Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 「The Pillowman」 | トップページ | 『月刊家族』が終刊する »

2004/12/05

クリスマス会

xmaskai2.bmp子どもたちが楽しみにしている学童保育の保護者主催のクリスマス会があった。

まずは、体育館で生活発表会。
けん玉、皿回し、フラフープの3種類を披露。けん玉で「世界一周」や「もし亀」を長いことできる子がいたり、すごく上手に、まるで止まっているように見えるくらいブレずに皿まわしができる子どもたちがいる。保育園の頃からの見知った顔たちが、ぐっと背が伸び、ちょっと顔も大人び、なかなかな技を披露してくれるのに拍手喝采だ。
娘はフラフープに出たが、上手に回せるようになっていてびっくりした。去年も、このクリスマス会で一輪車に乗るのを初めて見た。チームで演技できるくらい乗り回せるなんて、まったく知らなかった。家や学校の授業参観では見られない、子どもの一面をかいま見させてくれる。

学童保育は、「放課後のきょうだい」と言われ、保育園にひきつづき、子どもたちは長い時間いっしょにいて、生活をともにする。そんななかで、人間関係やさまざまな遊びを学んで、大きくなるのだなあと実感。せちがらい世の中で、集団で遊ぶ昔ながらの子どもらしい時間を過ごせるのは、保育園やら学童保育やらに通っている子どもたちなのかもしれない。

その後、司会のお母さん(ただ者ではない!)の絶妙な音頭で、クイズやゲーム(じゃんけん列車、もうじゅうがり、グループなわとびなど)。見物の父母たちも、なわを回して子どもたちと楽しむ。十分に体を動かしたところで児童館に移動して、ランチタイム。クリスマスの歌、ゲーム。

santa.bmpそして。
「サンタさーん」の大きな呼び声とともに、サンタ登場!
……実はウチのダンナである。
子どもたちは、なぜかみんな知っていて、体育館でも「今日、サンタやるん?」と話しかけていたようだ。でも、友達のお父さんだとわかっていても、幼児から学年順でサンタにプレゼントをもらうときには、みんな殊勝な顔で「ありがとう」と言っていた。(綿で眉をつくったりしたかいがあったというものだ)。

来年は娘も小3で学童保育最後の年だ。また、楽しいクリスマス会ができるといいね。
会場の後片付けをしながら、お母さんたちとそんな話をした。

« 「The Pillowman」 | トップページ | 『月刊家族』が終刊する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/2159649

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス会:

« 「The Pillowman」 | トップページ | 『月刊家族』が終刊する »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。