日は、私もダンナも新歓遠足で(なぜかいつも仕事が重なる!)、娘はまたまた実家に。
翌日は、私も娘の体調不良がうつったのか身体がだるく、娘を小児科に連れていった以外は、いっしょに一日寝ていました。。

・・と、ここまで娘にとっては少しさえない連休だったのだけど、体調をみながらだけど、遊園地に行って楽しめる状態になってよかった!
明日・4日は、広島市全体の学童保育のお祭り(親子のつどい)に参加する予定。ということは、今日と5日は自由に使える貴重な日なわけで、ダンナと交代で自由時間をもつことに。
・・・というわけで学校で、少し仕事をする予定です。。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。