Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 授業再開 | トップページ | くじ運 »

2004/10/03

『キリクと魔女』

おやこ劇場ひろしま(こんどNPO法人になって、「子どもコミュニティネットひろしま」という名前になるらしい。おぼえられない・・)の特別企画で、映画『キリクと魔女』を観る。

去年の夏、日本公開にジブリの高畑勲が関わったというアニメ映画。
魔女カラバによって苦しめられているアフリカの村に生れた、キリクという男の子の冒険譚。途中まで、「男の子が老賢者に助言をもらって悪い女を倒し、人々を助けてヒーローになる」という物語の王道として展開。まるでユング心理学的な男の子の成長物語そのもので、ジェンダー的にはいかがなものか?? ナウシカとかトトロとか、女の子の物語を作っていたジブリが、なぜこの映画に関わったのか??などと思いつつ、見ていた。

が、途中から思わぬ展開。魔女の背中のトゲを抜いたキリクは、魔力から解放されたカラバに求婚する。そして、半信半疑のカラバから口づけを受けるや、みるみる大きくなって好青年になる。
村に戻った二人を快くは迎えなかった村人たちだが、老賢者が、魔女に食べられたと思っていた男たちを連れ戻したことにより、二人は祝福されて物語終了。

古今東西、悪い魔女や妖怪はやっつけられて終わりだと思っていたので、この展開には、ちょっと驚く。
何だろう。
魔女の苦痛をヒーローが取り除き、女の口づけによってヒーローは成人になる。
カラバの背中に刺さったトゲは、もちろん心理的・肉体的な傷の象徴だろう。トゲが刺さった場面、短くてハッキリとわからなかったのだが、男たちにとり囲まれていたようだったので、女性が(性的に)男性に苦しめられた喩なのか。魔女と恐れられた女を、癒す男。そのことにより男も成長する。もともと、キリクは、なぜカラバが悪いことをするのか、その深層を気にしていた。
DVや慰安婦などの男性の性を含み持った暴力によって傷つけられる女、女の憎しみ。それを癒すことのできる男。そのことによって成長する男。……といった感じなのかなあ。

異性愛神話なところは気になるけれど、原型的な物語が、単に悪女を成敗する話ではないのは興味深い。
カラバの声は浅野温子だったというのも驚きだが、アフリカ調の音楽とあいまって、とくに後半1/3ぐらいから単純な「子ども向きの映画」ではなくなっていった気がする。

« 授業再開 | トップページ | くじ運 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/1586055

この記事へのトラックバック一覧です: 『キリクと魔女』:

« 授業再開 | トップページ | くじ運 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。