Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 【案内】広響のカルテッド演奏 | トップページ | 「新・近松心中物語」 »

2005/01/23

「みんなの歌・2」

南河内万歳一座の「みんなの歌・2」を観る。
・2005年1月23日(日)15時
・広島アステールプラザ中ホール

舞台は、夜の通勤電車。微妙に窓枠や座席がゆがんだ列車に、20数名の乗客が乗り合わせるが、いつもと風景が違う・外が真っ暗だ、乗り間違えたのか、電車はどこへ向かっているのだ、いやヘンだと思うのは気のせいで、いつもと同じだ、と右往左往。日常から非日常にトリップしたことが示されたあと、3人の乗客だけが残される。
どうしても自分がその場に主体的に関わっているという実感が持てない女。ノルマをこなすことに精一杯で、自分の行き着く先がわからず、週末・月末・年末におびえる営業マン。これまで64戦64引き分けで、戦う目的が不明のまま最後の一戦に臨むボクサー。電車が進むにつれて、3人の生が浮かび上がっていく。

現実なんだか幻想なんだか入り混じってよくわからないままだったけど、自分が主体的に生きていない、なんだか何となく参加しているだけ、といった気分はよくわかるし、何気なくいつも乗り込んでいる電車が(人生が)いったいどこへ向かっているのか、といった疑問も共感できる。「お腹がすいているのだけれど、何が食べたいのかわからない」といった気分も、これまたよく感じることだ。
若い勢いはないし、洗練されてもいない。そんな役者たちが演じる世界が、不可思議だけど感覚的に伝わってきた。

南河内万歳一座は、名古屋にいた頃、遠征などで何度か見た。広島では、数年前に「青木さん家の奥さん」(佳作!)を南区民文化センターで観て2回目だと思っていたのだが、あれは南河内番外一座としての公演で、万歳一座としては今回が初お目見えだったらしい。

……にしても、観客が少なかった。200名を切っていたか。G2などで、アステール大ホールいっぱいにしていたOLさんたちは、一体全体どこへ行ったのだろう? これまた数年前、プロジェクト・ナビが名作「寿歌(ほぎうた)」で広島公演したときにも(たしか安佐北区民文化センターだった)ガラガラで、名古屋だとチケットとるのも難しかったりするので、全席自由だし席取りに並ばなきゃと早くから会場に行った私とダンナは、拍子抜けするとともに情けなく、もう来てくれないんじゃないか・・・と嘆いたことがあった。広島人の東京志向はちょっとイヤだ。大阪や名古屋の劇団も見ようよ。
南河内。たしかにイマ風ではないかもしれないけど、私はけっこうこういう味は好きだ。観客は少なかったけど(大阪のファンは嘆くだろうなあ。すみません。って私があやまることじゃないが)、役者はホントにいい味出してた。

会場のアステールプラザは、ひろしま男子駅伝のゴール地点・平和公園のすぐそば。開演直前に、ゴールの号砲が鳴り響いていた。上演後の舞台挨拶で、内藤裕敬さんが、「また必ず来ます。駅伝があるたびに、万歳一座を思い出してください」と言って笑わせていた。
次回公演が決まったら、ビラだけじゃなく、ポスターも研究室に貼って応援したいものだ。

ところで、今回は小2の娘を連れて行った。「大人のお芝居」としては、妖怪狂言(茂山)と「アンネの日記」以来(このときは、残念ながら私は観ていない。ダンナが連れて行った)。迷惑をかけるようならば、途中で出ることも覚悟していたのだが、最後まで見ていた。「困っちゃうな~」の歌とダンスが面白かったらしい。後々まで歌っていた。
開演前に、役者が、携帯電話の電源を切ることといったお決まりの注意とともに、台本や一座の歴史スゴロクなどの物販の案内をしていたのだが、娘は「スゴロクほしい、買って!」と言って周囲の笑いをとり、ほとんどサクラ。(終演後に買いました。300円也)。また、大丈夫そうな作品では、様子をみて連れていきたい。

« 【案内】広響のカルテッド演奏 | トップページ | 「新・近松心中物語」 »

コメント

南河内とナビでそんなに入らないのですか。
15年以上前大須の七ツ寺で見た記憶がありますがそのときは一杯だったのに。
いま、ショーマとかどうなってますかね。

そうなんです。広島人は、東京志向が強いようです。

七ツ寺、懐かしいですね。私も南河内を七ツ寺共同スタジオで見ました。今回の芝居は大がかりなものでしたが、基本的には無味乾燥なホールより、やはりああいう小屋の方が合っている劇団なのでしょう。
それにしても七ツ寺といえば、なんといっても少年王者舘のイメージが強烈にあります。また、大須演芸場で年末に、お弁当を食べながらロック歌舞伎のスーパー一座を見るのが恒例でした。うー、名古屋を離れて11年なので、それだけご無沙汰。また見てみたいなあ。

それと名古屋の劇団に越後のちりめん問屋(通称・えちどん)というのがあって、そこの主宰の一人が、名古屋時代の教え子なのです。私はごく初期に2度ばかり見ただけなのですが、その後、けっこういい劇団になっているという話を聞きました。HPの写真をみる限りでは、ちょっとオトナっぽくなったけど、パワーはあの頃のままの様子。元気かなあ。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/2672734

この記事へのトラックバック一覧です: 「みんなの歌・2」:

« 【案内】広響のカルテッド演奏 | トップページ | 「新・近松心中物語」 »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。