Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 寄せ書き | トップページ | 森村桂さん »

2004/09/26

運動会今昔

娘の運動会があった。学校のグラウンド。体操服のたくさんの子どもたち。ライン引き。テント。大玉送りや玉入れ。放送。号砲。。。そして、娘が踊ったり、ころんでも懸命に走ったりしている姿を見ていて、自分の子ども時代を思い出した。
親子競技で、父親がラケットやお玉にボールをのっけて落さないように走っていたなー。父もまだ若かったんだ。
マスゲームや組み体操で、グラウンドに四つんばいになって膝をついて、掌や膝小僧に砂粒が食い込んで痛かった。本番はまだ気合が入っているからいいけど、何回も繰り返させられた練習時、痛くて心底嫌だった。ああいうの、今はなくていいよなー。
同じ広島市の小学校で、あー、こんなだったなあ、というところもあるけれど、違うところも多い。

場所取りに朝早くから繰り出している人がいるのは以前と一緒。
でも、お昼休みの雰囲気は大きく違う。昔は、午前の競技が終わると、グランドの回りに敷物しいて陣取った家族が持ってきたお弁当を、子どもも一緒に食べていた。がんばったところなどをワイワイ家族で話しながら、海苔巻とかおいなりとかちょっと特別なお弁当を食べるのは格別だった。今は、子どもたちはお弁当を教室で食べている。家族が来られない子どもに配慮しているんだろう。親になってみるとちょっと淋しいけれど、でも、それは仕方ないのだろうな。子どもにとっては、教室でみんなでお弁当を食べるのも楽しいものだろうし。
子どもとお弁当を食べるわけではないので、(お昼は、自宅が学校から至近なので食べに戻った)、ダンナと二人だけだし、敷物しいて座っている人たちの後ろに立って、見物・応援していた。そんな人たちもたくさんいた。街の小学校のグラウンドは狭くて、すべての人たちが座れるようなスペースもないしね。

で、娘や保育園時代からの娘の友達の分まで、「がんばれー」なんて大声で応援していたのだけど、違和感大ありだったのは、ビデオ撮りに夢中の親たち。
昔はせいぜいカメラで、それもデジカメじゃないから、惜しげなくそんなにカシャカシャ撮るわけでもなく、何枚か撮って、あとは子どもの競技を懸命に応援していたように思う。でも、今の親たちは、ビデオを三脚にセットして、子どもの姿をひたすら撮る。撮る。後ろに人がいようとおかまいなしで、一番前の席でも立ち上がって狙ったりね。
保育園の運動会では、ビデオ席という一角を設けて、ビデオ撮影の親たちはそこに集められていたのでよかった。

で、ビデオ撮影の親たちは、不要な声を入れないためなのか、撮るのに夢中なのか、声を出して応援しないのだ。徒競走とか綱引きとか、ワーワー回りが応援し歓声が上がっていたものだったけど、今の観客席は静かなもの。
わが子を応援するより、カメラを通して観察している感じ(ディレクター気分?)で、なんだか違和感を感じる今の運動会。
子どもと家族との関係が変わってきているのは、そんなところにも要因があるのかも。

« 寄せ書き | トップページ | 森村桂さん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/1529427

この記事へのトラックバック一覧です: 運動会今昔:

« 寄せ書き | トップページ | 森村桂さん »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。