Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 美輪明宏『人生・愛と美の法則』 | トップページ | まさかまさかの、雪 »

2005/02/22

朝のあいさつ運動

今朝は、「朝のあいさつ運動」の当番のため、子どもたちの通学時間帯に小学校の門前に立った。

もともと小学校の校長先生が、毎朝お一人で門に立って子どもたちにあいさつをされていたのが発端。
我が家からは小学校の門のあたりが見わたせるのだが、本当に毎朝声をかけながら子どもたちの通学を見守っておられ、頭が下がる思いだった。娘が出たあと、たまに見ていると、校長先生の前に立ち止まって先生に何か話しかけていることがある。あとで訊ねてみると、「このマフラー、私が編んだんよ」(児童館でリリアン編みのマフラーを編んだのだ)といったたわいのないことをお話ししているらしい。
通学時間なら児童のほぼ全員と顔を合わせることができるわけだけど、トップがそういう姿勢を見せる学校はいいよね。

そして校長先生お一人で立っていただくにはしのびない、子どもを狙った事件が相次ぐなか、保護者も少しでも何かできればということで、校長先生とともに保護者2~3人が当番で立つことになったのが今年度当初のこと。というわけで、保護者の「朝のあいさつ運動」が始まってほぼ1年。小学校に通う児童長子につき年に1日当番が回ってくるので、わが家の当番も今回が初めて。

腕章をつけ、門の前に立って「おはようございます」の挨拶とともに子どもたちを迎え、また、交通事故のないよう、スムーズに道路を横断できるように交通整理する。
子どもたちも、けっこう挨拶しながら通っていく。とくに顔見知りの子は、一言ふたこと話しかけて通っていく。

娘も、私を見つけるとうれしそうな顔をして寄ってきた。
いったん校舎に入ったあと、ふたたび仲良しの友達(ともに「くのいち」の修行の旅に出る予定のYちゃん)と一緒に出てきて、校長先生やほかのお母さんの横にで立ち、一緒にあいさつを始めた。登校する友達が「何しよるん?」と聞いても、「いいじゃん。あいさつ運動」とすまし顔で応えている。カゼの発熱が治まって、昨日から登校しだしたばかりなので、寒風のなか外に出ている姿を見るとハラハラするが、こっちは道を渡った向かい側で横断をサポートしているので、「校舎に入りなさい」と叫ぶわけにもいかない。
結局、最後までいっしょにいた娘と友達の2人、頭をなでてやるとうれしそうに校舎にかけて戻って行った。

さて、立っていて発見もいろいろ。

小学校は住宅街にあり、前の道路もふだんはそんなに交通量は多くないのだが、朝はさすがに通勤の車やバイクが多く通る。正門前に横断歩道があるのだが、渡ろうとする子どもの姿を見ると気持ちよく停まってくれる車が多い。すかさず子どもたちを渡らせ、渡り終えたら停まってくれていた車にお礼のおじぎをする。
だが、腕章をつけた大人がいるから停まるのかもしれない。横断歩道の前でむしろ加速する車もいて、子どもたちだけだと危ないだろうなあ、と思う。
朝は気ぜわしいのはわかるけど、ドライバーはもっと余裕をもとうよ。事故が起きてからじゃ遅いのだから。

また、近くの高校生たちが、朝、小学校の通学路まで掃除してくれているなんて、全然知らなかった。「おはようございまーす」と大きな声で挨拶しながら、竹ボウキとちりとりをもって植え込みのあたりのゴミを拾っている。

30分ほど立って、校長先生が「時間です。ありがとうございました。お疲れさまでした」と声をかけてくださって、任務終了。寒かったけど、実に実に気持ちがよかった。
ここは地域全体で学校を見守っているよ、という姿勢を見せることが事故や犯罪への抑止力になる。年に1度の当番で、子どもたちの安全を見守ることができるとは、いい仕組みを作ったよな。

« 美輪明宏『人生・愛と美の法則』 | トップページ | まさかまさかの、雪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/3032335

この記事へのトラックバック一覧です: 朝のあいさつ運動:

« 美輪明宏『人生・愛と美の法則』 | トップページ | まさかまさかの、雪 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。