Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 日本女性学会の男女共同参画Q&A | トップページ | 卒業おめでとう! »

2005/03/19

清原なつの・讃

千利休
清原 なつの
本の雑誌社 2004-12


by G-Tools
先日、朝日新聞の書評欄に清原なつの『千利休』が載っていた。絵をみたとたん、あ、花岡ちゃんだ、、と、あまりに懐かしくて、ついつい注文してしまった。

この世代ならばみんなそうなのだけど、私もやっぱり少女マンガで育ったクチ。一条ゆかりや大矢ちき、池田理代子に山本鈴美香、山岸凉子などなど。(あー、名前を列挙してたら、色々と思い出してきちゃった)。恋愛、スポ根、歴史もの、コメディー。瀟洒なもの、エネルギッシュなもの、すべてにおいて黄金期だったと思うが、印象に残っているのは煉られた長篇ストーリーだ。

そんなラインナップのなかに、もう高校生になってからだったと思うのだけど、『花岡ちゃんの夏休み』が出てきたときは新鮮だった。少女マンガにテツガクが入ってるというか、花岡ちゃんと蓑島さんのとぼけた関係は、それまでの少女マンガにないものだった。
短くてたいしたストーリーはないのだが、一つの作品世界として個性的で完成していた。『ゴジラサンド日和』なんて、面白い話もあったけど、やっぱり極めつけは、花岡ちゃん。冷めた哲学的少女、でも浮いてはいない花岡ちゃんは、実に味があって魅力的だった。
再読したかったのだが、実家に見当たらない。もうちょっとちゃんと探したいけど、もうないのだろうなあ。。

さて、『千利休』。(コミックにはよくある何十巻といった)大長編ではない。千利休という人間と生きた時代の歴史的事実を紹介するのに追われている部分もあるのだが、それでも、名物に翻弄される人々のなかに生きる利休の人間性は見えてきた。
朝顔の挿話などは、野上弥生子の『秀吉と利休』と比較してみたり。
それにしても、秀吉を思いっきり猿顔にデフォルメしてもなお品性を感じさせる独特の描線。信長や秀吉が愛知・岐阜方言でしゃべっても、やっぱりちっともいやらしくないところは、本当に清原なつのの特性なのだろう。

そういえば、清原なつのは、私が読んでいた頃にも有間皇子の物語などを描いていたのだった。鹿と牟婁の湯につかるシーンなどを思い出す。神は細部に宿るのか、花岡ちゃんの「豆の湯」とか、20年以上たっていても細かい場面や絵は記憶に残っているものだ。

« 日本女性学会の男女共同参画Q&A | トップページ | 卒業おめでとう! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/3344283

この記事へのトラックバック一覧です: 清原なつの・讃:

« 日本女性学会の男女共同参画Q&A | トップページ | 卒業おめでとう! »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。