Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« TB:トラックバック企画 文字入力のこと | トップページ | 日本女性学会の男女共同参画Q&A »

2005/03/16

人生は手帳で変わる?

いま手帳を替えようと画策中。というか、切り替えて、新しいのを試用しているところ。・・・なのだが、まずは私がこれまで使っていた手帳について書いておきたい。

planner1私は、この10年ぐらいずっと、大学生協のキャンパスダイアリー(能率手帳タイプの綴じ手帳)のカバーを外して、中身だけをミニ6穴のシステム手帳にはさんで使用してきた。予定は生協手帳に書込み、毎年使う記録(個人情報や観劇記録、手元に残しておくべき会議メモなどなど)はシステム手帳のリフィルを使用。大学生協のキャンパスダイアリーは年度単位(4月~翌年3月)なので、その年度が終わったら最初についてたカバーをつけて保管し、次年度のをバインダーに差し替え、システム手帳の方は恒常的に使用。住所録は、筆まめの一覧表を縮小印字してパンチで6穴あけてシステム手帳に入れていた。

システム手帳用の予定リフィルを使わなかったのは、当時売られていた年度単位のミニ6穴用リフィルに気に入ったのがなかったからだ。左側の週間予定に時間印がなかったり、あっても記入できる1日の時間が短すぎたり、紙質がイマイチだったり。また、バインダーが気に入ってアシュフォードにしたのだが、付属のリフィルをとりあえず使っていたときに、記入時にバインダーのリングが手に当たって書きづらいのも不満だった。これはシステム手帳自体のもつ短所なわけで、解消させるには綴じ手帳を使うしかない。
で、結局、それまで使い慣れていた大学生協の綴じ手帳を、バインダー左側のポケットにはさんで使うようにした。ちょうどミニ6穴システム手帳と大きさが同じだった。手帳後ろに付属していたメモ用白紙など不用なものはカッターで切り取って重量を軽くし、予定部分だけをはさんだ。
ミニ6穴なのでリングサイズは1.5センチだが、手帳をバインダーにはさんだため、厚みは倍近く、パンパンになった。

もともと、学生の頃は、うすっぺらな月間予定の手帳(1カ月が見開き2ページで、1日がブロックで区切られているタイプ)で十分だった。就職してみると、さすがにそれでは全く使い物にならず、手帳を色々と物色した。学校なので、年度単位であること絶対条件で、そうしてみると結局大学生協のものが使いやすいことに気づき(前後期の時間割記入欄があったりね)、卒業してから初めて、出身校の生協手帳を使い始めたという次第。毎年初冬に、自分で買うか、人に頼んで購入していた。
数年間は購入したままの状態で使っていたのだが、そのうち、恒常的に使うページを毎年新しい手帳に書き写すのが面倒になり、(生協手帳も、住所録だけは別冊だったので、次年度も差し替えて使っていたが)、そうした不変部分や記録・メモの用途をシステム手帳に移行させたのだった。

さて、このシステムで10年近く、それなりにうまく機能していたのだが、この1~2年、もう少しうまくいかないかな、、という気持ちが芽生えてきていた。最近2年間。昨年度=前任校の最後の年は、種々の事情でメチャクチャ忙しかった。また今年度学校を替わってみて、人間関係的にはありがたいことにとても安定したのだが、通勤時間が長くなったこともあいまって、仕事量は増えた。ダンナに言わせれば、土曜出勤など、明らかに前任校時代より私は忙しくなっているとのこと。ダンナとの間で行われている、家事・育児時間制でも、私の借金ならぬ「借時間」はどんどん増えて、返済に四苦八苦している。(うるうる。身体で支払わなくてはいけないのか・・)。

とにかく目先の仕事に追われて、自分の本当にやりたいことが手つかずの状態なのだ。じっくり腰をおちつけて、なんていうのが高望みなのはわかっているが、この2年ばかりキチンと研究ができていない。やらなくちゃいけないことをこなすだけで、日々が過ぎてしまう。(じゃ、こんなブログなんか書いてるなよ、というツッコミはおいといて)。
planner2TO DOメモはそれなりに工夫した。はじめは目標やTO DOをシステム手帳部に書いていたのだが、埋没してしまって目につかない。超整理法ふうのTO DOボードや薄いメモ帳を使ったこともあったが、手帳と別にすると不便。で、最近は、バインダーにはさみこんだ生協の綴じ手帳の表紙に3色のミニノート型ポストイットを10枚ぐらいずつ張って、TO DOにしている。上から黄・ピンク・青。黄色がその日の仕事、ピンクがその週の仕事、青が1カ月から数カ月以内の仕事。チェックして全部できたら、剥がして捨てる。

このやり方で、それなりにうまくやらなくてはいけない仕事はこなせるのだが、ちまちましているのが少し不満なのと、やはり毎日やっているのは「やらなければいけない仕事」であって、自分が「やりたい仕事」は後回し・手つかず状態が続いてしまう。

・・・というところに、巣窟日誌さんの記事を読んだのである。
時間の観念(Mタイム・Pタイム)フランクリン・プランナーとクオバディスの二つの記事によって、がぜんフランクリン・プランナーに興味を持ってしまった。
予定と目標と日々の仕事とのバランスをうまく取ることができるように思われたからだ。

少し調べてみると、フランクリン・プランナーというのは、手帳界ではけっこう有名なものらしい。私が十年以上、基本的に同じ手帳を使い続けていたあいだに、手帳界はいろいろ動いていたようなのである。(ご存知の方にとっては、今さら、、だろう。読みとばしていただきたい)。
とりあえず購入してみたお試しセット(2カ月分のリフィルと簡易バインダーと本のセット)に同梱されている本を読んでみた。題がすごい。
--『人生は手帳で変わる

※  この記事は、巣窟日誌(ふくしまゆみさん)のフランクリン・プランナーとクオバディスへのトラックバックです。

----
〔2008.11.20〕
すっかり遅くなりましたが、フランクリン・プランナー使用記を書きました。
人生は手帳で変わる?─その後

« TB:トラックバック企画 文字入力のこと | トップページ | 日本女性学会の男女共同参画Q&A »

コメント

システム手帳、使ったことがないんです。
いつも小さな大学ノートに入り乱れておりました。
一度、研修の予定日を間違ってしまっていた時に上司から
「そんなことでは大きな仕事はできないぞ!」
と怒られたことを思い出します。
でも、システム手帳は苦手で・・・。
と言っている僕は未だ年収新卒並です笑。

小さな大学ノート・・というのも味があってよいですねぇ。
私もシステム手帳をちゃんと使うのは、今回が初めてです。これまでのミニ6穴はメモ帳代わりだったので。。ともかく、まずは試しに使ってみます。半月ぐらいしたら感想も書けそう。
それにしても、なんか新しいことを始めるのって、いいですね。春ですしね。
やぎさんも親指シフトにワクワクされているのでは??

フランクリンプランナー…すごいですね…
私はフランクリンプランナーは使っていませんでしたが、10代の頃から"夢ノート"と題して自分のやりたいことや夢を書いたノートを綴り、そこにかいた夢を全て叶えてきました。
この頃は主婦してて、堕落した生活をおくっていて、3年ほどまえに購入した"7つの習慣"の本を発見して(買うだけ買って読まないままお蔵入り)、手帳買うことにしました☆
今から楽しみです

りんりんさん、こんにちは。
よくお越しくださいました!

「夢ノート」に書いた夢を全て叶えてこられた、って、凄いですね。尊敬してしまいます。

上のエントリは書きかけ、というか、フランクリンプランナーを使用した現状も書かなきゃいけないのですが、そのままになっています。
デイリーを1年間使ったあと、昨年度からはウィークリーに換えて、今年もウィークリーを使っています。デイリーもよかったのですが、教員のように週単位で動く身には、ウィークリーの方があっているようです。やはりフランクリンはなかなかよいです(かさばりますけどね)。

コメントをつけていただいたりしたので、私の方も、また使用レポートを書きます。
りんりんさんも、手帳を使われたら、感想を教えてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/3121634

この記事へのトラックバック一覧です: 人生は手帳で変わる?:

» フランクリン・プランナーとクオバディス [巣窟日誌]
わたしが大学卒業後最初に働いた会社では、年末に従業員全員に翌年の能率手帳と能率ダ [続きを読む]

» 気づいたことはその場でスケジュール手帳に書く [☆クオバディス☆人生を楽しみ設計する]
例えば、数ヶ月先の話を誰かとしたとしましょう。 先の話だから・・・と、その時期になってからまた考えればいいわ、と そのままにしてしまうと、大方 半分は忘れてしまっています。 後になってから 気がついてしまったと思うこともあるでしょう。 例えば、知人....... [続きを読む]

» 人生は手帳で変わる?-その後 [NAGIの小箱]
ずっと前に、「人生は手帳で変わる?」というエントリを書いた。巣窟日記さんの記事に [続きを読む]

« TB:トラックバック企画 文字入力のこと | トップページ | 日本女性学会の男女共同参画Q&A »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。