Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 広島の桜 | トップページ | 神奈川近代文学館の三島由紀夫展 »

2005/04/18

近況

更新が一週間以上あいてしまった。。。

●土曜日にひとつ、お仕事が終了。公開講座でのお話。
今回初めて準備した内容で、アンケートはおおむね好評だったけど、反省は多い。内容的にも話し方の面でも。

話をするときって、同じ内容を2度目に話すときがいちばんうまくいく気がする。初回はできたてのほやほやでまだこなれていない。2回目は初回の反省をうけて、内容的にも話し方もかなり充実。3回目以上になると、少々飽きてきて話していても乗り切れない。。
それは授業もまったく同じ。クラス分けのため同じ年にリピートするときにも2度目の方がうまくいく。ある作品についての講義を初めて行う年よりも、翌年、あるいは数年たって話すと、それ以降の考察や研究状況も入れられてなかなか面白い。
だが、同一年に3回以上同じ話をするのは苦行以外のなにものでもない。以前、同一シラバスで1週間に3クラス話すことが求められたことが一度あったけど(届け出の関係で、同じ内容じゃないと許されなかった(T_T))、いったいどのクラスでどこまで話しのたのだか混乱してくるわ、学生は初めてきく話なのだからと自分の中でも新鮮さを保つのに苦労した。

さてさて、今回の講座は初めて喋る内容で、ちっとばかし反省もある。でもまあ、春休みから準備していて、ずっと心のどこかにひっかかっていたイベントが終わったのでホッとする。うまくいけば一部は論文化することもできるかも。

●昨日は、娘とサイクリング、、というほど大げさじゃないけど、自転車で比治山まで行く。
ちょうど広島市現代美術館で「草間彌生展」の最終日だったので入ってみた。

これが面白い!
私は小説や演劇・映画は好きなのだけど、正直なところ、絵画や韻文に対する感受性があまりよろしくないことは自覚している。が、こんなのあるんだ、ととても楽しめた。
私の親と同世代で、こんなに自由に楽しく圧倒的なボリュームで創作できるんだ、、と目が見開かされる思い。
ブラックライトを使った部屋や、底に水がはられ鏡張りになった小部屋に一組ずつ入っていく「水上の蛍」、無限につづく梯子を見下ろし見上げる「天上の道」など、楽しい工夫がいっぱい。待ってる間もワクワクしてきて、娘も「来てみてよかったー」と言っていた。

最終日ということもあってか、なかなか盛況。4年生の学生にも出会う。就職活動で市内に来て、最終日だから来てみたとのこと。アンテナを張っていていいなあ。。
anmitsu見終わってから、喫茶で、娘はチョコパフェ、私はあんみつを頼んだのだが、これが二つともかなり大きかった。せっかく自転車に乗っても、消費エネルギーより摂取カロリーの方が上回ってしまったが、まあ、気にしないでおこう。

« 広島の桜 | トップページ | 神奈川近代文学館の三島由紀夫展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/3750039

この記事へのトラックバック一覧です: 近況:

« 広島の桜 | トップページ | 神奈川近代文学館の三島由紀夫展 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。