Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 「ロミオとジュリエット」 | トップページ | 親指ノートパソコン »

2005/01/31

キリンの「ブルワリーツアー」

キリンビアパーク広島というのは、昨年春オープンしたダイヤモンドシティ・ソレイユを含む、府中町の元キリンビール広島工場の敷地全体を指すらしい。ソレイユの中には、映画館のバルト11フタバ図書TERA、スーパーアバンセほか専門店も多い。
近いので、たまに利用している
わが家は、ふだんは時間がないのでスーパーなどで食材等の買い物をすることはほとんどなく、週に一度の生協の個別配送でしのいでいる。だが、雑貨などを切らしていて、さすがに個配では回らなくなった1月初旬だったか、久々に一家で買い出しに出たときのことだ。

たまたま開始時間に通りかかり、「ブルワリーツアー」というのに参加してみた。(毎週土・日・祝日に1日6回開催、1回につき25分ぐらい)。お昼どきで、参加者は、我が家の3人のみ。まことに申しわけないようだったけど、丁寧に案内していただいたミニツアーだった。
ツアーは、まずは屋内で、1938年創業開始当時の工場敷地と現在の二つの模型の説明から始まり、製造途中の麦汁(ホップを入れる前。アルコール分はなく、ほんのり甘いので、子どもも飮める)を試飲したあと、屋外に出て、ビールの製造過程をパネルや工場の外側をガラス越しに見ながら説明してもらう。敷地内にある「麒酒司神社」(だったかな?)という京都・伏見稲荷の分祠の案内も。そしてツアーの最後には、一人1枚ずつ、大人はビール・子どもはソフトドリンクの試飲券がもらえる。(試飲券とは言っても、ビール中ジョッキ!の券だからオトクだ)。
「工場見学」というと個人ではダメだったり、事前に予約したり、、といったイメージがあるけど、気軽に案内してもらえるのがいい。子どもの社会勉強にも、うってつけではないだろうか。
案内していただいた女性(坂本さん。 とてもチャーミングな方でした。ありがとうございました!)のお話だと、参加者は遠方の方がほとんどなのだそう。地元の人間がかえって知らないのかもしれない。穴場だ。

ツアーの最初、敷地の模型を見ながら、何か質問は?と聞かれ、娘が、「これには、ブタの足跡がない」と一言。
ビアパーク内には、ちょっとした子どもの遊び場のようなところがあり、木箱をかたどったり、池や魚のようにしつらえたタイルや木の船や、、があり、12月にはライトアップされたり、夏には水遊び場がしつらえられたりして、いつも子どもたちでにぎわっているのだが、あちこちにブタの足跡がつけられたり、ブタの逃げている姿が置いてあったりするのだ。以前から、何だろうね、と娘と話していた。
坂本さんは、「模型は小さいから足跡まではつけられないのだけど。このブタさんにはお話があるの知ってる?」と、おいてあったパンフをくださった。ジャクリーンという女の子と子ブタの物語が、パンフには詳細に書かれていて、そのストーリーにそって遊び場がしつらえられているらしい。娘とパンフを読んだあとで、工場の煙突跡のモニュメントなどを見たら、なるほどー、と面白かった。

このツアーに味をしめたダンナは、次は、ビールの学校/ワインの学校というのを狙っているようだ。たしかに楽しそう。

それと、飲み・食べ所としては、キリンプラザキッチン1938がおすすめ。以前は「キリンビアライゼ広島」と言っていた。ソレイユ開設とともに、建物や周辺の様子が若干変わり(以前は、建物の回りを池が取り囲んでいて、前庭の芝生ももっと広かった。でも、以前の雰囲気をできるかぎり大切に残しているなあ、ということは実感する。とても落ち着けるのだ)、改名したけど、ビール工場の旧事務所をそのまま利用していて、やはり昔の建物は天上も高くて、とてもいい感じ。夏場はオープンテラスでバイキングもあるけど、中の方が、色々な種類のビールが飮める。私はビール(だけじゃなく、発泡系飲料)はあまり好きではないのだけど、ここのは工場直送だし、ビールの注ぎ方もさすがさすが、で美味! 好みもあるだろうけど、ペールエールがおすすめ。
料理は、中国料理PAO(敦煌チェーン)が引き受けており、鯛のまぜまぜサラダほか、ピザなどの中華以外もとても美味しい。娘は、桃まんじゅう(黄身餡でコクがある)が大好き。お酒が飲めない人や、家族連れで行っても、大丈夫だ。

とにかく、工場の主力は閉鎖しても、広島の街に貢献しつづけるよ、というキリンの姿勢と底力が見えるツアーであり、お店だと思う。こういうところを大切にしなくちゃね(^_-) 子連れでお出かけ(もちろん、カップルでもOK)、、のプランの一つにどうだろうか。

« 「ロミオとジュリエット」 | トップページ | 親指ノートパソコン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/2522289

この記事へのトラックバック一覧です: キリンの「ブルワリーツアー」:

« 「ロミオとジュリエット」 | トップページ | 親指ノートパソコン »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。