Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 栗原貞子さん死去 | トップページ | 橋本治『蝶のゆくえ』 »

2005/03/09

アパート探し

今日は、先日の休日出勤の代休。午後から文楽に行く予定(^_^)

昨日は、4月から受け入れる留学生のアパート探しをした。留学生会館に申し込む予定だったのが、受給金の関係で留学生ビザではないため会館には入れないことがわかり、急遽、民間アパート探しを頼まれたのだ。いまどきの教員はたいへんだ。
私は大学周辺にまったく土地勘がないので、前もって大学院生のNさんに周辺の住宅事情についてレクチャーしてもらった。

昨日は、正午に入試の合格発表があり、その後は新入生が押しかけることが予想されるため、物件探しは午前中が勝負。9時すぎには、すでに生協には住い探しの新入生とその父兄がけっこういたが、その群れの中にもぐり込む。

最初は、トラブルが多いため代理人での住い探しはダメだと断られた。じゃあ本人が来日する3月末にも条件のいい物件が残っているのか?と尋ねると、それは難しい、との答え。
本人には私の方からキチンと説明するから、またトラブルを起こすような人ではないことは保証する、ということで認めてもらう。
(院生や他の留学生に探してもらえばいいじゃないか、と人から言われたのだが、それではとても受け付けてはもらえなかったかもしれない)。

ともかく、その後は、生協の方々にもとても親身に相談にのっていただき、無事、比較的安くて、近くて、静かで、便利な物件を見つけた。(その代り、築年数がたっていて、東向きで若干日当たりに難。でも、そこは目をつぶってもらおう。なにもかもそろったところなんかない。本人が万一不満だったら、私が夜遅くなって広島まで戻るのがしんどいときなどのセカンドハウスに使いたいくらいだ。そんな余裕のお金はないけど・・)。
手付け金を入れて、保証人欄にも押印して、敷金等も振り込むことを約束して、ほぼ契約に近い形まで行う。あとは、来日した本人が本契約を結ぶのみ。

それにしても、今どきのアパート探しは、システマティックにすすむ。
まずスタッフと相談のうえ、予算等の条件により3軒まで絞る。そして、生協が何台も借り上げているタクシーを使って、別のスタッフと一緒に下見。(タクシーが戻ってくるまで、だいぶ順番待ちがあった)。一部屋に決定したら、別室で専任のスタッフから重要事項説明を受けたあと、契約、という手順。
下見で、空き部屋も見たし、大家が借り主の許可をとった上で鍵をあけてくれて使用中の部屋も見させてもらった。ロフトベッドにコタツに本棚。学校で会う学生たちは、こんな部屋に住んで勉強し生活してるんだな、、と思うと、なんだかとてもいとおしい。

といっても、部屋もピンキリで、両親と姉の4人で来ていた男の子の相談が隣で聞こえたのだけど、アパートの倍の予算でマンションタイプの部屋を選んでいた。また、仲良く同じアパート(部屋は別)に住まう相談をして下見に行っている男の子二人組もいたり、両親だけで娘のアパートを選んでいたり、それぞれだなあ。

結局、私の場合には、ちょっと特殊だったので、朝9時すぎから12時半ぐらいまでかかって終了。本人が気に入ってくれればよいのだが。。

« 栗原貞子さん死去 | トップページ | 橋本治『蝶のゆくえ』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/3229894

この記事へのトラックバック一覧です: アパート探し:

« 栗原貞子さん死去 | トップページ | 橋本治『蝶のゆくえ』 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。